喪主ガイド

初めてのお葬式|喪主と参列者が知っておきたい流れ・費用・マナー

「初めての喪主をしっかりと務められるか不安・・・」
「初めての参列でマナーが分からない・・・」

初めての喪主・葬儀参列で何をすればいいか分からず悩んでしまうのは当然のことです。葬儀は、大人であってもそう何度も経験しているものではありません。

誰しもがその都度はじめて経験することのように感じるのではないでしょうか。

この記事では、喪主や遺族としてはじめての葬儀を執り行う立場になった時に知っておきたいことや葬儀に参列するときのマナーをご紹介します。

葬儀全体の流れ

葬儀時に飾られるユリの供花
はじめに全体の流れを説明します。

これまで葬儀に参列したことはあっても、初めて自ら葬儀を執り行う立場となると、あらためて葬儀の流れをイメージできない人もいるのではないでしょうか。

後ほど各流れの詳しい説明と、すべきことや確認・準備すべきものについて詳しく説明していきます。

《葬儀全体の流れ》

⑴危篤・臨終

⑵安置所へ故人を搬送、安置

⑶喪主の決定

⑷葬儀社・葬儀プランの決定

(5)葬儀社との打ち合わせ、段取りの決定

⑹納棺の儀

⑺通夜式

⑻葬儀・告別式

⑼火葬

⑽初七日法要・精進落とし

⑾葬儀後の雑務

次に各流れ一つ一つの詳しい説明と、その時々でしなければならないことや確認・準備の必要なことを解説していきます。

【喪主向け】初めての葬儀で喪主・遺族がすべきこと

(1)危篤・臨終

病院の霊安室
危篤状態に陥ったら、最後に会ってもらいたい人たちに至急連絡を取りましょう。冷静な判断ができない状態でも迷わず連絡が取れるよう、事前に連絡する人を決めてリストにしておくと安心です。

臨終後は、立ち会えた人全員で「末期の水」を取ります。「死に水を取る」ともいわれるこの儀式は、水を入れた湯飲みに新しい筆や割りばしの先に脱脂綿などを巻いたものを浸し、故人の唇を軽く濡らしてあげるものです。

《すべきこと》

・関係各所への挨拶
・近親者への連絡

臨終後は病院や施設でお世話になった方々にお礼の挨拶をし、近親者にも亡くなったことを家族で手分けしてお知らせします。

この段階では葬儀について決定していないため、通夜式・葬儀についてはあらためて連絡をすることも伝えましょう。

(2)安置所へ故人を搬送、安置

自宅での遺体安置
病院で臨終を迎えた場合、長々と病院にはいられません。一般的には自宅にご遺体を搬送することになりますが、スペースの問題などで安置できない場合は、祭場がある安置施設などに搬送してもらいます。

葬儀社を決めていない方や家以外の安置所を探している方は『葬儀の場所はどこを選べばよいの?葬儀場や安置所の決め方』をご覧ください。

すでに葬儀会社を決めている場合は、臨終後に連絡をしてお迎えに来てもらいましょう。

《すべきこと》

・葬儀社への連絡、寝台車の手配
・死亡診断書の受け取り
・ご遺体の搬送
・ご遺体の安置
・宗教宗派の確認
・菩提寺へ連絡、枕経

病院を出る前に死亡診断書を医師から受け取っておきましょう。ご遺体の搬送後は、安置場所に枕飾り、枕花を用意します。

宗教が仏教の場合は菩提寺を確認後、僧侶に連絡を取り、枕経をあげてもらいます。お布施の額がわからない人も多いでしょう。

恥ずかしいことではないので、正直にお寺側に「おいくらご用意をさせていただけばよいかお聞かせ願えますか」と尋ねておくと用意する際に安心です。

(3)喪主・世話役の決定

喪主とは

喪主とは葬儀内容の取りまとめ、会葬者や僧侶への対応など重要な役割を担う人です。葬儀をとり行うにあたり、まずは喪主を決めなければなりません。故人と縁が近い人から選ぶことが一般的です。

《喪主に選ばれる順序》

・故人が既婚者の場合、配偶者
・故人の子ども(長男、または同居の有無などから近い人を選ぶ)
・故人の両親・兄弟姉妹

故人が遺言などで喪主を指名していた場合は、例外としてその指示に従います。

娘家族の家など、他の家庭で同居していた場合は、同居家族の筆頭者が喪主に選ばれます。近親者がいない故人では、親しかった友人が喪主を務めることもあります。

また、地域にもよりますが、喪主の他に「世話役」を決めておく必要もあります。世話役とは、香典の会計や受付・進行など、葬儀に関する雑務を取り仕切る役割のことです。

通常、親戚、遺族の友人、会社の上司や同僚、町内会や自治会の役員等から選びます。近年は葬儀の規模が小さくなっているため、世話役は決めない場合も増えてきております。

(4)葬儀社・葬儀プランの決定

葬儀の祭壇
喪主の決定に加えて葬儀社・葬儀プランをまだ決めていない方は、葬儀社・葬儀プランを選ぶ必要があります。

信頼して葬儀を頼むことのできる葬儀社選びが重要です。複数社あたりをつけ、事前相談や葬儀費用の見積り・資料請求などのサービスを使い、故人や自分の希望にあった葬儀社を選びましょう。

《葬儀社選びのポイント》

・大きい、有名だからといって良い葬儀社とは限らない
・喪主、遺族の相談に丁寧に対応してくれるかをチェックする
・親戚や知人など葬儀を経験したことがある人に話を聞いてみる

また、葬儀プランの決定も行う必要があります。最近では一般葬の他にも様々な種類の葬儀プランがあります。

《一般葬以外の葬儀プランの紹介》

家族葬:近親者のみで行う葬儀
一日葬:通夜式を行わない葬儀
直葬:通夜式・告別式を行わない葬儀
自宅葬:ご自宅で行う葬儀

故人や遺族の意向で、一般葬よりも小規模であったり、シンプルな葬儀スタイルで故人との最後の別れをする方も増えています。

故人や遺族の希望にあった葬儀社・葬儀プランを選びましょう。

各葬儀プランについてより詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

(5)葬儀社との打ち合わせ、段取りの決定

葬儀社との打ち合わせ
葬儀社へ依頼をしたのち、葬儀担当者と葬儀について詳細を決めていきます。

《すべきこと》

・葬儀会場、火葬場の空き状況確認、予約
・通夜式、告別式の日時・場所の決定
・葬儀の規模(会葬者の人数、呼ぶ範囲)の決定
・宗教者への連絡、手配
・葬儀場、宿泊施設の利用者人数の確認
・訃報の連絡

《打ち合わせで確認しておくこと》

・遺影写真の候補選び
・弔辞の依頼
・現金の用意(お布施や飲食費など、クレジットカード払いができない出費が発生します)

《葬儀に必要なもの》

・葬儀会場、火葬場の使用料
・湯灌の儀
・祭壇、棺
・骨壺
・仏衣(白装束)
・霊柩車
・会葬礼状、返礼品
・飲食費用
・喪服(レンタルが可能な場合も)
・看板(会館前や近隣道路に立てるためのもの)
・宿泊費用
・供花、供物

(6)納棺の儀

故人を棺に納める前に、身体を綺麗にする「湯灌の儀」を行なってもらいます。葬儀場では祭壇の準備も進めていきます。

(7)通夜式

お通夜の風景
喪主・遺族は通夜式開始1時間前には喪服への着替えを済ませておきましょう。できれば一般会葬者の受付前には到着し、用意をしておきたいところです。開式時間15分前には着席できるように動きましょう。

《すべきこと》

・通夜式後の喪主挨拶
・通夜ぶるまい(通夜式後の軽食)
・告別式の打ち合わせ

通夜ぶるまいは地域によって内容に慣習があるところもあります。手配前の打ち合わせ時に葬儀会社に確認しておくとよいでしょう。

(8)告別式

故人と最期のお別れ
通夜式と同様、葬儀開始15分前には着席しておきます。

《告別式の流れ》

読経

弔辞弔電の拝読

焼香

ご拝顔(最後の対面)

出棺

喪主挨拶

(9)火葬

骨壺と数珠
火葬場へ向かう際は喪主が位牌を、遺族が遺影を持ち火葬場へと向かいます。火葬・お骨上げ後は骨壺を喪主が、位牌と遺影を近親者が持ち自宅や会館へと戻ります。

(10)初七日法要・精進落とし

精進落としの料理
本来、亡くなった日から7日後に行なわれる初七日法要ですが、近年現代では再度人に集まってもらう手間を除くため、火葬後に初七日法要までを終え済ませることが多いです。

その後、精進落としと呼ばれる会食の席を設けます。

(11)葬儀後の雑務

葬儀が終わったあとにも、細々とした雑務が残っています。

《すべきこと》

・世話役から事務を引き継ぐ
・世話役などへのお礼
・葬儀費用の計算
・挨拶回り(初七日までに)
・故人の勤務先への挨拶(故人が働いていた場合)
・病院への支払い手続きの確認
・故人の賃貸契約の解除や名義変更(賃貸在住者であれば)

喪主の挨拶が必要な場面は意外に多い

初めて喪主を務める方の中には、挨拶に関して心配されている方も多いでしょう。

喪主が挨拶をする場面は意外と多くありますので、あらかじめ話す言葉を考えておきましょう。

喪主の挨拶が必要な場面は以下の3つの場面です。

・通夜ぶるまいのとき
・告別式が終わり、出棺の前
・精進落としの時

参列者への感謝の言葉や、個人の思い出・故人に代わって生前の感謝などを伝えましょう。

初めての葬儀への不安は少し解消されたでしょうか。

悩んだり迷っていることがあれば、葬儀社の担当者にまずは相談してみましょう。

次に葬儀費用についても確認しておきましょう。

【喪主向け】葬儀にかかる費用の相場

寺院側に支払う費用
日本消費者協会によると、葬儀費用の全国平均は196万円であったと報告されています。<日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」/2017年>

葬儀にかかる費用は、以下の3つの支出から成り立っており、葬儀の種類や戒名代、参列者の人数などによって変動します。

  • 葬儀そのものにかかる費用
  • 寺院側に支払う費用(お布施、お車代)
  • 飲食接待費用

葬儀そのものにかかる費用は、葬儀社に支払う祭壇や棺などのプランに含まれているもののことです。

別途支払いが必要にならないよう、見積もりをとってプランの中身をしっかり見ておきましょう。

「葬儀の費用をできるだけ抑えたい!」という方はシンプルな葬式(直葬)についてをご覧ください。

【参列者向け】初めての葬儀で知っておくべきマナーと知識

香典の渡し方
これだけは知っておきたい葬儀のマナーを見ていきましょう。

服装について

本来通夜式は、訃報を受けて取るものも取りあえずに駆けつけるものであるため、濃紺やグレーなど、地味な色味であれば、平服でもマナー違反ではありません。
《男性の服装》

ダーク色のフォーマルスーツに白いワイシャツを着用。ネクタイはダーク系の無地のものを選びましょう。靴・カバン・ベルトといった小物は、本革が使われていないものを身に着けます。

《女性の服装》

ダーク色の系フォーマルスーツを着用。(ツーピース・パンツスーツどちらでも可)。できるだけ素肌が見えないようにしましょう。 ストッキングもダーク色系を着用。靴・カバン・ベルトは本革製品以外のものを選びましょう。真珠のネックレスは一連のものを身に着けます。

《子供の服装》

制服があれば制服を着用します。なければダーク色系のズボン・スカートに白いシャツを身に着けます。

遺族への挨拶について

「このたびはご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます」が基本的なお悔やみの言葉です。注意しておきたい言葉が、葬儀では好ましくない「忌み言葉」。

不幸が連鎖するというイメージから、「重なる」「つづく」「度々」「再び」といった言葉は使わないように注意しましょう。

香典について

香典袋は宗教宗派によって表書きが変わります。

仏式(浄土真宗以外):御霊前、御香典
仏式(浄土真宗):御香典
神式:御神前、御霊前
キリスト教式:御花料、御霊前

宗教宗派が不明の際は、「御霊前」を使います。葬儀社に問い合わせてみてもよいでしょう。

また、詳しく知りたい方は無宗教での葬儀についてをご覧ください。

焼香の仕方

宗派により回数などが異なりますが、一般的な流れは以下の通りです。(立ち焼香の場合)

  1. 葬儀場スタッフの誘導に従って香炉の前まで進む
  2. 左手に数珠を持ち、右手親指と人差し指と中指で少量お香をつまみ、額近くに持ち上げてから香炉内の炭の上に置く
  3. 祭壇上にある遺影に手を合わす(合掌)
  4. 一歩下がり、祭壇、親族、喪主に一礼ずつしてから席に戻る

供花・供物について

どちらも葬儀社に問い合わせてから用意しましょう。葬儀場によっては控えるように言われることもあります。
詳しく知りたい方は供花の手配・予算・花の選び方・マナーについてをご覧ください。

初めての葬儀について悩んだらまずは事前相談

華やかな葬儀の様子
これまで、初めての葬儀についてお話してきました。葬式を行うにあたり、大切なことをおさらいしましょう。

  • 葬儀の流れと喪主・遺族がすべきことを理解すること
  • 葬儀の費用は様々なので、費用の内訳を確認すること
  • 葬儀のマナーも確認すること

葬儀についてわからないことや心配なことがあれば、事前相談を受け付けている葬儀社に話を聞くことをおすすめします。

おすすめの葬儀社である日比谷花壇では無料相談を24時間対応で行っています。

はじめての葬儀に関する相談から、あなたの希望に最適なプラン例、人気の花屋さんならではの花祭壇も提案してくれます。また、詳細な見積りを作成してくれるので、費用も事前に知ることができて安心です。

まずは一度日比谷花壇に相談してみてはいかがでしょうか。

日比谷花壇の公式サイト

《関連ページ一覧》

葬儀会社は大手に依頼するのが安心?納得のいく葬儀社を選ぶ方法

葬儀の準備に必要なことまとめ!慌てないためにやること一覧

家族葬の流れとは?一般葬との違いや準備に必要な3つのこと

TOP