喪主ガイド

【必見】知っておきたい家族葬のメリット・デメリットを徹底解説!

家族葬という言葉もすっかり定着し、今では葬儀の主流となりつつあります。

高齢化による葬儀の小型化の流れに、「葬儀費用を抑えたい」「葬儀の手間を少なくしたい」という現代人のニーズがマッチして、多くの方が家族葬を選択しています。しかし、家族葬でとり行ったがために、後で困った、かえって大変だった、という声があるのも事実です。

後悔しない葬儀をあげるために、家族葬のメリット・デメリットを把握して、自分たちに合った葬儀を選択することが大切です。

家族葬のメリット

費用面の軽減

家族葬は、家族、親戚、親しい友人など、ごく近しい人たちで行う少人数のお葬式です。そのため参列者への会葬御礼や通夜振る舞いがいらず、費用を抑えることができます。見栄をはる必要がないので、無理に豪華な祭壇を選ぶこともありません。

最近では、家族葬プランとして比較的安価な葬儀プランを設けている葬儀社も多いため、一般葬より安価に行うことができます。

参列者の対応など労力面の軽減と、ゆったりとしたお別れの時間

家族葬では、受付などのお世話係の手配や、参列者への挨拶を最小限に抑えることができます。また、一般葬で大きな負担となる通夜後の弔問客についても対応する必要がないので、心身共に負担が軽減されるでしょう。

また、参列者のための準備や応対が少なくなることで、故人と共に過ごしたり、近しい人たちと思い出話に花を咲かせたり、ゆったりとしたお別れを実現することができます。

故人らしい葬儀の演出

近しい身内ばかりで行うため、世間の目を気にすることなく故人らしい葬儀をあげることができます。賑やかな音楽をかけたり、宗教によらない自由な形式でお別れしたり、一般葬であれば世間体を気にして躊躇してしまうような演出も家族葬であれば可能です。

家族葬のデメリット

葬儀後の自宅へのお参り

後になって訃報を聞いた知人や関係者が、自宅を訪れることがあります。来られるときもまちまちで、そのつど個別に対応しなければならず、葬儀のときに一斉に参列してもらえばよかったと後悔される方もいらっしゃいます。

葬儀後に自宅へ送られてくる香典やお供え物

後日の自宅へのお参り同様、後で訃報を聞いた人が、現金やお花、お供え物を送ってこられるケースもあります。そのつど個別に返礼しなければならず、葬儀の際にお知らせすればよかったと悔やまれる場合があります。

香典収入がない

参列者を限ったことで香典を受けられず、香典返しをしなくてよい一方で、費用的な負担が重くなってしまうということも覚悟しておかなければなりません。

なぜ知らせてくれなかったのかとの抗議を受けることがある

訃報を知らせなかった親戚や、実は深い付き合いのあった友人など、故人への深い想いがある方々から「どうして知らせてくれなかったのか」「最期にお別れがしたかった」とお叱りを受けることもあります。後々の人間関係に影響するおそれもあるので注意が必要です。

寂しい印象

参列者の人数が少ないと、寂しいという印象を抱いてしまうこともあります。特に、行った式場が広い場合はなおさらですので、事前の会場選びに注意する必要があります。

家族葬がおすすめな人の特徴

メリット、デメリットを踏まえると、家族葬は以下の人々におすすめできるといえます。

  • 故人が高齢で、親しい親戚や友人知人が少ない方
  • 通夜、葬儀告別式はきちんと行いたいが、できるだけ費用を抑えたいという方
  • 近親者だけで静かにお別れしたい方
  • 高齢や看病の疲れなどから、できるだけ心身の負担を軽減したい方
  • 参列者の目を気にせず、故人らしい葬儀をあげたい方

家族葬の注意点

まずは、家族葬と決めてしまう前に、家族葬が本当に適しているのか、かえって手間が増えたり、トラブルをかかえることになったりしないかを十分に注意する必要があります。

例えば、故人が若かったり、交友関係が広かったり、社会的な地位があったりする場合は関係者全員に訃報をお知らせするほうがよいかもしれません。家族葬をやめて一般葬にするという選択もあるのです。

家族葬を行うと決めたら、訃報を知らせない方々に失礼のないように、のちにトラブルがおきないように配慮する必要があります。

たとえば、事前に「葬儀は家族で行いますので参列はご遠慮ください」と通知したり、葬儀後すぐに「家族葬で行いました」とご挨拶したりするとよいでしょう。通知には「故人の遺志で」など、家族葬で行う理由を示すと理解を得られやすいでしょう。

また、後で送られてくる香典やお供え物を避けるためには、「香典、供花、供物は辞退する」という旨をあわせてお知らせするとよいでしょう。

それでも、後日自宅にお参りに来られる方や、香典や供物を送られる方はいらっしゃるでしょうから、会葬御礼品を用意しておいたり返礼品を送ったり、丁寧に対応できるよう準備しておきましょう。

また、どうしても別れの場を持ちたいという方が多い場合には「お別れの会」を催すという方法もあります。

故人が生前に付き合ってきた人は家族や親戚だけではありません。故人と親交のあったそれぞれの方々に、誠実に対応することを心がけましょう。

葬儀に迷ったら事前相談をしよう

家族葬は、費用面、身体面、精神面の負担を軽減すると共に、故人や遺族の想いを反映しやすい葬儀といえます。しかし、その一方で、故人と生前付き合いのあった方々に礼を欠いてしまう可能性や、かえって自分たちの負担を増やすおそれもあります。

「我が家のお葬式は家族葬でもよいのだろうか?」「自分たちの思い通りの家族葬ができるだろうか?」など、少しでも迷いや疑問がある場合、葬儀社の事前相談を利用して、専門家のアドバイスを聞いてみましょう。

日比谷花壇では、これまでの家族葬の実績や実際に家族葬をされたお客様の声をもとに、それぞれの状況に応じたアドバイスをしてくれます。また、日比谷花壇には、お花でいっぱいの温かな家族葬空間や、故人の人柄や思い出をくんだオリジナルの演出など、家族葬向けのサービスが充実していますので、思い通りの家族葬を実現することができるでしょう。まずは、日比谷花壇の事前相談を利用してみましょう。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP