喪主ガイド

家族葬ってどんな葬儀?葬儀の流れや費用・内容をご紹介!

葬儀会社のサイトや広告などで「家族葬」という言葉を目にしたことはありませんか?葬儀の形が様変わりしていく中で、近年新たに生まれ広がりを見せている葬儀の形のひとつです。

今回は、「家族葬」について、内容や流れ、費用をご紹介します。

家族葬とはどのような葬儀か?

家族葬とは、「身内や限られた友人など、少人数で執り行う葬儀」のことです。
一般的な葬儀と内容は変わらず、通夜も同様に執り行います。

参列者の人数は10~50人程度と、明確に定められているわけではありません。葬儀会社の家族葬プランによって、対応可能な人数には違いが見られます。家族葬という名前のため、家族・親族以外の人は参列できないように思えますが、故人が生前親しくしていた友人を数名呼ぶケースも見られ、決まりがあるわけではありません。

近年、家族葬は増加傾向にあります。背景として、核家族化が進み親戚自体の数が少なくなっていたり、付き合いがなくなってしまっていたりするということが挙げられます。

また、大規模な葬儀が故人への想いとイコールであするという価値観が薄れていきていることも、家族葬など小規模葬が増えている一因でしょう。

知っておきたい「密葬」と「家族葬」の違い

そもそも家族葬は、「密葬」から派生して生まれたものだと考えられています。

密葬とは、文字のイメージ通り、内密に家族の中だけで執り行われる葬儀のこと。ただ、死をずっと伏せておくわけではなく、もともとは後日行う「本葬」とセットで行われるものです。

芸能人などが、死後すぐに大々的な葬儀が行えない場合に、まずは家族だけで密葬を行い、その後公開される本葬を執り行うというケースがわかりやすいでしょう。

しかし、一般人の中では本葬を行わず密葬ですべてを終えるケースが増えてきたこともあり、そうした葬儀を「家族葬」として別のもののように区分けしたといわれています。

家族葬の葬儀の流れは?

1日目

・ご臨終・葬儀会社に連絡
葬儀会社は365日24時間電話対応をしているところがほとんどです。

・寝台車で自宅・安置施設(霊安室)へ搬送

・安置、枕飾り、お寺へ連絡

・葬儀会社と打ち合わせ、見積もり確認、葬儀の日程決定

・葬儀の日時を近親者へ連絡

・役所での火葬手続き
葬儀会社が代行してくれるところがほとんどです。

2日目

・納棺

・遺影写真の準備

・通夜

・通夜振る舞い
地域により異なりますが、会葬者に酒・軽食をふるまうことがあります。

3日目

・告別式

・式中初七日法要
本来は七日後に行われる初七日法要ですが、現代では頻繁に集まりづらい親族のために、葬儀告別式後に前倒しで行うことがあります。また、お骨上げの後に遺骨供養と共に行う場合もあります。

・ご拝顔(お別れの儀式)
棺を開け、中に花を手向けるなど、最後のお別れを行います。地域の風習によって違いが見られます。

・出棺

・火葬

・お骨上げ(収骨)

・精進落とし・お斎(とき)
会食の席を設ける地域が多いです。

家族葬にかかる費用と内訳

日本消費者協会の「2017年『葬儀についてのアンケート調査』報告書」によると、一般葬儀にかかる費用総額の全国平均額は約196万円だそうです。

この葬儀費用の内訳は、3つの費用から成り立っています。

・葬儀そのものにかかる費用:121.4万円程度
・寺院に支払う費用:47.3万円程度
・飲食接待費用:30.6万円程度

家族葬の特徴は、一般葬と比べて参列者数が少ないことです。そのため、人数によって変動する飲食接待費用はこの平均額から大幅に低く抑えることができるでしょう。

また、会場の利用料金も、一般葬よりも席数が少なくて済むため安くなることが多いようです。葬儀会社が一般葬とは別にプランを設けていることも多いため、平均価格よりは低く抑えられると考えてよいでしょう。

なお、安価すぎるプランの中には追加料金が発生するのが前提となっているものもあるため、見積もり・内訳を必ず確認しておくことが大切です。

家族葬をするにあたって事前に準備すべきこと

家族葬は、一般葬とは違い、すべての親族に参列の呼びかけを行わないのが一般的です。

しかし、事前の報告をせずに黙って家族葬をしてしまうと、親族間トラブルの元になってしまいます。中には家族葬という葬儀スタイルを知らない人もいるため、事前に「家族だけで見送る葬儀を行うこと」をしっかりと伝え、理解しておいてもらう必要があります。

同じように、近隣の方や勤務先の関係者にも、一般参列者を呼ばない葬儀を行うため、参列をご遠慮いただきたいということを伝えておく必要がありますね。

ただ、通夜・葬儀への参列をお断りしてしまうと、後日自宅まで弔問に訪れる人が絶えなくなるというケースも見られます。そうした事態を防ぐためには、訃報と葬儀への参列をご遠慮いただく旨を伝えるとき、同時に「後日お別れの場を設けるため、そちらにお越しください」とするなど、配慮した伝え方を工夫しましょう。

また、一般葬では受け付けることがまだまだ多い香典や供花ですが、家族葬では辞退するケースも多く見られます。早めに方針を決めて葬儀会社に伝えておくようにしましょう。

費用を抑えて、小さく葬儀をするなら家族葬

核家族化が進んでいる影響もあるのか、現代では家族・親族の付き合いが昔ほど広くない家庭も増加しています。

また、故人を偲ぶ気持ちが、必ずしも立派な通夜・葬儀につながるとは限らないと考える人も増えています。

「家族・親族など、限られた人数で、あたたかく静かに最後の時間を過ごしたい」「故人が大きな葬儀はいらないという考えだったので、その気持ちを尊重したい」など、家族葬の需要は今後も高まっていくでしょう。

そのため、近年では多くの葬儀会社が家族葬プランを用意しています。そのうちのひとつが日比谷花壇です。

日比谷花壇では、家族や故人の思いを汲み、きめ細かいサービスを備えた20名程度までの家族葬プランを設けています。無料で事前相談にも乗ってもらえるため、安心してお任せすることができます。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP