喪主ガイド

  • 葬儀は告別式なしでも大丈夫?直葬(火葬式)のメリット・デメリット

葬儀は告別式なしでも大丈夫?直葬(火葬式)のメリット・デメリット

最近、「葬儀はいらない」という声が聞かれるようになってきました。実際に「火葬だけでよい」と思っている人は少なくありません。

しかし、いざ自分の大切な身内を亡くしてみると、本当に葬儀や告別式をやらなくてよいのか、火葬だけでは寂しくないか、周りから非難されないかなど、不安な思いも出てくることでしょう。

まずは、直葬(火葬式)がどのような葬送の形なのか、メリット・デメリットはどのようんなものかを知り、後悔のない選択をしましょう。

通夜や告別式を行わないのは可能?

お葬式は、通夜・葬儀告別式・火葬という大きな流れで行われるのが一般的です。

しかし、通夜や葬儀告別式を行わず、火葬のみを行うことも可能です。最近では直葬(火葬式)を中心に請け負う葬儀社も増え、火葬のみのお別れを選択する方も増えてきています。

直葬(火葬式)の流れ

・臨終~安置
直葬といっても、臨終後すぐに火葬するわけではありません。法律上、死亡後24時間は火葬することができませんので、まずは、火葬の時間まで遺体を安置する場所を決めなければなりません。

病院で亡くなった場合、早急に退院の手続きをする必要がありますので、葬儀社などに寝台車を依頼し、自宅または葬儀社や火葬場の安置施設に遺体を搬送します。自宅で亡くなった場合は葬儀社に連絡し、遺体の保冷措置などを行ってもらいます。

・打ち合わせ
遺体を安置できたら、火葬の日時や場所、費用や準備物について葬儀社スタッフと打ち合わせします。

・納棺
火葬場へ出発するまでに遺体を棺に納めます。通夜や告別式がないので、納棺の儀式をセレモニーとしてもよいでしょう。

・お別れ~火葬場へ出発
時間がくれば火葬場へ出発し火葬炉でお別れとなります。火葬の時間までどう過ごすか、どのようなお別れをするかは遺族の自由です。

故人の傍でゆっくりと過ごすのもよし、遺族らで簡単なセレモニーを行うのもよし、僧侶など宗教者をお招きしてお経をあげてもらうなど、さまざまな形でお別れの時を過ごします。

・火葬~拾骨
火葬を終えてお骨を拾えば、葬送の行事は終了です。火葬を待っている間、またはお骨拾いの後に、親族らで食事会を行ってもよいでしょう。

直葬(火葬式)の費用相場

直葬(火葬式)の最大のメリットは料金が安いことですが、実際にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

・葬儀社などに支払う費用
「直葬(火葬式)プラン」などでは、約10~20万円を相場とする基本料金がかかります。プランの中には、人件費、死亡届などの手続代行、遺体搬送、ドライアイス、枕飾り(線香、ろうそく、鈴などの仏具)、棺などが概ね含まれることが多いようです。

基本プランに加え、安置場所や火葬までの日数によって、安置費用、ドライアイスの追加費用が必要になることがあります。また、お供えの生花、その他オプションのサービスや品物を依頼する場合は、その分の費用もかかります。

・火葬料金
火葬場を運営する自治体により、また、利用者が市(町)民であるかどうかで火葬料金は異なりますが、無料~6万円程度で火葬することができます。東京都近郊では火葬場の多くが民営で、無料~15万円程度の火葬料金が必要です。

火葬場の安置施設や待合室を借りる場合や、火葬場で骨壷を購入する場合には、それぞれ費用がかかります。

・その他
飲食費、交通費、喪服の購入またはレンタル費などが考えられます。僧侶など宗教者をお招きする場合にはお布施が必要となります。

直葬(火葬式)にかかる総費用は20~30万円程度が相場となるでしょう。場合によってはそれ以上の費用が必要になることもありますが、家族葬や一般葬より格段に費用を抑えることができます。

直葬(火葬式)のメリット・デメリット

直葬(火葬式)のメリット

・葬儀費用が非常に安価である

・手間や労力が最小限に抑えられる

・家族やごく近しい身内で気兼ねなく見送ることができる

直葬(火葬式)は、通夜や葬儀告別式を行わないシンプルなお別れの形ですので、祭壇を設けたり式場を借りたり、参列者をもてなしたりすることもなく、費用的にも身体的・精神的にも、少ない負担でお別れすることができます。

直葬(火葬式)のデメリット

・後になって悔やむ場合がある

・親戚などから非難されることがある

・菩提寺がある場合、後でトラブルになるケースがある

・後日、自宅へ直接弔問に来られる場合がある

・後日、自宅へ香典やお供え物が送られてくる場合がある

・香典収入が減る

お葬式には、各方面に訃報を知らせる意義や、別れの儀式を行うことで残された者の気持ちを整理する意義、香典などで助け合う意義があります。

直葬(火葬式)ではこれらを一切省いてしまうので、後で訃報を知った方の対応に追われたり、ちゃんと送ってあげられたのか心残りになったり、かえって支出が増えたりすることもあります。ただ安く抑えたいからという理由で直葬(火葬式)を選択せず、親族間で十分相談してから決めましょう。

また、葬儀は宗教儀礼ですから、菩提寺など長年付き合ってこられた宗教者がある場合には、必ず事前に相談しましょう。連絡なしに直葬(火葬式)を行い、菩提寺に納骨を断られた、結局後で戒名をいただいた、というケースもありますので十分に注意してください。

告別式をやらない理由

告別式をしない一番の理由は、なんといっても葬儀費用を抑えられることにあるでしょう。

また、背景には、宗教に関する価値観の薄れ、近所付き合いの薄れ、故人の高齢化による交友関係の減少などから、葬儀の儀式や告別式自体を行う意味を感じなくなってきているという現実があります。

不安なことは事前相談で解決

高齢化、宗教離れ、近所付き合いの薄れ、不況などさまざまな要因から、告別式をしないという人は増加傾向にあります。

一方で、ちゃんと告別式をしたほうがよかったのでは、と後々悩んでしまう人もいます。ですから、何もかも不要としてしまうのではなく、告別式なしでも心のこもったお別れを実現することが重要ではないでしょうか。

日比谷花壇では、直葬(火葬式)でも、お花を手向けて祈りを捧げるお別れの時間を温かく演出したり、火葬後に食事の場を設けたりと、故人とゆっくりお別れすることが可能です。

告別式をしなくていいのか少しでも不安に思われる方は、日比谷花壇の事前相談を利用してみましょう。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP