喪主ガイド

  • 家族葬の料金は安い?葬儀にかかる費用や葬儀会社の選び方を解説!

家族葬の料金は安い?葬儀にかかる費用や葬儀会社の選び方を解説!

近年、葬儀のスタイルが増え、それぞれの価値観に合わせたものを選ぶようになってきています。「家族葬」もそのうちのひとつ。

会社関係・近隣住民などといった一般会葬者を呼ばず、限られた人数で葬儀をしたいという人向けの葬儀です。

今回は、家族葬の費用や流れについてご紹介します。

家族葬と一般葬の料金を比較

家族葬と一般葬では、料金にどの程度の差が出るのでしょうか。

葬儀費用の全国平均

一般葬の全国平均は、日本消費者協会が行った調査「葬儀についてのアンケート」報告書(2017年)の結果、195.7万円でした。これは、葬儀そのものの費用・寺院に対する費用・飲食接待費を含む金額となります。

家族葬と一般葬の料金比較

家族葬と一般葬で支払う金額のうち、一般葬よりも低く抑えられるものは以下の項目です。

 

  • 返礼品代(香典を辞退することも)
  • 葬祭場使用料(一般葬よりも小規模な部屋になることが多い)
  • 飲食接待費

 

人数が少ない分、出費が抑えられるということですね。

家族葬の料金の相場

家族葬の葬儀自体にかかる費用は40~60万円程度です。ここに、寺院側に支払う費用・飲食接待費・返礼品代といった費用が上乗せされます。

葬儀費用の内訳

葬儀代は以下の3種類の費用から成り立っています。

  • 葬儀自体の費用(主に葬儀社に支払う)
  • 寺院への費用(寺院に支払う)
  • 飲食接待費(葬儀社オプションや店に直接支払う)

葬儀代を検討するときに注意しておきたいのが、葬儀自体の費用です。各社プランを用意していますが、プランに含まれる項目には違いがあることも。

追加料金が発生しないようになっているかどうか、内訳を見て確認しておくことが必要です。

葬儀費用を安くする方法

葬儀費用の負担を少しでも軽くするためにできることをご紹介します。

国民健康保険の補助申請が可能

国民健康保険に加入していた場合、「葬祭費給付金制度」の利用が可能です。故人が国保に入っていた場合、喪主に費用が給付されます。

申請期限は2年間。市区町村区役所の保健年金課に問い合わせましょう。金額は自治体により異なります。

社会保険でも補助に申請が可能

社会保険でも、国保同様の制度が設けられています。埋葬費として5万円が一律で支給されるほか、加入している健康保険組合によっては独自の補助金制度を設けているところもあるため、確認してみましょう。

こちらも期限は2年間。申請場所は勤務先や加入している保険の社会保険事務所です。

参列者の数を少なくする

人数によって出費が減る項目があるため、参列者の人数をしぼることでも葬儀費用を抑えることが可能です。

葬儀社選びのポイント

参列者が少なかったり葬儀場が小規模であったりすると、どことなく寂しい雰囲気になってしまうのではないかという懸念をもたれる方もいるかもしれません。

家族葬のような小規模の葬儀でも明るく華やかな雰囲気にするためには、祭壇を花祭壇にするなど、雰囲気作りが大切。小規模葬に慣れている葬儀社を選びましょう。

祭壇を明るく彩ることに長けている葬儀社のひとつが、フラワーショップでもある日比谷花壇です。家族葬プランも設けている同社では、式場を彩るオプションや花祭壇など、さまざまな対応が可能。

また、通夜を行わない一日葬や自宅葬、葬儀を行わない直葬といったプランも用意しているため、希望や予算に応じて適したものを選べますよ。

【関連記事】
家族葬の通夜は参列すべき?通夜に行かない理由とマナーについて解説

家族葬の流れ

家族葬といっても、一般的には通常の葬儀と流れは大差がありません。おおまかには、以下のような流れで進行していきます。

臨終

搬送

安置・枕飾り

通夜

葬儀・告別式

出棺

火葬

収骨・お骨上げ

精進落とし(会食)

家族葬の参列者

「家族」葬といえども、参列者は家族だけにしなければならないわけではありません。故人と特に親しかった友人などに参列してもらうこともありますよ。

家族葬に呼ぶ参列者(何親等まで)

故人や遺族がどうかかわってきたかによっても変わるため、何親等までの親戚を呼ぶのかという決まりが厳格に設けられているわけではありません。

しかし、一般的には直系家族のほか、2親等までの親族に参列をしてもらうことが多いようです。

  • 両親
  • 兄弟姉妹
  • 故人とともに住んでいた人
  • 故人の子どもとその家族
  • 故人の配偶者とその両親、兄弟姉妹

などの遺族・参列者を合わせて、20~30人程度の人数で行うことが多いようです。

家族葬では香典は辞退(人数によって判断)

現在では一般葬でも香典を辞退するケースがありますが、家族葬ではむしろ辞退することのほう方が一般的です。とはいえ、辞退しなければならないわけではありません。参列者の人数など、ケースに応じて方針を決めましょう。

家族葬は一般葬よりも料金は安い

一般的に、家族葬は一般葬よりも費用を安く抑えられます。しかし、プランの選び方によっては価格の安い一般葬と同等かそれ以上になってしまうこともあるため、葬儀会社にきちんと相談をしておくことが必要です。

先ほど「小規模な葬儀会場・祭壇でも華やかに彩れる」というところで日比谷花壇をご紹介しました。日比谷花壇では、家族葬向けのプランを多く用意しているほか、事前相談にも無料で対応しているため、気軽に相談をしてみることができます。

厳格にルールが設けられているわけではないからこそ、やり方によって予算や方法が異なる家族葬。プロの意見も取り入れつつ、後悔のない葬儀をとり行いたいものです。

日比谷花壇の公式サイト

TOP