喪主ガイド

  • 火葬のみの葬儀がある!直葬の葬儀の流れや特徴をご紹介!

火葬のみの葬儀がある!直葬の葬儀の流れや特徴をご紹介!

人が亡くなったら、通夜や葬儀・告別式をすることが当たり前だと思ってはいませんか? 実は、葬式は火葬のみで執り行うこともできるのです。

火葬のみであったとしても、故人をないがしろにしているわけではありません。火葬前にお経をあげてもらうこともでき、きちんとした葬送のひとつの方法です。

近年、終活を行って自身の葬儀を決めておく人の中にも選ぶ人が出てきている火葬のみのお葬式。詳しく見ていきましょう。

火葬のみの葬式は直葬のこと。その直葬とは?

通夜や葬儀・告別式を行わず、火葬のみの葬式のことを、「直葬」「火葬式」と呼びます。

一般的な葬儀では、臨終後、一旦自宅や安置施設にご遺体を搬送してから葬儀会社と打ち合わせをし、通夜、葬儀・告別式をするという流れになります。

しかし、直葬では一旦安置施設に移ったあと、最短で24時間後に火葬場へ行き、火葬、お骨上げを行う流れです。

直葬と聞くと、臨終後そのまま火葬場へ直行するイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、日本では死後24時間が経過するまでは火葬ができないという法律があります。そのため、実際には直葬でも一旦安置施設に搬送する必要があり、安置する場所の確保が必要です。

火葬場の予約がすぐに取れない場合は、数日間安置所を利用することになります。

火葬のみの葬式(直葬)の費用相場

直葬の費用の相場は、20~30万円程度です。10万円以下で執り行えると謳っている葬儀会社もありますが、極端に料金が安すぎる会社には注意が必要です。葬儀会社を選ぶときには次のようなことに気をつけましょう。

・見積もりをあげてもらい、内訳を確認する
・わからないことをどんどん質問し、対応の誠実さを確認する
・火葬場がすぐに利用できないときの安置施設・霊安室の整備状態を確認する

事前にクチコミを確認しておくこともおすすめです。

火葬のみの葬式(直葬)のメリット・デメリット

直葬のメリットやデメリットについて考えてみましょう。

火葬のみの葬式(直葬)のメリット

直葬のメリットは以下の通りです。

  • 身寄りの少ない人でも行える
  • 宗教色を拭うことができる
  • シンプル、ミニマルに執り行うことができる
  • 一般参列者をもてなす気苦労がいらない
  • 費用を低く抑えられる

やはり費用面が抑えられることは大きなメリットです。その他にも、無宗教者のため、宗教儀式をしたくないといった人や、参列者が多くない身寄りのない人にとっても、直葬はメリットを感じられるスタイルといえるでしょう。

火葬のみの葬式(直葬)のデメリット

一方、デメリットには以下のようなものがあります。

  • 心情的に「通夜・告別式をしない」ことへの抵抗感がある人もいる
  • 先祖代々のお墓がある場合、お寺への事前相談が必要

直葬であっても、火葬の前に僧侶に来てもらってお経をあげてもらうことは可能です。しかし、直葬でも依頼ができるのかなども含め、ふだんからお世話になっているお寺には事前に相談をしておくほうがよいでしょう。

直葬だけではなく、家族葬などの現代的な葬儀のスタイルは、まだまだマイナーです。受け入れられない人も中にはいるでしょう。そのため、後々揉めることがないように、家族・親族間でしっかり話をしておくことが必要です。

自身の葬儀を直葬にしたいのなら、遺書やエンディングノートにしっかりと意思を書き留めておき、家族にも話しておきましょう。残される家族が後ろめたい思いで直葬を選ぶことがないようにしたいですね。

火葬のみの葬式(直葬)の詳しい流れ

直葬を行う際の流れについて、あらためて確認しておきましょう。

臨終後、葬儀会社に連絡

お迎え、安置施設、自宅に安置

火葬日の決定、葬儀社との打ち合わせ

訃報の連絡 ※「火葬のみの“直葬”だ」ということをしっかり伝えましょう!

納棺

出棺 ※安置施設が火葬場でない場合

火葬 ※火葬前に焼香し、お経をあげてもらうことも可能

収骨(お骨上げ)

大掛かりな葬式はいらない方は火葬のみの葬式が◎

現代では、特定の宗教色をまとった儀式をしたくないと考える人や、自身の葬儀は大それたものでなくてよいと考える人が多くなっています。昔ほど通夜や葬儀に重きを置かなくなった人が増えているのでしょう。

もっともシンプルな“火葬のみ”の葬式形式は、火葬式・直葬と呼ばれ、葬儀会社でも専用のプランを用意しているところが多くなってきています。シンプルな最後を選びたい人が増加していることの表れであるとも考えられますよね。

また、近年「終活」という言葉が生まれたことからもわかるとおり、自分自身の死について考え、生前にみずから準備をしておく人も増えています。終活の中には自身の葬儀やお墓について決めておくというものもあり、自分の希望を葬儀にも反映しやすくなりました。

「お金と手間をかけた大きな通夜・葬儀はわたしにはいらない」という方は、生前に直葬を選んでおくとよいでしょう。なお、その際は遺書やエンディングノートに意思を書き残しておくことをおすすめします。

日比谷花壇では、直葬に関する疑問や相談に丁寧に対応しています。事前相談も受け付けているので、終活をしている人も、家族とのお別れの仕方に悩んでいる人も、一度お気軽に相談してみてくださいね。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP