喪主ガイド

  • 花で葬儀を飾りたい!供花の手配や予算・花の選び方&マナーを解説!

花で葬儀を飾りたい!供花の手配や予算・花の選び方&マナーを解説!

葬儀に参列したとき、祭壇の周りに個人名が添えられた花を見たことがあるのではないでしょうか。この花は「供花(きょうか)」と呼ばれ、弔意を示すために参列者から贈られたものです。

「必ず贈らなければならないの?」「予算は?」「決められているマナーはあるの?」など、今回は供花についてご紹介します。

葬式で贈る花の準備

供花を贈るには、どのようにしたらよいのでしょうか。順番に確認していきましょう。

供花の手配の仕方

葬儀会社に依頼する方法

葬儀会社では、葬儀にかかわることだけではなく、供花の手配も受け付けていることが多いです。

喪家が通夜・葬儀告別式を依頼している葬儀会社であれば喪家の宗教宗派も確認済みのため、そぐわない供花の手配をしてしまうリスクを回避できるでしょう。葬儀会社であれば、サイズ感など、どういった供花がよいのかという相談にも対応が可能です。

通夜・葬儀前の喪主・遺族はすべきことで追われています。また、不幸に際した直後のため、こうした細かな相談を直接することは遠慮したいもの。気になることは、喪家と相談・打ち合わせをしている葬儀会社に確認するとよいでしょう。

喪家の意向により、供花自体を辞退するケースもあります。勝手に用意してしまう前に、一度確認しておくのが好ましい対応です。

フラワーショップ、生花店に依頼する方法

フラワーショップや生花店で手配をすることも可能です。ただし、手配をする前に、葬儀会社側に個人的に別の店で手配をしてもよいか、してもよいのならどういったサイズでどういった雰囲気のものがよいのかなどを確認しておきましょう。

供花の選び方

スタンド花タイプの場合

供花スタンド、フラワースタンド、花スタンドなどと呼ばれる形の供花です。祭壇の左右や会場入口などに立てた状態で飾れるタイプのものとなります。一基(いっき)だけの場合や、左右に使えるよう2つ分=一対(いっつい)用意する場合があります。昔は一対が常でしたが、現代ではスペースの問題で一基にすることも増えています。

アレンジメントタイプの場合

アレンジメントタイプは、かごにアレンジされたもの。フラワーアレンジメントをイメージすればわかりやすいでしょう。花の種類や色は弔事に合わせたものになります。

供花の価格相場

供花の相場は、スタンドタイプで一基が15,000~20,000円程度です。一対の場合はこの倍額となります。アレンジメントタイプであれば10,000円以内のものも多く扱われています。

供花は決して高ければよいというわけではありません。喪家に気を遣わせないよう、生前の関係性も含め、適切な価格のものを選びましょう。

供花を贈るタイミング

供花を贈るタイミングは何に間に合わせるかによっても異なります。祭壇を彩るため、遺族一同として手配をするといった場合を含め、通夜に間に合わせる場合は通夜当日の午前中には葬儀会場に到着するように手配を行いましょう。葬儀告別式に間に合わせて手配を行う場合は、できるだけ葬儀日の前日に届くようにしましょう。

どちらの場合でも気をつけたいのは、間に合わそうとするあまり、早く届きすぎないようにすること。あまりに早いタイミングで手配ができていると、訃報を待ち望んでいたような意味合いをもってしまいます。訃報に際したあとに、上記のタイミングに間に合うように手配しましょう。

また、アレンジメントタイプの場合は、通夜・葬儀に間に合わなかった人が、遺族の自宅に贈ることも可能です。

そもそも供花とは?

供花の意味・定義

供花とは、文字通り「供える花」のこと。供物と同じ意味合いの花を指します。そのため、後日、遺族の自宅に贈る花のことも供花と呼ぶことがありますが、本来は通夜・葬儀の場にお供えする花という意味になります。

その他葬式で用いる「献花・枕花・花輪」との違い

その他、葬儀の場で使われる花には、「献花」「枕花」「花輪」といったものがあります。それぞれ意味合いが異なるため、確認しておきましょう。

献花
キリスト教式の葬儀や無宗教葬儀などの焼香を行わない葬儀では、祭壇に花を捧げます。このときに使われる花が献花です。
枕花
枕花は、臨終後、故人の枕元に飾る花のこと。通夜の前から飾るものとなり、故人と特に親しかった人が贈ります。枕花はこの後、葬儀が終わるまで故人のそばに飾られるため、スタンドではなくアレンジタイプのものとなります。
通夜の前から飾るものではありますが、供花と同様、訃報を受けてから手配をするようにしましょう。
花輪
花輪は、葬祭場の外や周囲に飾る大きな円形の花のこと。地域によって飾る風習の有無は異なります。スペースを要するものなので、手配をする前に葬儀会社への確認が特に必要なものです。

供花を贈るときのマナーは?

