喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

葬式をしないのはアリ?火葬のみの直葬で行う方法と費用を解説!

弔いのかたちは一つではありません。大規模な葬儀をしてお見送りをしたいと考える人もいれば小ぢんまりとした葬儀で見送りたいと考える人もいます。また、葬儀自体を行いたくないと考える人もいるでしょう。

今回は、特に最後の「葬儀を行いたくない」という考えに焦点をあててお話をしていきます。葬儀をしないことは可能なのでしょうか。そして、その場合でも最低限やらなければならないことはあるのでしょうか。

そもそも葬式は必要なのか?

○印と×印
一般的な葬式は、通夜・告別式・火葬によって成り立っています。

ただ現在は、あえて葬式を行わないでお見送りをするというかたちをとる人もいます。そしてこれも、決して非難されるべきことではありません。

葬式は、亡くなった人を悼んでお見送りしてお別れを告げるための儀式であるのと同時に、大切な人を失って遺されたご家族などが心に整理をつけていくための過程でもあります。

言い換えれば、故人が納得し(あるいは故人が希望し)、ご遺族が気持ちの整理の手段としての葬式は必要ないと考えれば、葬式は行わなくても構わないのです。

葬式をしないことのメリット

葬式を行わないことには、数多くのメリットがあります。

まずもっとも大きいメリットとして、「金銭的な負担を大きく軽減できること」が挙げられます。葬式にかかる費用は、統計によって多少の違いはありますが200万円程度です。それを大きくカットできます。

また、葬式にはたくさんの打ち合わせや準備が必要です。葬式の規模を決めたり、返礼品を用意したり、飲食物を手配したり……と、さまざまな「決めなければならないこと」が出てきます。

現在は葬儀会社を間に入れることが一般的ですが、まず打ち合わせにかなりの時間がかかります。また、参列してくれる方々への対応も求められます。「葬式をしない」という決断を下せば、これらの時間的負担がほとんどなくなります。

特段の事情がない限り、頂いた不祝儀に対しては、香典返し(厳密には「香典」は仏教用語ですが、仏教ではない宗教のときでも広く使われる言い回しです)を用意する必要があります。即日返しの場合は葬儀会社が一括で手配してくれますが、多額の不祝儀を頂いた場合は、後日改めてお返ししなければなりません。

葬式を行わず、かつ不祝儀も頂かないということであれば、香典返しを用意する金銭的負担も時間的負担も必要ありません。

葬式をしないことのデメリット

ただ、葬式を行わないことにはデメリットもあります。

ご遺族が納得していればよいのですが、「やっぱり葬式をきちんと挙げておけばよかった「きちんとお別れの場を設ければよかった」と後になって悔やむことになる可能性はあります。

また、ご遺族が納得していたとしても、ご親族などから「どうしてやってくれなかった」「最後のお別れくらいきちんとさせてほしかった」として反感を買う恐れもあります。

これを避けるためには事前説明が必要不可欠ですが、この段階ですでにもめてしまう可能性も十分に考えられます。火葬式や家族葬であっても不満が出ることもあるわけですから、「葬式をしない」という判断をした場合はそれよりももっと苛烈な反対に合う可能性が高くなります。

また、葬式をしないということになれば、安置場所の選択肢は非常に少なくなります。自宅などでご遺体を安置することになる可能性が高いと思われますが、安置場所の確保もしっかりしておかなければなりません。

葬式をしない場合でもしなければいけないこと

死亡届
日本は、特段の事情がある場合を除き(航海中の船舶で人が亡くなったなど)、ご遺体は火葬に付す必要があります。これは葬式を行わない場合でも同じです。

まずは市町村の役所に死亡届を出し、火葬・埋葬許可書を受け取ります。その後でご遺体を火葬にする手続きを行います。

現在は、病院で亡くなる方が大半です。病院で亡くなった場合、故人を自宅にお連れしなければなりません。法律上、火葬が行えるのは死後24時間が経ってからですから、それまでは自宅で安置し、その後で火葬場に運ぶ必要があります。
また、火葬の際には、棺や骨壺が必要です。

この手続きは、慣れていない人が自分たちだけで行うのは極めて難しいといえます。故人をお連れするための車(寝台車・霊柩車)もないからです。このため、葬式をしない場合でも、なんらかのかたちで葬儀会社の手を借りるのが一般的です。

葬式をしない人の割合とその理由

円グラフと棒グラフ

葬式をしない人はどのくらいの割合いるのか?

葬式をしない場合でも葬儀会社の手を借りることも多いためか、統計をとるときは、「葬式を行わない人」でとられるよりも、「直葬(後述します)を行う人」の割合でとられます。

この割合はデータによって違いがみられますが、エンディングデータバンクが2017年にまとめたところでは、20.6%という数字だということです。ただ、地方差も大きく、地方によっては「葬儀会社に勤めているが、ほとんど見たことがない」というケースもあります。

出典:エンディングデータバンク「葬儀スタイル(規模)の割合」

葬式をしない理由にはどんなものがあるのか?

葬式をしないご家庭の理由は、実にさまざまです。「経済的な理由」というような「葬式を行わないことのメリット」と直結しているものもあれば、故人の強い要望からであるというケースも見られます。

生前から、「母親が死んだとき、菩提寺の住職にとても嫌なことを言われた。自分はもうそれ以来、菩提寺とも縁を切っているし、僧侶自体に対して嫌悪感がある。無宗教の葬儀にしてほしいし、家族にお金を残したいので葬式はしてくれるな」と強い希望を出すケースも実際にありました。

また、そもそも天涯孤独の生き方をしており、ほとんど親族との関わりがなかった人が亡くなった場合も、このようなかたちで見送られることもあります。「喪主」とはいっても、「長く会っていない叔父であり、本人の周りの交友関係すら全く知らない」などの場合は、葬式をしないもしくは非常に簡素な直葬というかたちが選ばれやすいでしょう。

葬式を行わない場合にはどんな方法があるのか?

葬儀のことについて疑問がある女性
さまざまな理由で「葬式をしない」と決めた場合は、一日葬や直葬などを選択することもできます。特に直葬の場合は非常に簡素なかたちになるため、時間的・心理的・経済的負担を大幅に軽減できます。

「一般的な葬儀」とはかたちが違うため不安に思う人もいるかもしれませんが、葬儀のかたちが多様化していること、小規模の葬儀を希望する人が増えてきたことから、一日葬や直葬を扱う業者が大半であるため、葬儀会社選びに困ることもありません。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

葬式をしない「直葬」という方法がある

直葬は、「火葬式」とも呼ばれるものです。通夜や告別式を行わず、火葬だけを行うプランです。

宗教者を読んでお経(やお祈り)をしてもらうケースもありますが、一般的に「直葬」というと「宗教的儀式を含まないもの」と解釈されることが多いといえます。また、繰り上げ初七日法要や繰り上げ精進落としなども行われないケースが大半です(ご遺族で、後で場所を移して食事を行うことはあります)。

もっとも簡素なお見送りのかたちであり、20万円以下で行える葬儀会社もあります。

通夜だけを行わない一日葬という方法もある

一日葬とは、通夜を行わないで告別式だけを行う方法をいいます。

宗教者を呼ぶことも多く、家族葬を簡潔にしたかたちに近いといえます。ただし、一日葬の場合は、一般の参列者を受け入れるやり方をとる場合もあります。

簡素なかたちではありますが、一般的にイメージされる「告別式」のかたちをとるため、葬式をまったくしないあるいは直葬を選択する場合よりも、ご親族等から反感を抱かれにくい、ご近所の方や故人の親しくしていた人たちもお別れの機会を得られるのがメリットです。ただし、その分費用もかかります。

直葬とはどのようなものか?

納棺をする参列者

直葬とは火葬のみを行う方法

直葬は、火葬のみを行うプランです。このため、一般的な葬儀にある「通夜」「告別式」は省略します。

具体的にいうと、以下の手順でお見送りが進みます。

直葬の流れ
  1. ご逝去
  2. 病院に葬儀会社のスタッフが向かう
  3. 故人を自宅もしくは安置場所(葬儀会社の安置施設など)にお連れする
  4. 納棺
  5. 出棺
  6. 火葬場での火葬
  7. 収骨

ご遺族が行うのは葬儀会社への連絡と、簡単な打ち合わせのみです。香典返しの手配はありません。特別の事情がない限り、直葬では参列者も極めて限られるので、訃報を町内などに向けて発することもありません。

収骨の後は法要を行うケースもないわけではありませんが、省略されるケースが多いといえます。

直葬のメリット・デメリット

直葬は、費用を抑えて行うことのできるお見送りのかたちです。また、簡素な式を望む人の心にも添うものだといえるでしょう。ご遺族だけで送ることが基本となるため、参列者の対応に心を砕く必要もありません。

ただ、ご親族や友人からの不満(特に呼ばれなかった人)が寄せられることも多いものです。また、無宗教での直葬を希望した場合、埋葬場所として菩提寺を選択することが難しくなることもあります。

このあたりのことを踏まえて、直葬を選ぶかどうかを考えるべきです。

直葬の費用相場

費用が気になる女性
直葬の相場については、20万円~30万円程度が相場です。ただ、ケースによっては20万円以下に抑えられることもあります。

「どこからどこまでをプランに含むか」は葬儀会社によって異なります。
ただ、基本料金には、「病院→安置場所・安置場所→火葬場への料金」「ドライアイス」「火葬料金」「人件費」「手続き代行費用」「棺」「骨壺」「枕飾り」が含まれるのが一般的です。事前にしっかりと確認をしましょう。

試しにいくらくらいかかるのか見積もりを出してみたい方は、日比谷花壇の「簡単見積もり」を利用してみましょう。他の葬儀会社でよくみられる見積もりをした後の勧誘は一切ございませんので、ご安心下さい。
試しに見積もりしてみる

簡単見積りの3つのメリット
1分で項目入力が完了する
・見積もり費用の内訳がわかる
・見積もり内容を変更して、予算に合わせたプランを作れる

直葬の費用について詳しくは、直葬の費用相場と内訳について調査|実際に直葬はいくらくらいかかるのか?をご覧ください。

直葬なら日比谷花壇がおすすめ!

通夜・告別式なしでも可能!日比谷花壇の直葬プラン

  • 通夜、告別式なしを行わないプラン

    ・日比谷花壇なら6つの直葬プランから選べる

    ・【葬儀の費用がわかる】簡単見積もりサービスあり

料金の詳細を見てみる

まとめ|葬儀をしたくないなら直葬を行う

何もしてくれるな」というのが故人の気持ちであるのなら、それを優先するべきですし、「葬式をしないで故人を見送る」というかたちも決して否定されるべきものではありません。お見送りのかたちが細分化していっている今、故人とそしてご遺族が納得されるのであれば、それが一番良いお見送りのかたちであるからです。

ただ、「周りの人の反感を抑えたい」「費用の面では少し心配があるが、かたちだけでも整えたい」と考えるのであれば、直葬や一日葬という選択肢をとってもよいでしょう。

TOP