喪主ガイド

通夜をやらない葬式も可能!費用を抑えられる一日葬・直葬を徹底解説

「通夜はやらなくてもいいの?」
「直接、火葬でも問題はないの?」

近年、通夜をやらずに告別式だけ、もしくは火葬だけという葬式を行う方は少なくありません。
その背景には、経済的なものや宗教的なものなどが考えられます。

今回の記事では、そもそもの通夜の意味や通夜をやらない人の理由・通夜を行わない一日葬・直葬についてご説明します。

【告別式・通夜なし】日比谷花壇の「直葬」「一日葬」プラン

  • 通夜、告別式なしを行わないプラン

    ・日比谷花壇なら6つの直葬プランから選べる

    ・お見積りから当日の流れに関する「事前相談無料

プランの詳細を見てみる

【無料】日比谷花壇の資料請求をしたい方はこちら
  • 花祭壇、返礼品、料理、費用について詳しく記載されたパンフレットがもらえる
  • 電話による無理な案内はきません(希望した場合)
  • 相談、要望があればフォームに記載できる

資料請求してみる

通夜をやらない葬式もできる

実は、通夜をしない葬式をすることは可能です。
方法として、告別式だけ行う「一日葬」と通夜・告別式どちらも行わない火葬のみの「直葬」の2つがあります。

では、なぜ通夜を行わない葬式が可能なのでしょうか?
理由をご紹介します。

通夜の意味と近年の傾向

葬儀前夜に執り行われる通夜は、昔と現代とでは若干形が異なります。どのような違いがあるのでしょうか。

また、近年さらに様変わりしつつある通夜は、どのようなものなのでしょうか。

通夜とは家族・親族が夜通し行うもの

葬儀前夜に行われる通夜は、もともと家族や親族、故人と親しい人たちが集まって、夜通し執り行われていました。一晩中線香とろうそくを絶やすことなく遺体に付き添い、故人を悼み、別れを惜しんだのです。昔は生死の判断が難しかったため、一晩かけて死を確認するという意味合いもあったようです。

現代の通夜は、本来の一晩かかるものから、半通夜と呼ばれるものに省略されて執り行われています。一般的には18時~19時頃から1~2時間ほど執り行われますが、地域によっては異なる場合もあるようです。

かつては夜通し行われていた通夜ですが現在では半通夜に変化しています。
ですので、通夜はしてもしなくてもどちらでも良いと言えると思います。

近年の通夜の傾向

通夜は家族や親族、故人と親しい人が参列し、告別式に参列できない一部の人も加わる形で執り行われていました。近年ではその形が変わり、夜に執り行われる通夜のほうに人が集まりやすくなっています。

都合がつけにくい日中の告別式より、夜の通夜のほうが仕事終わりに参列しやすくなっているのです。

一方、お葬式自体も新しい形のものに変化しています。趣向を凝らした故人らしさあふれるお葬式や家族葬、直葬など、さまざまな形態で執り行われるようになりました。

その中にあるのが、通夜を省いて告別式のみを執り行い、お葬式を1日で済ませる一日葬と火葬のみの直葬です。なぜ通夜を執り行わないスタイルができたのでしょうか?

通夜をやらない理由

近年、通夜を省いてお葬式を執り行うケースが増えています。その理由は人によってさまざまです。

  • 無宗教のため、通夜を執り行う必要がない
  • 葬儀費用を減らし、経済的な負担を軽くしたい
  • 形式に縛られず、自由な故人らしい送り方をしたい
  • 故人の介護や看病で疲れ切っているため、葬儀は短めに終わらせたい

通夜を執り行わないからといって、死後すぐに火葬するということはできません。法律によって24時間は火葬できないと定められているためです。そのため、一晩自宅や安置所、霊安室に遺体を安置することになります。

どのような場合でも、かならず一晩故人さまと過ごす時間はあるわけです。通夜を執り行わないということは、通夜の時間をなくするということではなく、儀式としての通夜を執り行わないという意味になります。

通夜を行わない一日葬という葬儀方法

お葬式は1日目の夜に通夜を、2日目の日中に告別式・火葬を執り行い、2日間かけるのが一般的です。参列者は通夜か告別式のいずれか都合のつくほう方に参列して、故人さまに別れを告げます。

それに対して一日葬は、通夜を省いて告別式のみを執り行い、火葬までを1日で終える形式です。参列者は日中の告別式でしか故人さまとお別れができません。

一日葬は身内だけの少人数の家族葬で執り行う場合もありますが、通常のお葬式同様の規模で執り行う場合もあり、さまざまです。現在では一日葬のプランを提案している葬儀社も多く、故人さまやご遺族の希望を反映したお葬式が執り行われます。

一日葬のメリット・デメリット

新しいお葬式形態のひとつである一日葬。一般的なお葬式とくらべると、どのようなことが違うのでしょうか。
メリットとデメリットの両方にしっかり目を向け、故人さまもご遺族も納得できるお葬式を行うことをおすすめします。

一日葬のメリット

一日葬のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 参列者への対応や介護疲れをはじめとして、ご遺族の精神的・肉体的負担を軽減できる
  • 1日で終えるので、葬儀費用を抑えることができる
  • 遠方から泊りがけで参列する場合、参列者の経済的負担を軽減できる

一日葬のデメリット

一日葬によるデメリットとして、次のようなことがあげられます。

  • ご遺体を安置する場所や使用する施設によっては、2日分の使用料がかかる場合がある
  • 葬儀社によっては、費用が一般葬とあまり変わらない場合がある
  • 一般的なお葬式よりも参列者の都合がつけにくく弔問しにくい
  • 参列できなかった方が多い場合、後から自宅に弔問に訪れる方が増えることがある
  • 故人さまとのお別れにあたり、心の整理をつけられない場合がある
  • 1日でお葬式を執り行うことを、親族や参列者に理解してもらえない場合がある
  • 一般的なお葬式と異なり、菩提寺が一日葬に対応できない場合がある

一日葬によるデメリットには、後々大きな問題になる可能性を含むものもあります。一番気をつけたいのは、ご遺族が心の整理をつけられない場合です。故人さまとのお別れがしっかりできず、お葬式が終わってから後悔することになっても、やり直すことはできません。

一日葬の流れ

実際に執り行われる一日葬は、どのような流れなのでしょうか。一般的なお葬式とくらべてみましょう。

一般的なお葬式は、おおよそ次のような流れで執り行われます。
1.逝去
2.安置
3.納棺
4.通夜
5.告別式
6.火葬
7.精進落とし
(地域によって順番や形式が異なる場合があります。)

これに対し、通夜が省略されるのが一日葬です。基本的に精進落としをする必要はありませんが、人によっては通常通り行う場合もあります。
1.逝去
2.安置
3.納棺
4.告別式
5.火葬
6.精進落とし

通夜はありませんが、1日でこの流れすべてを終えるとすると、やや慌ただしい日程のように感じます。ご遺体を安置している時間にゆっくりお別れができるようにするなど、故人さまと過ごす最期の時間をしっかり確保するようにしたいものです。

一日葬にかかる費用

一般的にお葬式には会場費や祭壇・棺代、料理代をはじめとする葬儀費用と、僧侶へのお布施がかかります。一日葬に料理代はいりませんが、料理代以外の費用は一般的なお葬式とあまり変わらない場合が多いのです。2日間かかるお葬式が1日ですむから、費用も半分になるというわけではありません。

実際の1日葬の費用は、お葬式の内容によって、また葬儀社によって大きく異なります。ここでは日比谷花壇の「一日葬スタンダードプラン」を例に見てみましょう。関係社だけなどの少人数向けの華やかな花祭壇と棺、式場利用料、その他必要経費が含まれており、約68万円(2017年11月現在)のプランとなっています。

無宗教形式で執り行う場合は告別式もありません。故人さまを囲んでゆっくりお別れをしたり、音楽や写真で故人さまを偲んだりと、思い思いの過ごし方で最期のひとときを過ごせます。
試しに見積もりしてみる

簡単見積りの3つのメリット
1分で項目入力が完了する
・見積もり費用の内訳がわかる
・見積もり内容を変更して、予算に合わせたプランを作れる

通夜・告別式を行わない直葬という葬儀ができる

通夜・告別式を行わない葬儀のことを「直葬」といいます。

直葬は、死亡後に一度病院から自宅などの安置施設にご遺体を移し、最短で24時間後に火葬場で火葬をするというものです。その後、お墓に移動します。

直葬費用には20~30万円くらいかかります。
極端に安い料金(10万円)で行う葬儀会社の場合、しっかりと対応してもらえなかったり、火葬後のお骨や費用などのトラブルになりかねないのでできるだけ控えましょう。

詳しくは、火葬のみの葬儀を行う方法をご覧ください。

【告別式・通夜なし】日比谷花壇の「直葬」「一日葬」プラン

  • 通夜、告別式なしを行わないプラン

    ・日比谷花壇なら6つの直葬プランから選べる

    ・お見積りから当日の流れに関する「事前相談無料

プランの詳細を見てみる

一日葬・直葬という葬儀方法が選べる

今回のおさらいをしましょう。

  • ・通夜をしない「一日葬」、火葬のみの「直葬」という葬儀方法がある。
  • 通夜とはもともと故人と親しい人たちが集まって、夜通し行なっていた。最近は、都合のつきやすい通夜に参列する人や趣向を凝らした葬儀を行う人もいる。
  • 通夜を行わない理由は、宗教的なものや金銭的なもの、体力的なものなど様々である。
  • 一日葬では告別式のみ行うため、費用が安くなるなどのメリットがある。その一方で、一般の方が葬儀に参列しにくいというデメリットがある。
  • 直葬は、臨終から最短でも24時間後に火葬を行う。

お葬式は近年姿を変え、一般的なものだけではなく、今のニーズに合った新しい形のお葬式が執り行われるようになっています。通夜を省いて1日でお葬式を終える一日葬や、火葬のみの直葬もその中のひとつです。

一日葬はご遺族の負担を軽くすることから、執り行われることが増えています。一方で故人さまとのお別れを1日で終えたことに後悔したり、費用を抑えるつもりがあまり大きく変わらなかったという場合もあります。

通夜を行わない一日葬や直葬は、故人さまはもちろん親族や参列者に納得し喜んでもらえることが重要です。ご遺族の心残りがなく、短い時間でも故人さまとのお別れを十分にできるようなお葬式にしたいものです。

たとえば日比谷花壇では華やかな中にも温かみのある一日葬のプランが複数設けられ、花をふんだんに使った式場で、心穏やかに故人さまとの最期の時間を過ごせます。
直葬のプランも多く設けられており、棺を花いっぱいに飾ることができます。

日比谷花壇の公式サイトには

・具体的なプラン内容と費用
・利用者の方の声
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】

などお客様にとって有益な情報がたくさんあります。もっと詳しい情報を知りたい方はこちらの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

日比谷花壇の公式サイトでもっと情報を集めたいという方はこちら

詳細を見てみる

【無料】日比谷花壇の資料請求をしたい方はこちら
  • 花祭壇、返礼品、料理、費用について詳しく記載されたパンフレットがもらえる
  • 電話による無理な案内はきません(希望した場合)
  • 相談、要望があればフォームに記載できる

資料請求してみる

TOP