供花を贈るときのマナーについて確認していきましょう。

宗教・宗派によって贈る花は異なる

どういった宗教・宗派であっても、花の色合いは白や控えめな色となります。その他、宗教・宗派によって選び方が異なるため、用意をする前に確認しておくことが必要です。

近年ではアレンジにバラを加えるショップがありますが、厳密には好ましくない花とされています。相手に不快感を与えないためには避けてもらうよう依頼しておくほうがよいでしょう。

仏式の場合

仏式で使われる花は、百合・菊・カーネーション・胡蝶蘭などです。基本的に白い花を用意します。生花が基本ですが、仏教では生花を劣化しにくく加工したプリザーブドフラワーを使用することもマナー違反ではありません。場合によっては造花を使うこともあります。

アレンジメントタイプを贈ることが多いですが、葬祭場スペースによってはスタンドタイプも可能です。

神式の場合

神式は仏式と大きく変わる点はありません。白い百合や菊の花を選び、アレンジメントタイプが好まれます。特に白い菊の花は神式で好んで選ばれる品種です。

神式では本来、榊(さかき)という葉を贈ることが主流でしたが、近年は榊を用意するのは喪主で、参列者は花を供えることが多くなっています。

キリスト教式の場合

キリスト教では造花などを用いず、必ず生花を使用します。品種は百合やカーネーション、小菊やスプレー菊などです。

仏式などでは花に贈り主の名前を記した名札を添えるケースが多く見られますが、キリスト教式ではつけないのがマナーとされています。

仏式・神式と大きく異なる点は、葬儀会場になる教会ではなく、故人の自宅に贈るということ。かごに入れたアレンジメントフラワーを贈ります。キリスト教独特のアレンジメントとして、肉親からは十字架型を、親族や親しかった友人からはハート型のものを選ぶこともあります。

地域の慣例に配慮した花を選ぶ方法

花の品種や、花輪の有無など、地域によって供花のマナーもさまざまです。こうした細かなマナーやルールについては、葬儀会社に問い合わせて確認しておきましょう。

供花に添える芳名・名札の書き方

仏式や神式では花に芳名・名札を添えることが一般的です。ケース別に書き方を見みていきましょう。

会社・職場から贈る場合

会社から送る場合は名前のほか、会社名も記載します。右側に社名、そのすぐ左に名前を並べます。会社負担で贈る場合は、個人名のところには社長名を記載しましょう。

勤務先の人たちでお金を出し合って供花を贈る場合は、「○○支店○○課一同」といったように、部署名+一同と記載します。

連名で贈る場合

学生時代の友人などがお金を出し合って贈る際は、右側に「○○大学○○部」といったように関係先の場所などを記載し、その左に「友人一同」といったように記載します。別に送り状を用意し、そちらに贈り主の個人名を書いて添えましょう。

子どもや孫がみんなで贈る際は、「○○家」の左に「子供一同」「親族一同」「孫一同」といったように記載します。

参列者以外(遺族・喪主)が供花を準備するケース

基本的に供花は参列者が手配をし、供えてもらうものですが、中には供花を辞退するなどし、遺族側が準備をすることもあります。

花祭壇ができる葬儀会社に依頼する

花祭壇に対応している葬儀会社に依頼をし、すべて用意をしてもらう方法です。葬儀の手配と共に依頼できるため、イメージに合わせやすい利点があります。

予算に合わせてデザイン・供える花を決める

全体の費用を考慮すると、供花に使える予算に限りがあることも多いもの。花は種類や数によって価格が大きく異なるため、予算に応じて考えることも可能です。

供花の飾り方

スタンドタイプであれば入口や祭壇脇のスペースに、かごタイプのアレンジメントフラワーであれば、棺の近くに飾ります。葬儀会社が請け負ってくれるため、棺が寂しくならないよう、相談しながら飾りましょう。

急ぎでも安心|供花の手配は葬儀会社がよい!

供花の手配は、喪家であっても参列者であっても、葬儀会社を通じて依頼をすることが間違いもなくもっとも確実です。全体的なトーンを揃えられますし、斎場のスペースに合わせて過不足なく用意することができますよ。予算や地域性、宗教ごとのマナーなどのポイントも含め、適切な提案が受けられるでしょう。

中でも、花に詳しい葬儀会社を選んでおくと、花の種類が幅広いだけではなく、その後の扱いも安心です。フラワーショップとして営業をしている日比谷花壇では、供花の依頼に対応しているだけでなく、葬儀プランも用意しています。すべてを一括で任せることができるので、一度ご相談をしてみることをおすすめします。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP