喪主ガイド

葬儀屋の選び方のポイント|後悔しないための「いい」葬儀社とは

「いい葬儀屋を選びたい」「そもそも葬儀屋の選び方が分からない…」

このような思いを持っている方は多いのではないでしょうか。

安置の場所や斎場はどこがいいのか、案内の電話やお布施のマナーはどうすればいいのか、戒名は必要なのかどうか、葬儀後の相続や法要・法事についてなど、葬儀では様々なことが問題となってきます。これらは初めて葬儀を行う方であればもちろん、きちんと知っている方はあまり多くないと思います。

このようなことまで細かく丁寧に対応してくれることが、業者である葬儀屋には必要になってきます。

ではどのような葬儀屋がよいのか、よい葬儀を執り行ってくれるのはどのような葬儀屋なのか、ご存知ですか?わかりにくい葬儀屋選びのポイントや、ご自分に合った葬儀屋の探し方を解説します。

葬儀屋を選ぶ前に決めておくこと

葬儀屋を選ぶ前に、ある程度知識をつけ、どのような葬儀にするかを決めておかなければなりません。まず、知識をつけるために以下ののサイトを読んでおきましょう。

初めてのお葬式|喪主と参列者が知っておきたい流れ・費用・マナー


葬儀をするにあたって最初に決めておくべきことは以下の点です。

  • 故人の宗派を確認し、葬儀の宗派をどうするか
  • 参列者の人数規模
  • お金をどのくらいかけるか

最低限これらを考えておくと、スムーズに葬儀屋選びを始めることができるでしょう。まだ葬儀に対して具体的イメージが湧かないという方でも、これらをより明確にして葬儀の詳細を考えるのが葬儀屋なので、心配はございません。

病院から紹介を受けた葬儀屋はホントにいいところ?

身内を亡くした際、その方の生前から葬儀屋を決めていない場合もあるでしょう。病院から葬儀屋を紹介されることもありますが、紹介されたからといって受けなければいけないというわけではありません。

むしろ言われるがまま、慌てて決めてはいけません。病院から葬儀屋を紹介される場合、主に次の2つのケースがあります。

まず、葬儀屋が病院に紹介手数料を支払っている場合です。この場合、葬儀費用に紹介手数料が上乗せされ、通常よりも費用が高くなる傾向にあります。

二つ目は、病院と葬儀屋が提携している場合です。莫大な契約料を病院に支払って紹介を受けている大手の葬儀屋は多いです。契約料を回収するために多少強引に営業をしてくる傾向があり、オプションの追加などで葬儀費用が高くなることがあります。

病院の紹介だからといって、あなたにとってよい葬儀屋がどうかはわかりません。身内を亡くし、悲しみと不安の中にいる状態であっても、慌てて決めないようにしましょう。

葬儀屋選びで失敗しないためのポイント

では、自分にとってよい葬儀屋はどのように選ぶとよいのでしょうか?ポイントをいくつかあげてみましょう。

資料請求や事前相談、見積もり請求にすばやく丁寧に対応してくれるかどうか

実際に依頼するかどうか不明な段階での対応を見てみましょう。よい葬儀屋は親身になって、わかりやすく丁寧に対応してくれるものです。

過去に行った葬儀の様子や概要を見せてくれるかどうか

どのような葬儀を行っているか、写真や金額、内容を見せてもらいましょう。ご自分の希望に沿った葬儀を行ってもらえるかどうか、判断材料の一つとなります。

スタッフの対応の様子はどうか

事前相談や見積もり請求、イベントなどで、スタッフの対応の様子を見ておきましょう。親身になって対応し、気を配ってくれる担当者であるほど、葬儀の満足度は高いものです。

また、ご遺体の搬送から葬儀後の集金まで担当者が変わらないかどうかも大きなポイントとなります。

料金設定や内容が明確かどうか

セット料金やオプション料金が明確になっているか、どのようなサービスが含まれているかを見てみましょう。

内容によっては後から追加料金が発生する場合もありますので、見積もり段階でしっかり注意して確認しておきたい部分です。プラン内容をしっかり説明してくれるかどうかもポイントになります。

葬儀の希望や条件に合ったプランを提案してくれるかどうか

葬儀内容や場所、金額など、葬儀の希望や条件をしっかり聞いてくれ、それに沿ったプランを提案してくれる葬儀屋を選びましょう。

内容の説明などがおざなりでとにかく契約を急がせようとする場合は、後でトラブルになる可能性もあります。

葬儀費用の支払い期日に余裕があるかどうか

突然の不幸の中でまとまった葬儀費用を手元に準備するには、ある程度の日数が必要になる場合もあります。余裕のある期日設定か、期日を延長できるか、契約書に明記されているかどうかを確認しておきましょう。

葬儀屋の探し方

実際に葬儀屋を探すにはさまざまな方法がありますが、大きく分けると次の3つがあげられます。

  • 病院や警察署などから紹介してもらう
  • 友人・知人から紹介してもらう
  • 新聞やネットなどを使って自分で探す

この方法で候補にあがった葬儀屋の中から、さらにご自分に合った葬儀屋を絞り込む必要があります。候補を絞り込む方法として、次にあげる2つを行ってみるとよいでしょう。

  1. 実際に葬儀を行った、または葬儀に参列したという方に話を聞いて様子を把握する
  2. 葬儀屋の事前相談会やイベントなどに参加して、スタッフの様子などを見てみる


もしものときになってから探しはじめると、時間がなくてよくわからないまま決めてしまうことにもなりかねません。

また一口に葬儀屋といっても、規模や祭壇形式には様々なものがあります。家族葬や一般葬、一日葬といった葬儀の規模なのか、一般的な祭壇か花祭壇か、葬儀や通夜を自宅で行うのかなど、特徴を把握しておくと、ご自分に合った葬儀屋を選びやすくなります。

できるだけ事前に情報を入手しながら、希望に沿った葬儀を執り行ってくれる葬儀屋を探しておきましょう。

葬儀屋選びは情報収集と自分の目で見ることが大切

いかがでしたでしょうか。今までの内容をおさらいしてみましょう。

  • 慌てて病院の紹介で葬儀屋を決めると、紹介手数料によって割高になったり、提携先だからといって強引な営業によりオプション追加などを迫られたりする恐れがある。
  • 葬儀屋を比較する時のポイントとして以下の点が挙げられる

・依頼するか分からない段階(事前相談など)での対応
・過去の葬儀の写真、内容などを明示してくれるか
・スタッフの対応
・料金設定が明示されてるか
・希望のプランを提案してくれるか
・葬儀費用の期日に余裕を持たせることができるか

  • 葬儀屋の探し方の例としては、「葬儀屋を利用した人や参列者に話を聞く」「葬儀屋の事前相談やイベントに参加する」が挙げられる。

葬儀屋選びは簡単ではありません。病院などから紹介された葬儀屋だから、希望通りに葬儀を執り行ってくれるよい葬儀屋だとは限らないのです。

周囲から情報を入手したり、実際に自分の目でスタッフの対応や葬儀内容などの違いを確認したりして参考にし、ご自分に合った葬儀屋を検討して選びましょう。

豊富な知識や経験と安心してお任せできるシステムで心に残る葬儀を提案してくれるのが、日比谷花壇です。満足度の高い対応力のあるスタッフが葬儀をサポートしてくれます。

フラワーショップだからこそできる独自のオーダーメイドのプラン、希望に沿った葬儀を実現する柔軟な姿勢と明瞭な料金体系、地域や人数などに応じて総数650カ所から選べる豊富な式場数が日比谷花壇の魅力です。

資料請求や無料事前相談、見積り請求も受け付けていますので、ぜひ一度相談してみてください。遺族の方々の後悔しない葬儀のためにも、故人のためにも、豊富なプランを用意しています。

日比谷花壇の公式サイト

TOP