喪主ガイド

  • お葬式の祭壇は宗教で違う?宗教を問わない花祭壇についてを解説!

お葬式の祭壇は宗教で違う?宗教を問わない花祭壇についてを解説!

葬儀の祭壇はそこに遺影を飾り、故人を偲ぶために作られます。

祭壇にはさまざまな種類があります。主に宗教宗派によって違ってくるのですが、今日では宗教宗派を問わない花祭壇もポピュラーになってきました。

ここでは、祭壇の種類や価格について詳しく見ていきましょう。

どれを選んだらよいかわからない方必見!祭壇の種類を解説

白木祭壇の解説

白木の祭壇は仏式で使われ、もっとも一般的です。土葬をしていた時代には、故人を棺の輿(こし)に入れて野辺送りをしたのですが、白木の祭壇はその輿の形を模したものとされています。白木の清々しさと、厳粛な雰囲気を醸し出しています。

花祭壇の解説

花祭壇は、祭壇の周りを花で飾る祭壇で、白木の祭壇の代わりに使われるようになりました。

葬儀の花といえば菊がよく見られますが、今では黄色やピンク、ブルーなど、彩り豊かな花々に飾られた花祭壇が見られます。宗教宗派を問いませんので花祭壇を選ぶ方は年々増えています。

神式祭壇の解説

神式葬儀では、白木の八足祭壇が使われます。もっとも大切なのは、鏡、刀、勾玉の三種の神器です。葬儀ではこれらのレプリカをお祀りし、案(あん)という台の上に神饌(供物)をささげます。

キリスト教式祭壇の解説

キリスト教式祭壇は、上部に必ず十字架が配置されます。

キリスト教には大きく分けてカトリックとプロテスタントがありますが、どちらも以前から祭壇には花を飾ることが一般的でした。他の宗教より、より一層花祭壇になじむものです。

祭壇の価格|相場価格はいくら?

白木祭壇の場合の費用と葬儀の準備にあたって必要なもの

白木祭壇は葬儀社からの貸し出しになります。そのレンタル費用はサイズや材質によって30万円から120万円ぐらいと幅があります。

どの程度のサイズを選べばよいかは、葬儀の参列者数によって決まります。多くの参列者が見込まれる場合は、大きな祭壇で厳粛な葬儀を演出するのがよいでしょう。逆に家族葬のようなこぢんまりした葬儀には、あまり大きな祭壇は違和感があります。

白木祭壇は仏式なので、僧侶の手配も必要です。もし心当たりがない場合は、葬儀社に相談しましょう。ご遺体や遺骨を安置するための枕飾り祭壇、後飾り祭壇、白木の位牌も必要になります。

葬儀担当者との打ち合わせ時には、費用の見積もりとともに、どういったものが必要で省略できるものは何か、聞いてみるのがよいでしょう。

花祭壇の場合の費用と葬儀の準備にあたって必要なもの

花祭壇は宗教宗派を問わずに使えて、華やかなので人気があります。費用はお花の種類や数で違いますが、大体15万円から80万円程度です。

花祭壇の場合は、祭壇を故人の個性に合ったものにすることが重要です。

葬儀にふさわしいといわれている花、例えばキクやコチョウラン、ユリもそれぞれよいのですが、故人が好きな花、あるいは季節にあった花などを選んでもよいでしょう。

神式祭壇の場合の費用と葬儀の準備にあたって必要なもの

神式葬儀を希望する方は非常に少なく、神式祭壇を含めた葬儀一式で値段を設定する葬儀社がほとんどです。従って葬儀の費用はだいたい仏式と同じ程度になるようです。

神式葬儀をとり行う方は少ないのですが、それだけに昔からの作法に厳格な神職もいらっしゃいます。花祭壇は宗教を問いませんが、神職には花祭壇を希望している旨をあらかじめ伝えておきましょう。

その他、用意するものは、お供え物のタイ、昆布、果物、お神酒、米、塩などがあります。これらも神職及び葬儀担当者によく聞いておきましょう。

キリスト教式祭壇の場合の費用と葬儀の準備にあたって必要なもの

キリスト教式の祭壇はお花で飾られることが多く、もっとも花祭壇に近いものです。ですから費用も花祭壇とだいたい同じです。

キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあります。カトリックでは神父が、プロテスタントでは牧師が葬儀を執り行います。牧師は、日本においてもたくさんいますが、神父は大変数が少ないのが現状です。

所属する教会と引っ越しなどの理由でお付き合いがなくなってしまった場合は注意が必要です。そのような場合は無宗教で執り行うのも一つの考えです。

決められない!迷うなら花祭壇がおすすめ!

昔ながらの伝統ある祭壇は厳粛な葬儀にふさわしいと思う。でも、もっと華やかさがほしい。迷う方は少なくないでしょう。迷ったときには花祭壇がおすすめです。

花祭壇がおすすめな理由

花祭壇はなんといっても華やかです。お花によって故人の個性を表すこともできます。

宗派によって祭壇には制限がある?花祭壇は?

