喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

  • 火葬のみの葬儀(直葬)とは?特徴や費用相場、オススメ葬儀社を紹介

火葬のみの葬儀(直葬)とは?特徴や費用相場、オススメ葬儀社を紹介

「火葬のみの葬儀ってどのような葬儀なの・・?」
「何か宗教的に悪いことがありそう」

火葬のみのお葬式についてあまりよく知らない方は多いです。

人が亡くなったら、お通夜や告別式をすることが当たり前だと思っていませんか。実は火葬のみで執り行う葬儀もあります。

この記事では、火葬のみの葬儀である直葬について詳しく説明していきます

【火葬のみ・告別式なし】日比谷花壇の「直葬プラン」

  • ・お時間のない方向けのプラン

    ・お見積りや当日の流れに関する「事前相談無料

    ・ご逝去からご火葬まで「三日間

プランの詳細を見てみる

火葬のみの葬式(直葬)の特徴

直葬

「火葬のみの葬式」とは?
直葬または火葬式とも呼ばれ、普通の葬儀と違い「通夜」や「告別式」などの宗教儀式を行わない葬儀形態です。

最近では大規模な葬儀を行うのではなく、この直葬を選ばれる方が増えてきています。

<火葬のみの葬儀(直葬)に向いている方>

  1. 葬儀費用を抑えたい方
  2. 故人の遺志で小規模の葬儀をお望みの方
  3. 親族が高齢などの理由で準備が負担にならない葬儀を行いたい方

以下の様に葬儀業を営む事業者に向けたアンケート結果からも、直葬を選ぶ人の割合が増えていることが分かります。

増加傾向にある葬儀の種類
回答数 割合
家族葬 554 51.1 %
直葬 284 26.2%
1日葬 185 17.1%
一般葬 58 5.4%
社葬 3 0.3%
合計 1084 100%

(参考:『葬儀の取引に関する実態調査報告書』公正取引委員会)

一般的な葬儀では、臨終後、一旦自宅や安置施設にご遺体を搬送してから葬儀会社と打ち合わせをし、通夜や告別式をするという流れになります。

しかし直葬では、一旦安置施設に移ったあと、最短で24時間後に火葬場へ行き、火葬、お骨上げを行います。

直葬と聞くと、臨終後そのまま火葬場へ直行するイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、日本では死後24時間が経過するまでは火葬ができないという法律があります。

そのため実際には、直葬でも一旦安置施設に搬送する必要があり、安置する場所の確保が必要です。火葬場の予約がすぐに取れない場合は、数日間安置所を利用することになります。

次に、直葬の流れを詳しく見ていきましょう。

【火葬のみの葬式(直葬)の詳しい流れ】普通の葬儀との比較や2つの注意点

葬儀 話し合い
火葬のみ(直葬)の流れと普通の葬儀の流れを比較してみましょう。

火葬のみ(直葬)と普通の葬儀の流れを比較
葬儀の流れ 火葬のみ(直葬) 普通の葬儀
(1)臨終後、葬儀会社に連絡
(2)お迎え、安置施設か自宅に安置
(3)火葬日の決定、葬儀社との打ち合わせ
(4)訃報の連絡
(5)納棺
(6)通夜 ×
(7)告別式 ×
(8)出棺
(9)火葬
(10)収骨(お骨上げ)

普通の葬儀の場合は1日目に通夜、2日目に告別式と火葬となる流れが、火葬のみの場合は通夜と告別式が省かれる流れになります。

さらに、火葬のみの葬儀の場合は2つ注意点があります。

1つ目が、訃報の連絡をする際に「火葬のみの直葬で葬儀を行う」ということをしっかり伝えることです。

この注意点は次に説明する直葬のデメリットにも繋がるのですが、親族の理解を得る必要があるのでしっかりと連絡する必要があります。

2つ目が、火葬前に線香を立て、お坊さんにお経をあげてもらうことも可能なことです。

火葬のみの場合だと通夜も告別式もなく宗教儀式が省かれてしまいますが、火葬前にしっかりと供養してもらうことも可能です。

ここまで火葬のみの葬儀について説明してきましたが、「まだ火葬のみの葬儀のイメージがつかめない」という方もいると思います。

ですが、今回紹介したい葬儀社である「日比谷花壇」は、葬儀の実例を参考にできる機能をHPに載せてくれています。

【お葬式の雰囲気が分かる】日比谷花壇の「お客様レポート」

  • お葬式の写真と共にお葬式の内容と雰囲気が綴られている

    ・「葬儀のスタイル」「宗教」でソートできるので、気になる葬儀の形が簡単に確認できる

    「お客様の声」というページで葬儀に対する感想も参考にできる

お客様レポートを見てみる

「お客様レポート」や「お客様の声」を、ぜひ参考にしてみてください。

ここからは、火葬のみの葬儀(直葬)のメリット・デメリットについて説明していきます。

火葬のみの葬式(直葬)の3つのメリットと2つのデメリット

直葬のメリットやデメリットについて考えてみましょう。

火葬のみの葬式(直葬)のメリット

直葬のメリットは以下の通りです。

直葬の3つのメリット
  1. 費用を低く抑えられる
  2. 葬式の準備の負担が少ない
  3. 宗教儀式を行わなくてもいい

(1)費用を低く抑えられる

やはり費用面が抑えられることは大きなメリットです。

葬儀費用が抑えられるだけでなく、返礼品を準備する必要もありません。

返礼品
通夜や告別式に参加してくれた方へのお礼の品です。香典を頂いたことのお礼の香典返しなども含まれます。

返礼品を準備する必要がないことは金銭面においてもメリットの1つです。

(2)葬式の準備の負担が少ない

通夜や告別式を行わないので、その分葬儀の準備の負担が少なくなります。

通夜と告別式にいらっしゃる参列者に対しての対応を準備する必要がない事も、遺族の方々の負担を減らしてくれます。

(3)宗教儀式を行わなくてもいい

無宗教者のために宗教儀式をしたくない方や、故人の遺志で小規模な葬儀にしてほしいと言われた場合には、直葬は宗教儀式を行わない小規模な形の葬儀なので、メリットを感じられると思います。

火葬のみの葬式(直葬)のデメリット

一方、デメリットには以下のようなものがあります。

直葬の2つのデメリット
  1. 親族や知人に対して十分な周知と理解される事が必要
  2. 先祖代々のお墓がある場合、お寺への事前相談が必要

(1)先祖代々のお墓がある場合、お寺への事前相談が必要

直葬であっても、火葬の前に僧侶に来てもらってお経をあげてもらうことは可能です。

しかし、直葬でも依頼ができるのかなども含め、ふだんからお世話になっているお寺には事前に相談をしておくほうがよいでしょう。

(2)親族や知人に対して十分な周知と理解される事が必要

心情的には「通夜・告別式をしない」ことへの抵抗感がある人もいます。そのため、後々揉めることがないように、家族・親族間でしっかり話をしておくことが必要です。

直葬のみの葬儀形式に、どこか寂しさや後ろめたさを感じていたり周囲の方からの理解が得られていない場合には、後で後悔をすることがないよう一度、他の葬儀形式を検討してみることをおすすめします。

参列者の対応に追われず費用も抑えながら、しっかりと葬儀を執り行える家族葬や一日葬も選択肢にいれ再度検討してみてはいかがでしょうか。

▼家族葬や一日葬についての詳しい情報は、以下の記事を参考にしてください。
家族葬について詳しく知りたい
一日葬について詳しく知りたい

【火葬のみの葬式(直葬)の費用相場】費用の内訳やオススメの見積もり方法

葬儀の費用に悩む女性
直葬の費用の相場は、20~30万円程度です。10万円以下で執り行えると謳っている葬儀会社もありますが、極端に料金が安すぎる会社には注意が必要です。葬儀会社を選ぶときには次のようなことに気をつけましょう。

直葬の費用の内訳
  • 直葬の基本セット
  • ・運営スタッフ
    ・ドライアイス
    ・寝台車、霊柩車
    ・枕飾り
    ・役所手続き
    ・旅支度

  • お別れ花
  • 遺影写真
  • メイクアップ
  • 火葬場利用料金
  • 骨壷料金

日比谷花壇で直葬の見積もりをする場合は、「住まい(都道府県)」と「住まい(市区町村)」を入力するだけで簡単にお見積もりを出せます。

火葬のみ(直葬)の費用について詳しく知りたい方はこちら

【日比谷花壇の無料で簡単見積もり】

  • 1分で項目入力が完了するほど簡単

    ・葬儀費用全体の見積もりが取れるので費用の内訳がわかる

    ・見積もり内容を変更して予算に合わせたプランを作れる

試しに見積もりをしてみる

まとめ|火葬のみの葬儀について悩んだら葬儀社へ事前相談が◎

火葬のみの葬儀に手向けるおくりばな
これまで火葬のみの葬儀である直葬についてお話してきました。内容をおさらいしましょう。

  • 火葬のみの葬儀では、通夜や告別式は行わない。
  • 火葬のみの葬儀を選ぶ方は、増加傾向にある。
  • 火葬のみの葬儀の費用相場は、約20万~30万である。
  • 火葬のみの葬儀形式には、メリットが多いがデメリットもあるのであらかじめ理解しておく。
  • 葬儀形式について悩んだら、一度他の葬儀についても検討してみるのが良い。

現代では、「特定の宗教色をまとった儀式をしたくない」と考える人や、「自身の葬儀は大それたものでなくてよい」と考える人も多くなっています。

最もシンプルな火葬のみの葬式形式は、葬儀会社でも専用のプランを用意しているところが増えてきていますので、各葬儀社のプランを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの葬儀社である日比谷花壇でも、直葬のプランを選ぶことが可能です。人気のフラワーショップでもある日比谷花壇では、綺麗なおくりばなを棺に手向け、故人を華やか送ることができます。

日比谷花壇の公式サイトには

・具体的なプラン内容と費用
・利用者の方の声
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】

などお客様にとって有益な情報がたくさんあります。もっと詳しい情報を知りたい方はこちらの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

日比谷花壇の公式サイトでもっと情報を集めたいという方はこちら
詳細を見てみる
【無料】日比谷花壇の資料請求をしたい方はこちら

  • 花祭壇、返礼品、料理、費用について詳しく記載されたパンフレットがもらえる
  • 電話による無理な案内はきません(希望した場合)
  • 相談、要望があればフォームに記載できる

資料請求してみる

TOP