喪主ガイド

  • 信者じゃなくても行える!プロテスタント式の葬儀の流れ&マナー

信者じゃなくても行える!プロテスタント式の葬儀の流れ&マナー

キリスト教式の葬儀は、キリスト教信者でないと行えないものだと思ってはいませんか?キリスト教は、カトリックとプロテスタントの2種類に大別されます。プロテスタントでは、信者以外の人の葬儀も営むことが可能です。

今回は、普段あまり馴染みがないプロテスタント式の葬儀についてご紹介します。

プロテスタント葬儀とは?仏教やカトリックとの違い

プロテスタントの葬儀とはどんなもの?

プロテスタントでは、故人ではなく神に祈りを捧げ、遺族を慰めるための葬儀を行います。聖書の朗読や賛美歌斉唱、牧師の説教が葬儀の内容。

個人の信仰を大切に考え、儀式を重んじないことが特徴です。そのため、プロテスタントではキリスト教の洗礼を受けていない信者以外の人の葬儀も行えるのです。

なお、通夜後にお酒や食べものを振る舞うしきたりはなく、葬儀と告別式は分けずに行われます。

仏教の葬儀やカトリックの葬儀との違い(危篤、納棺、前夜式・通夜、火葬)

カトリックでは葬儀と告別式とを分けた、儀式(ミサ)を重んじた荘厳な葬式を執り行います。葬儀は故人が属していた教会で行われるのが一般的です。

また、用語の使い方も異なり、プロテスタントでの聖職者名である牧師をカトリックでは神父と呼びますし、プロテスタントでは礼拝の歌を賛美歌と呼び、カトリックでは聖歌と呼ぶという違いがあります。

仏式でいうところの通夜は、プロテスタントでは前夜式と呼ばれる儀式です。通夜ふるまいは行われますが、仏式ほど豪勢にふるまわれることはありません。また酒類は出さないことが一般的です。

仏式では焼香を行いますが、プロテスタントやカトリックでは献花を行うという違いもあります。

プロテスタントの葬儀の流れ(危篤〜納骨)

プロテスタントの葬儀の流れは以下の通りです。

危篤・臨終「聖餐式(せいさんしき)」

危篤状態に陥った段階で、家族は牧師を呼び寄せます。牧師は病人にパンとワインを与え、安らかに旅立てるように祈りを捧げます。家族は枕元に立ち、牧師と共に祈ります。「聖餐式」と呼ばれる臨終の儀式です。

臨終後は、ガーゼや脱脂綿に水を含ませ、故人の唇を濡らします。この儀式のことを「死水をとる」と呼びます。

納棺式

納棺は牧師立ち会いのもと行なわれます。短い祈りを捧げたあと、遺族たちの手で遺体を棺に納めます。その後、白い布でおおい白い花で飾ったあと、ふたをして黒い布で棺をおおいます。

棺を前夜式を行なう部屋に安置したあとは、枕元に白か黒の布でおおった小机を置き、十字架、ろうそく、遺影を置いて白い花を飾ります。また聖書の朗読や祈りを捧げた後、牧師が納棺の辞を述べて賛美歌の斉合唱となります。

最後に再び祈りを捧げるまでが、納棺式と呼ばれる儀式です。

前夜式

前夜式は仏式の通夜にあたり、納棺式に続き行われることが多い儀式です。こちらも、牧師を招いて賛美歌の斉唱、聖書の朗読を行い、祈りを捧げるというのが流れです。

牧師が死についての説教をし、故人をしのぶ「感話」も行われます。式の最後には牧師、喪主、遺族、親類、参列者の順に献花を行います。

葬儀告別式

先ほどもご紹介したとおり、プロテスタントでは葬儀と告別式の区分を行ないません。流れは以下のとお通りです。

開式
オルガン演奏と共に牧師・棺・喪主・遺族が入場。参列者は入場済みで、起立して迎えます。遺族が着席後、参列者も着席します。
聖書朗読、祈祷
牧師による説教
牧師による故人の略歴、人柄の紹介のあと、説教となります。
弔辞弔電の紹介
後ほど理由をご紹介しますが、プロテスタントを始め、キリスト教ではお悔やみの言葉は使いません。弔辞も故人との思い出を話す内容となります。
祈祷、オルガン演奏
演奏の間、参列者は黙祷を捧げます。

祈り、献花

牧師が告別の祈りを捧げたあと、賛美歌の斉唱が行われます。そのあと、牧師・喪主・遺族・親類・一般参列者の順に献花を行います。参列者が多く献花が難しい場合は、一同の黙祷に代えることも。

出棺

告別式終了後、棺をおおっていた布を遺族が取り、棺を開けて最後の対面をします。棺の中に花を手向けてから閉じ、遺族が霊柩車まで棺を運びます。喪主は出発前に挨拶を行います。

火葬

火葬場に到着後、棺の上を花や十字架などで装飾して、牧師が聖書を朗読して祈りを捧げる「火葬前式」と呼ばれる儀式で、遺族も同様にして祈り、賛美歌を斉唱します。

火葬後のお骨上げは仏式と同じように行います(カトリック式も同様)。拾骨が終わると、喪主が骨壺を持ち、帰宅します。

納骨

自宅に後壇を用意し、仏式のように故人の好きだったものをお供えします。遺骨は納骨のときまで安置しておきます。

仏式ではこの後、精進落としやお斎といった会食の席が用意されることが一般的ですが、プロテスタントでも故人をしのぶ場を設ける場合もあります。

プロテスタントの葬儀にかかる費用

プロテスタントの葬儀にかかる費用は、低いもので35万円程度、高いもので100万円程度です。仏式の平均費用が190万円近くかかり、低い場合でも100万円程度かかることを思えば、低めの費用だといえますね。

プロテスタントの葬儀に参列するうえでのマナー・注意点

キリスト教の考え方として、人は死んでから永遠の命が始まるというものがあります。そのため、仏式や神式のようにお悔やみの言葉は必要とされていません。安らかな眠りを祈ることが習わしです。

プロテスタントの葬儀は仏教よりも手間がかかる

プロテスタント式の葬儀では、馴染みの強い仏式のものと異なり、儀式の種類や数が異なります。また、焼香ではなく献花を行うことから、花の手配が必要になるなど、準備に関しても行うべきことに違いが見られます。

プロテスタント式の葬儀向けの花を用意でき、かつ葬儀の手配もできる会社のひとつが日比谷花壇です。日比谷花壇はフラワー関連の事業を幅広く行っているため、プロテスタントの花祭壇の手配にも対応しています。

また、教会や牧師の紹介も可能なため、プロテスタント式の葬儀が初めての方も安心です。

日比谷花壇では、無料で葬儀の相談も受け付けています。プロテスタントではキリスト教信者以外の葬儀も行えるため、信者ではないけれどキリスト教式の葬儀に興味がある方、葬儀にはこだわりがある方も、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP