喪主ガイド

  • 【はじめてのお葬式】喪主側・参列者側が知っておきたいマナー&流れ

【はじめてのお葬式】喪主側・参列者側が知っておきたいマナー&流れ

葬儀は、大人であってもそう何度も経験しているものではありません。葬儀をとり行う立場はなおのこと、誰しもがその都度はじめて経験することのように感じるのではないでしょうか。

今回は、喪主や遺族としてはじめて葬儀を営む立場になったとき・参列者として出席するときに知っておきたいことをご紹介します。

「はじめての葬儀」葬儀全体の流れと喪主・遺族がすること

これまで参列者として葬儀に行ったことがあっても、あらためて葬儀の流れをイメージできない人もいるのではないでしょうか。

まずは、仏教での葬儀を例に臨終から葬儀を終えるまでの流れを一通り確認しておきましょう。その時々で喪主や遺族がすべきこともチェックしてみてくださいね。

(1)危篤・臨終

危篤状態に陥ったら、最後に会ってもらいたい人たちに至急連絡を取りましょう。冷静な判断ができない状態でも迷わず連絡が取れるよう、事前に連絡する人を決めてリストにしておくと安心です。

臨終後は、立ち会えた人全員で「末期の水」を取ります。「死に水を取る」ともいわれるこの儀式は、水を入れた湯飲みに新しい筆や割りばしの先に脱脂綿などを巻いたものを浸し、故人の唇を軽く濡らしてあげるものです。

すべきこと

 

  • 関係各所へのあいさつ
  • 近親者への連絡

 
臨終後は病院や施設でお世話になった方々にお礼のあいさつをし、近親者にも亡くなったことを家族で手分けしてお知らせします。すべての方に喪主が連絡をしなければいけないわけではありませんが、重要な方には喪主自ら電話で連絡をしましょう。

この段階では葬儀について決定していないため、通夜・葬儀についてはあらためて連絡をすることも伝えましょう。

(2)安置所へ故人を搬送、安置

病院で臨終を迎えた場合、長々と病院にはいられません。一般的には自宅にご遺体を搬送することになりますが、スペースの問題などで安置できない場合は、祭場がある安置施設などに搬送してもらいます。

この際にお世話になる葬儀社は病院とつながりのある業者であることも多いですが、この葬儀社で必ずしも葬儀を行わなければならないわけではありません。すでに葬儀会社を決めている場合は、臨終後に連絡をしてお迎えに来てもらいましょう。

すべきこと

 

  • 葬儀社への連絡、寝台車の手配
  • 死亡診断書の受け取り
  • ご遺体の搬送
  • ご遺体の安置
  • 宗教宗派の確認
  • 菩提寺へ連絡、枕経

 
病院を出る前に死亡診断書を医師から受け取っておきましょう。ご遺体の搬送後は、安置場所に枕飾り、枕花を用意します。

宗教が仏教の場合は菩提寺を確認後、僧侶に連絡を取り、枕経をあげてもらいます。お布施の額がわからない人も多いでしょう。恥ずかしいことではないので、正直にお寺側に「おいくらご用意をさせていただけばよいかお聞かせ願えますか」と尋ねておくと用意する際に安心です。

(3)喪主の決定

葬儀をとり行うにあたり、まずは喪主を決めなければなりません。故人と縁が近い人から選ぶことが一般的です。

〈喪主に選ばれる順序〉

 

  • 故人が既婚者の場合、配偶者
  • 故人の子ども(長男。また同居の有無などから近い人を選ぶ)
  • 故人の両親・兄弟姉妹

 
例外として、故人が遺言などで喪主を指名していた場合は、その指示に従います。娘家族の家など、他の家庭で同居していた場合は、同居家族の筆頭者が喪主に選ばれます。近親者がいない故人では、親しかった友人が喪主を務めることもあります。

また、地域にもよりますが、喪主の他に「世話役」を決めておく必要もあります。世話役とは、香典の会計や受付・進行など、葬儀に関する雑務を取り仕切る役割のこと。

地域によっては「隣組」や「講」といった近隣住民の相互扶助制度があり、町内会長が請け負うことになっていることも。その他、親戚や会社関係の人に依頼することもあります。

(4)葬儀社との打ち合わせ、段取りの決定

葬儀社へ依頼をしたのち、葬儀について詳細を決めていきます。

すべきこと

 

  • 葬儀場、火葬場の空き状況確認、予約
  • 通夜、告別式の日時・場所の決定
  • 葬儀の規模(会葬者の人数、呼ぶ範囲)の決定
  • 宗教者への連絡、手配
  • 葬儀場、宿泊施設の利用者人数の確認
  • 訃報の連絡

 

打ち合わせで確認しておくこと

 

  • 見積もり明細をあげてもらい、必要なものが見積もりに含まれているかをチェック
  • 遺影写真の候補選び
  • 弔辞の依頼
  • 現金の用意(お布施や飲食費など、クレジットカード払いができない出費が発生します)

 

葬儀に必要なもの

 

  • 葬儀場、火葬場の使用料
  • 湯灌の儀
  • 祭壇、棺
  • 骨壺
  • 仏衣(白装束)
  • 霊柩車
  • 会葬礼状、返礼品
  • 飲食費用
  • 喪服(レンタルが可能な場合も)
  • 看板(会館前や近隣道路に立てるためのもの)
  • 宿泊費用
  • 供花、供物

 

(5)納棺の儀

故人を棺に納める前に、身体を綺麗にする「湯灌の儀」を行なってもらいます。葬儀場では祭壇の準備も進めていきます。

(6)お通夜

喪主・遺族は通夜開始1時間前には喪服への着替えを済ませておきましょう。できれば一般会葬者の受付前には到着し、用意をしておきたいところです。開始時間15分前には着席できるように動きましょう。

すべきこと

 

  • 通夜後の喪主あいさつ
  • 通夜ぶるまい(通夜後の軽食)
  • 告別式の打ち合わせ

 
通夜ぶるまいは地域によって内容に慣習があるところもあります。手配前の打ち合わせ時に葬儀会社に確認しておくとよいでしょう。

(7)葬儀・告別式

通夜と同様、15分前には着席しておきます。

葬儀の流れ

読経

弔辞弔電の拝読

焼香

ご拝顔(最後の対面)

出棺

喪主あいさつ

(8)火葬

火葬場へ向かう際は喪主が位牌を、遺族が遺影を持ち火葬場へと向かいます。火葬・お骨上げ後は骨壺を喪主が、位牌と遺影を近親者が持ち自宅や会館へと戻ります。

(9)初七日法要・精進落とし

本来、亡くなった日から7日後に行なわれる初七日法要ですが、近年現代では再度人に集まってもらう手間を除くため、火葬後に初七日法要までを終え済ませることが多いです。

その後、精進落としと呼ばれる会食の席を設けます。

(10)葬儀後の雑務

葬儀が終わったあとにも、細々とした雑務が残っています。

すべきこと

 

  • 世話役から事務を引き継ぐ
  • 世話役などへのお礼
  • 葬儀費用の計算
  • あいさつ回り(初七日までに)
  • 故人の勤務先へのあいさつ(故人が働いていた場合)
  • 病院への支払い手続きの確認
  • 故人の賃貸契約の解除や名義変更(賃貸在住者であれば)

 

参列者がはじめての葬儀で知っておくべきマナーと葬儀知識

これだけは知っておきたい葬儀のマナーを見ていきましょう。

服装について

本来、通夜は訃報を受けて取るものも取りあえずに駆けつけるもの。そのため、濃紺やグレーなど、地味な色味であれば、平服でもマナー違反ではありません。

男性
ダーク色のフォーマルスーツに白いワイシャツを着用。ネクタイはダーク系の無地のものを選びましょう。靴・カバン・ベルトといった小物は、本革が使われていないものを身に着けます。
女性
ダーク色の系フォーマルスーツを着用。(ツーピース・パンツスーツどちらでも可)。できるだけ素肌が見えないようにしましょう。ストッキングもダーク色系を着用。靴・カバン・ベルトは本革製品以外のものを選びましょう。真珠のネックレスは一連のものを身に着けます。
子ども
制服があれば制服を着用します。なければダーク色系のズボン・スカートに白いシャツを身に着けます。

遺族へのあいさつについて

「このたびはご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます」が基本的なお悔やみの言葉です。注意しておきたい言葉が、葬儀では好ましくない「忌み言葉」。不幸が連鎖するというイメージから、「重なる」「つづく」「度々」「再び」といった言葉は使わないように注意しましょう。

香典について

香典袋は宗教宗派によって表書きが変わります。

仏式(浄土真宗以外):御霊前、御香典
仏式(浄土真宗):御香典
神式:御神前、御霊前
キリスト教式:御花料、御霊前

宗教宗派が不明の際は、「御霊前」を使います。葬儀社に問い合わせてみてもよいでしょう。

焼香の仕方

宗派により回数などが異なりますが、一般的な流れは以下の通りです。(立ち焼香の場合)

  1. 葬儀場スタッフの誘導に従って香炉の前まで進む
  2. 左手に数珠を持ち、右手親指と人差し指と中指で少量お香をつまみ、額近くに持ち上げてから香炉内の炭の上に置く
  3. 祭壇上にある遺影に手を合わす(合掌)
  4. 一歩下がり、祭壇、親族、喪主に一礼ずつしてから席に戻る

供花・供物について

どちらも葬儀社に問い合わせてから用意しましょう。葬儀場によっては控えるように言われることもあります。

葬儀にかかる費用はどれくらい?

葬儀にかかる費用は、以下の3つの支出から成り立っています。

  • 葬儀そのものにかかる費用
  • 寺院側に支払う費用(お布施、お車代)
  • 飲食接待費用

葬儀そのものにかかる費用は、葬儀社に支払う祭壇や棺などのこと。葬儀プランに含まれているものですね。別途支払いが必要にならないよう、見積もりをとってプランの中身をしっかり見ておきましょう。

お布施は「幾らです」と定められているものではありません。寺や僧侶の格によっても相場が変わりますし、戒名によっても値段が変わります。

戒名代の目安

信士(信女):20~30万円
院・居士(大師):60~80万円
院殿・大居士(清大師):100万円以上

適した金額がわからなければ、寺院側に問い合わせることも失礼ではありません。

飲食接待費用は通夜ぶるまいや精進落としなど。人数によって変動します。葬儀プランの中にあらかじめ最低限人数分が含まれていることもあるため、明細をチェックしておきましょう。

これらすべてを合わせた費用の全国平均額は195.7万円です(2017年「葬儀についてのアンケート調査」報告書 一般社団法人日本消費者協会)。もっとも高い中部地方で245万円、低い北海道地域では154万円と差が見られます。

まとめ

葬儀に関する知識やマナーの中には、地域特有のものもあります。また、近年では家族葬や直葬、一日葬や自然葬など、葬儀の形も幅が広がっています。プランによって費用も大幅に変わってくるため、予算に応じて考えることも可能です。

葬儀についてわからないことがあれば、事前相談を受け付けている葬儀社に話を聞くことをおすすめします。日比谷花壇では無料で事前相談を行っています。堅苦しく考えず、まずは一度相談や質問をしに行ってみてはいかがでしょうか。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP