喪主ガイド

密葬とは内密に行う葬儀?周りに伏せて葬儀を行う方法&マナー

葬儀のスタイルにはさまざまなものがありますが、密葬という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。聞いたことがある人の中には、内容までは知らないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、密葬という葬儀の形について、流れやマナーといった基礎知識から、他の葬儀スタイルとの違いまでをご説明いたします。

密葬とは?

密葬とは、文字通り「内密に葬儀を行う」葬儀のことを指します。本来はこの後に行われる本葬とセットで使うものです。

本葬は一般会葬者も呼び訃報を周囲に知らせたうえで行う、一般的にイメージする葬儀・告別式のこと。密葬は、その前に家族や故人に近い近親者のみで行なう葬儀となります。

主に芸能人など、準備に時間を要する大がかりな葬儀を行う場合に、現代でも密葬・本葬のセットという正式スタイルをみることができます。

密葬のことを「葬儀に参列する人以外には訃報を誰にも知らせない」とする情報がネット等に載っていますが、本来その後に本葬をするため、「密葬の段階では知らせない」というのが正しい理解です。

現代では、本葬を行わずに密葬だけで葬儀を済ませることも珍しくありません。何らかの理由があって一切周囲に知らせずに内々で葬儀を済ませたいという思惑によることもありますが、単純に身内だけで葬儀をしたいという人も少なくありません。単純に身内だけで葬儀をしたいという理由であれば、訃報を知らせず密葬とすると、周囲は故人の死を知らないままになってしまいます。

密葬と家族葬の違い

「身内だけでやりたいという気持ちから行う密葬」と聞いて、家族葬を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家族葬は近年生まれた新しい葬儀の形です。家族葬が生まれた背景には葬儀に対する価値観の変化や核家族化などがあるのですが、もともとは密葬から派生したとされています。

本来、密葬は本葬とセットで行われるものだとご説明しましたが、家族葬の場合は「少人数で葬儀を行いたい」という部分が主目的であるため、改めて大がかりな葬儀をやる必要がありません。

そのため、現代での密葬で本葬を行うことは少なく、厳密な定義でいえばそのほとんどが家族葬です。本来の意味での密葬は芸能人など一部の人が行うものであるといえるでしょう。

なお、本葬と密葬との違いですが、こちらは規模や告知する人の範囲が異なるだけで、内容としては変わりがありません。葬儀のあとに社葬の場を設ける場合は、先に行う葬儀も本葬扱いとなります。

密葬の具体的な流れ

密葬の流れは、一般的にイメージされている葬儀の流れと変わりありません。知らせる人数を最小限にし、しめやかに行うことだけを除けば、同じものだと捉えてよいでしょう。

葬儀の流れ

ご臨終

搬送

安置

納棺

通夜

葬儀・告別式

出棺

火葬

密葬と一般的な葬儀との大きな違いは参列者数です。参列者がごく少数に限られる密葬では、行わない・行わなくても問題がないものがいくつかあります。

・香典の辞退
・供花・供物の辞退
・座席の大がかりな準備
・受付
・弔電、弔事
・精進落としなどの会食

香典や供花・供物の辞退は、近年一般的な葬儀でも見られますが、ほぼ家族だけで行う密葬の場合、より辞退する傾向が強いようです。

また、のちに本葬を控えている形での密葬であれば、密葬の段階では周囲に知らせていないため、弔電や弔事の奉読も省略することが可能な場合が多いでしょう。

家族だけであれば、受付や会食も不要な場合は省略可能です。

密葬をする際の注意点!喪主がやるべきこと

密葬をする際に注意しておきたいことは、「密葬といえども知らせておかなければならない場合(人)もある」ということ。

特に葬儀に呼ばない親戚や親しい友人などがそういった人にあたります。もしも本葬とセットで行う本来の意味での密葬である場合も、本葬の場ではすでに荼毘に付されたあとになるため、故人の顔を見られません。

そうしたことがトラブルの火種になりそうな近親者には、密葬を行うことを知らせ、理解を求めておく必要があるでしょう。

また、近隣住民にも告知はしないのが密葬ではありますが、両隣の家には寝台車が出入りするなどして雰囲気が伝わってしまうもの。「密葬を行うため、参列はご遠慮ください」といったことは伝えておく必要があるでしょう。

密葬にかかる費用

密葬とはいえ、現代に多い家族葬同様のものの場合、費用は家族葬と大差がありません。葬儀そのものにかかる費用は20~70万円程度とされています。

なお、一般的な葬儀では、葬儀そのものにかかる費用は121万円程度です(全国平均:「葬儀についてのアンケート調査」報告書・2017年 日本消費者協会調べ)。一見、密葬が高額になってしまった場合と一般的な葬儀とは、変わらないように見えますよね。

しかし、葬儀費用はこれだけではありません。ここに「寺院費用」と「飲食接待費」を加えた金額が実際の葬儀にかかる費用です。

参列者人数の少ない密葬の場合、この「飲食接待費」が通常の葬儀に比べて大幅に少なくなるという特徴があります。そのため、葬儀にかかる費用の全体額の平均は通常の葬儀で約195.7万円であるのに対し、密葬では100万円程度が相場です。

葬儀の相談は「日比谷花壇」で

ここまでにご説明したとおり、本来の密葬は周囲に知らせないまま内密に行う葬儀というわけではありません。その後に本葬をすることが前提となっているからですね。

しかし、親戚関係や本人の遺志などで、内密に葬儀を行いたいという特殊なケースもあるでしょう。そうしたときは、規模に応じた葬儀プランを選び、周りに伏せて葬儀を行なうようにしましょう。

葬儀会社のひとつ「日比谷花壇」では、希望する葬儀スタイルによって、さまざまなプランが用意されています。内密に葬儀を行ないたいのなら、「直葬」「一日葬」「家族葬」などがおすすめです。丁寧に相談に乗ってくれるため、「内密に葬儀を行いたい」と相談してみましょう。

密葬におけるマナーは?

密葬に参列する場合、特殊なマナーはあるのでしょうか。確認してみましょう。

香典・弔電について

一般的な葬儀では当然のごとく行われる香典の持参や弔電ですが、身内だけで内密に行いたいという密葬の場合、遺族の希望に沿うことが鉄則です。

香典を受け取ると、遺族には返礼品を用意するという手間が生まれます。そのため、密葬では香典を辞退するケースが多くみられます。自身の身内の不幸のときに香典を受け取っていたからといって、持っていく必要はありません。どうしてもというときは葬儀会社に確認をとってみましょう。

弔電に関しても同様です。特に、直接訃報を遺族から聞いたわけではない「また聞き」で不幸を知った場合は、絶対に送らないようにしましょう。直接訃報を受けた場合は、弔電の辞退の記載がある・住所の記載がない場合は送らないようにします。

両方に当てはまらない場合は、最終的に確認をとってから、問題がなければ送っても差し支えがないでしょう。

服装

密葬とはいえ、形としては通常の葬儀と何ら変わりはありません。葬儀に参列するとき同様、喪服を身に着けて参列しましょう。

まとめ

世間一般で現在捉えられている「密葬」と本来の密葬とでは、内容に違いがあることをわかっていただけたのではないでしょうか。

生前の人間関係などを理由に、内密に葬儀を行いたいと希望する方はいるものです。現在、少人数で行う葬儀は需要が高く、ご紹介した日比谷花壇をはじめ、さまざまなプランを用意している葬儀会社が多数あります。その中で、もっとも希望にあったものを選びましょう。

日比谷花壇のように、あらかじめ事前相談を無料で受け付けてくれるところを選び、「内密に葬儀を執り行いたい」と相談することもおすすめです。希望をかなえるための具体的なアドバイスを受けることができるでしょう。

日比谷花壇の公式サイト

TOP