喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

  • 【家族葬ってどこまで呼ぶべき?】流れや費用、注意事項を徹底解説

【家族葬ってどこまで呼ぶべき?】流れや費用、注意事項を徹底解説

「家族葬の流れは一般のお葬式と違うの?」
「お通夜はするの?」

昨今、核家族化が進んだり、親戚づきあいが少なくなっていたりという理由で、少人数で行う「家族葬」が増加傾向にあります。

そもそも家族葬とは「身内や限られた友人など、少人数で執り行う葬儀」のこと。

この記事では、家族葬とはどのような葬儀か、葬儀の流れ、費用、準備すべき事についてご紹介していきます。

【無料】家族葬をご検討なら

  • 家族葬や様々な葬儀プランと、写真も豊富なパンフレット
  • 相談、要望だけでもネットや電話で伝えられる

パンフレットを申し込む

家族葬とはどのような葬儀なの?

家族葬は、参列する人数が違うだけで、一般的な葬儀と内容は変わらず、通夜も同様に執り行います

※通夜を行う事が一般的ですが、費用、時間、都合、心理的な問題等で行わないケースもあります。
詳しくは家族葬の通夜についての解説記事もご覧ください。

「家族葬にはどの程度の人を呼ぶべきか?」「どの程度の関係性なら呼ぶべき?」と疑問もありますが、決まりはありません

家族葬という名前のため、家族・親族以外の人は参列できないように思えますが、故人が生前親しくしていた友人を数名呼ぶケースもあるのです。

大切な事は、故人なら最期に会いたいと思うかどうか。

参列者の人数は10~50人程度がおおよそのケースです。葬儀会社の家族葬プランによっては、対応可能な人数には違いが見られるため、事前に調べておく事が良いでしょう。

家族葬と一般のお葬式の違い

家族葬と一般のお葬式の違いについてみてみましょう。

家族葬 一般葬
メリット
  • 参列者数が少ないため、費用が抑えられる
  • 気心が知れた人たちだけで行えるので、リラックスした雰囲気で執り行える
  • 香典を辞退し、返礼品を用意する手間をかけずに済む
  • 一気にすべてが済むため、後日あらためて弔問客が訪れる心配がない
  • 昔からある葬儀の形のため、親族間にも理解をしてもらいやすい
デメリット
  • 家族葬にすることへの理解が親族にない場合、後々揉める可能性がある
  • 参列を呼びかけなかった人が、後日弔問に訪れることがある
  • 一般参列者人数、規模によっては費用が高くなる
  • もてなす側としてさまざまなことに気を遣う必要がある
  • 香典返しなどの準備が必要

さらに詳しく、『知っておきたい家族葬のメリット・デメリット解説』でご紹介しています。

【「家族葬」と「密葬」は別】勘違いされやすいので注意

密葬とは、内密に家族の中だけで執り行われる葬儀のこと。さらに、後日行う「本葬」とセットで行われるものです。

芸能人などが、死後すぐに大々的な葬儀が行えない場合に、まずは家族だけで密葬を行い、その後公開される本葬を執り行うというケースがわかりやすいでしょう。

しかし、一般人の中では本葬を行わず密葬ですべてを終えるケースが増えてきたこともあり、そうした葬儀を「家族葬」というようになりました。

「家族葬」は、「密葬」から派生して生まれたものだと考えられているので勘違いされやすい背景があるのです。

次に、「家族葬」の流れをご紹介していきます。

家族葬の葬儀の流れは?

ここからは、家族葬の流れを具体的にご紹介していきます。

家族葬は一般的な葬儀と、参列する人が違うだけですので、行う内容は大きく変わりません

1日目

  • ご臨終・葬儀会社に連絡
  • 葬儀会社は365日24時間電話対応をしているところがほとんどです。

  • 寝台車で自宅・安置施設(霊安室)へ搬送
  • 法律で、24時間は火葬する事ができないため、ご遺体を安置する必要があります。

  • 安置、枕飾り、お寺へ連絡
  • 葬儀会社と打ち合わせ、見積もり確認、葬儀の日程決定
  • 葬儀の日時を近親者へ連絡
  • 家族葬ですので、連絡する人を限定する事になります。

  • 役所での火葬手続き
  • 葬儀会社が代行してくれるところがほとんどです。

2日目

  • 納棺
  • 遺影写真の準備
  • 通夜
  • 通夜振る舞い
  • 地域により異なりますが、会葬者に酒・軽食をふるまうことがあります。

3日目

  • 告別式
  • 式中初七日法要
  • 本来は七日後に行われる初七日法要ですが、現代では頻繁に集まりづらい親族のために、葬儀告別式後に前倒しで行うことがあります。また、お骨上げの後に遺骨供養と共に行う場合もあります。

  • ご拝顔(お別れの儀式)
  • 棺を開け、中に花を手向けるなど、最後のお別れを行います。

  • 出棺
  • 火葬
  • お骨上げ(収骨)
  • 精進落とし・お斎(とき)
  • 会食の席を設ける地域が多いです。

より具体的な流れについては、「家族葬の流れとは?一般葬との違いや準備に必要な3つのこと」をご参照下さい。

次に、家族葬の費用についてご紹介していきます。

【家族葬にかかる費用】一般葬より100万円安い

家族葬の費用相場と数珠

首都圏の家族葬費用の相場は、100万円前後となっています。

参列する人数や、祭壇や棺、装飾を豪華にすると、当然金額は前後します。

ちなみに、日本消費者協会の「2017年『葬儀についてのアンケート調査』報告書」による、一般葬儀の全国平均額は約196万円

やはり、人数が多い分、会場代と飲食接待費用で数十万の差が出ます。

家族葬の具体的な内訳をみてみましょう。

家族葬の費用の内訳

ここでは、葬儀費用の内訳について詳しく説明していきます。
主に葬儀費用の内訳は、以下の4項目に分けられます。

  • 式場使用料:10万円から30万円
  • 火葬料:5万円以上
  • 返礼品・飲食接待費:1人前3,000円から6,000円
  • お布施・心づけ:15万円から30万円

「家族葬の費用相場は安い?高い?実際に安くできるのか検証してみた」では、実際に見積もりをとった検証を見る事ができますので、参考にしてみて下さい。

ここからは、家族葬を行う上で、特に気を付けるべきことをご説明していきます。

家族葬をするにあたって事前に気をつけるべき3つのこと

一般の葬儀との最も大きな違いとして、家族葬は参列の呼びかけをする人を限定する事があげられます。

伴って、注意すべき事が出てくる為、ご説明をしていきます。

連絡に気をつけて親族間トラブルが起こらないようにする

お声がけをしなかった親族に、事前の報告をせずに黙って家族葬をしてしまうと、トラブルの元になってしまうケースがあります。

中には家族葬という葬儀スタイルを知らない人もいるため、事前に「家族だけで見送る葬儀を行うこと」をしっかりと伝え、理解しておいてもらう必要があります。

同じように、近隣の方や勤務先の関係者にも、一般参列者を呼ばない葬儀を行うため、参列をご遠慮いただきたいということを伝えておく必要がありますね。

『お別れ会』の実施の検討をしておく

故人との関係性で、「お通夜、葬儀に参列したい。」「最後にお別れのご挨拶をしたい。」という人々が、後日自宅まで弔問に訪れ、絶えなくなるというケースもあります。

そういった事態を防ぐために、訃報と葬儀への参列をご遠慮いただく旨を伝えるとき、同時に「後日お別れの場を設けるため、そちらにお越しください」とするなど、配慮しましょう。

お別れの会について
お別れの会は、故人とお別れをしたいという人が参列する為に執り行う会です。一般的には葬式よりもカジュアルなイメージで、パーティー形式もあります。ただし、ある程度スタッフに宗教儀式の知識がある会場を選ぶ必要があるため、葬儀と同じく、斎場やセレモニーホールがおすすめです。

人を呼ばない為、香典が少なくなる事を理解しておく

一般葬よりも、当然参列者が少ない家族葬ですので、香典や供花はあまり集まらない事を理解しておきましょう。

香典について
香典の金額は、故人との関係性によりますが、親族は1~10万円、友人の場合は5千円から1万円などが一般的です。また、頂いた側に葬儀があった場合、同程度の金額を返す事を考慮した金額にしましょう。おそなえするタイミングは、通夜か告別式です。

【まとめ】家族葬と一般葬はここが違う

この記事のポイントをおさらいしていきましょう。

  • 家族葬と一般葬が違うポイントは、参列者を限定するかどうか。
  • 参列者は故人が最期に会いたいかどうかで選ぶと良い。
  • 基本的な流れは一般葬と変わりはない。
  • ただし、参列者を限定する事によるトラブルには充分に注意が必要。

「家族・親族など、限られた人数で、あたたかく静かに最後の時間を過ごしたい」「故人が大きな葬儀はいらないという考えだったので、その気持ちを尊重したい」
など、家族葬の需要は今後も高まっていくでしょう。

そのため、近年では多くの葬儀会社が家族葬プランを用意しています。そのうちのひとつが日比谷花壇です。

日比谷花壇では、家族や故人の思いを汲み、きめ細かいサービスを備えた20名程度までの家族葬プランを設けています。無料で事前相談にも乗ってもらえるため、安心してお任せすることができます。

その他、日比谷花壇の公式サイトには

  • 利用者の方の声
  • 具体的なプラン内容と費用
  • 簡単見積りサービス【無料】
  • 資料請求【無料】

などお客様にとって有益な情報がたくさんあります。もっと詳しい情報を知りたい方は
日比谷花壇の公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

TOP