花祭壇は宗教宗派を問いません。無宗教はもとより、仏式、神式、キリスト教式にもふさわしいものです。

故人の最後のイベント!オリジナリティを出すために

葬儀社で用意している祭壇もよいけれど、できれば故人の好きだった花を飾りたい。こんな要望も多く聞かれます。赤いバラや、黄色いひまわりなど、故人が好きな花なら制限はありません。

花祭壇なら日比谷花壇がおすすめ!フラワーショップならではの特徴を紹介

花祭壇は宗教宗派を問わず使うことができる、大変華やかな祭壇です。今はどこの葬儀社でも扱っていますが、日比谷花壇にはフラワーショップお花屋さんならではの強みがあります。

日比谷花壇ならコンセプト別にコーディネートが選べる?

日比谷花壇ではお仕着せでない、故人らしい葬儀を演出します。ただし、お花は季節のものなので、希望のお花がない場合や高価になってしまうこともあります。そんなときも日比谷花壇なら代わりのふさわしいお花を提案できます。

ナチュラルなイメージのお花の種類

森林を思わせる木々のさわやかなイメージ。グリーンと白い花を組み合わせた豊かな自然を思わせるコーディネートです。白ユリ、白バラ、ユキヤナギなど。

フェミニンなイメージのお花の種類

ピンク系、ローズ系のお花を中心に、白やムラサキを取り交ぜてはいかがでしょう。アネモネ、カトレア、ヒナゲシ、トルコキキョウなど。

スタリッシュなイメージのお花の種類

お花をインテリアとしてとらえ、シンプルで都会的なイメージで。デンファレやユリ、カラーなど。

クラシックなイメージのお花の種類

昔ながらの荘厳なイメージで。キクやコチョウランだけでなく、日比谷花壇なら故人らしいアレンジができます。バラ、ユリ、カスミソウなど。

その他にも日比谷花壇ならではの特徴がたくさん!

日比谷花壇はお花の専門店です。新鮮なお花を取り扱うノウハウは独自のものです。

花祭壇のフラワーアレンジメントはどんな人が担当?

葬儀担当者がどのような花祭壇を希望されるのかご家族と打ち合わせをしてから、専門のスタッフがデザインし、飾りつけまで行います。

花祭壇以外のフラワーアイテムを紹介

・プリンセスパッケージ
棺の中の故人が女性であれば、花で作ったヘッドドレスやブーケをつけて差し上げることもできます。(ヘッドドレス・ブーケ)

・エンディングブーケ
男性にも出棺の最後のお別れにエンディングブーケを差し上げてはいかがでしょう。(ブーケ各種)

・メモリアルパッケージ
故人の思い出の品を展示したコーナーの飾りつけです。(メモリアルコーナーセット/トルソー/メモリアルフレーム/メッセージツリー)

・エントランス装飾セット
会葬者をあたたかくおもてなしするためにエントランスを飾るフラワーアイテムもあります。(受付アレンジ/イーゼル看板/イーゼル看板下装花)

日比谷花壇の花祭壇を紹介

日比谷花壇では、葬儀の規模に合わせてたくさんの花祭壇を用意しています。

・フォレストグリーン(税込み価格16万2000円)
使用している主なお花はバラ、カーネーション、リシアンサス、デンファレです。5つの銀の花瓶にアレンジされています。一日葬、ご自宅葬向けです。

・パステルドリーム(税込み価格32万4000円)
使用しているお花は、バラ、リシアンサス(白・バイオレット)、レースフラワーです。大輪の花を使い、淡い色の花がふんわりした印象。家族葬、一般葬向けです。

・竹取(税込み価格48万6000円)
使用している主なお花はリシアンサス、アナスタシア、モカラ、スプレーマムです。青竹を使った和風のアレンジに洋花を取り入れたモダンなイメージ。家族葬、一般葬向けです。

・ヒーリングフロー(税込み価格75万6000千円)
使用している主なお花はユリ、デンファレ、アガパンサス、アマランサスです。白とグリーンを基調にした、流れるようなフォルムが時の流れを表しています。一般葬向け。

※金額はすべて2017年11月現在のもの

花祭壇はフラワーショップでもある日比谷花壇がおすすめ

祭壇には宗教宗派によって違いがあるということが、おわかりになったことと思います。仏式や神式の祭壇は厳かで凛としたものですが、費用が不明瞭との指摘も以前からありレンタル料が高いと感じることは否めません。

しかし日比谷花壇の花祭壇なら、葬儀の規模に合わせて税込み価格16万2000円から75万6000円(2017年11月現在)と価格も明瞭です。以前は、生花を使う花祭壇は非常に高価といわれていましたが、手頃な価格で花祭壇を実現することができます。

故人の趣味やイメージを大切にした葬儀がしたいという方は、ぴったりの花祭壇を用意できるよう日比谷花壇への資料請求や事前相談をおすすめします。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP