喪主ガイド

葬儀の準備に必要なことまとめ!慌てないためにやること一覧

もし突然葬儀を執り行わなければいけない状態になったらどうすればよいのだろう…

そう考えている方は多いものです。以前であれば、地域の世話役がいて、取り仕切ってくれるようなこともありましたが、地縁の薄くなった今日では、そのようなことは少なくなってしまいました。

いざというときに慌てないように、心の準備をしておくことはとても大切なことです。今回は、葬儀を慌てずにとり行うにはどのような手順を踏めばよいのか、順を追って説明していきます。

お葬式の流れ

ご臨終から通夜までは次のような流れになります。

臨終から葬儀終了までの流れ

臨終から葬儀終了までは、喪主がもっとも気を使うところです。臨終のときを迎えたら、その後どのような流れになっていくのでしょうか。

まず、病院でご家族がご臨終を迎えます。医師により、死亡確認がされた後、葬儀社に連絡をすると、葬儀社の担当者は直ちにご遺体をお迎えに上がります。

ご遺体は火葬するまでの間、自宅にお連れするか、あるいは葬儀社その他の安置施設に預かってもらうことになります。

安置施設に預かってもらう場合は、火葬の日取りに合わせたタイミングで通夜会場に搬送されます。自宅にお連れした場合は、安置し、僧侶に枕経を上げていただきます。

枕経は本来亡くなってすぐに上げるのですが、病院で亡くなる方が多くなり、納棺や通夜の前に上げることが多くなりました。

枕経が終わったら納棺です。仏式では死に装束を着せますが、故人の好きな服を着せてもよいでしょう。棺に納めたら、蓋を閉めて祭壇に安置します。

通夜の流れ

通夜は、今日ではほとんどが18時か19時に始まる半通夜となりました。遺族は葬儀社や僧侶との打ち合わせのため、1時間ほど前に式場に着くようにします。

僧侶は式の30分ほど前に到着するので、祭壇の飾りつけを確認していただくとともに、通夜ふるまいに出席していただけるかどうかをうかがいます。もし辞退された場合は御膳料とお車代をお渡しします。

・葬儀社の担当者が行う司会に従って通夜が始まります。会葬者がそろったら僧侶の読経が始まります。
・僧侶の指示により喪主から焼香を始めます。
・通夜ふるまいになります。通夜の時間は通夜ふるまいを含めて2~3時間程度です。

葬儀告別式の流れ

葬儀告別式は宗教宗派によって異なりますが、一例として次のような流れになります。

・喪主、遺族および親族は定刻の10分ほど前に着席します。次に一般会葬者が続きます。会葬者が着席し終わると、僧侶の入場です。
・司会者が、葬儀始まりの宣言をしたのち、僧侶の読経が始まります。読経は40〜50分程度です。
・読経終了後、司会者が弔電を3通ほど読み上げます。それ以上ある場合は氏名だけ読み上げます。
・焼香。僧侶に続いて故人と縁の深い順に行います。
・参列者が焼香し終わると喪主、遺族は起立し、司会者は葬儀が終わったことを宣言。僧侶はいったん退場し、告別式へと続きます。

告別式の流れ

・僧侶が着席した後、会葬者の焼香が始まります。遺族は焼香し終えた会葬者に向かって黙礼します。
・会葬者が焼香をし終わると、僧侶は退場します。
・喪主挨拶をします。
この後、司会者が告別式終了の辞を述べ、出棺となります。

死亡から葬儀準備までの遺族の具体的な動き

現在では病院でお亡くなりになることが大半です。病院から危篤の知らせを受けたら、すぐに病院に向かいます。

喪主はどのように決めるのか

喪主は故人ともっとも縁の深い遺族がつとめます。しかし、喪主となるべき遺族が高齢であったり、あるいは子どもであったりした場合は、世話役を立て、喪主の仕事を行います。

ご遺体の搬送はどのように行われるのか

ご遺体は葬儀社によって、病院の霊安室から葬儀社の用意したストレッチャーに移動され、自宅や安置所など、安置すべき場所に向かいます。ラストメイクなどの処置のため、ひとまず葬儀社に搬送されることもあります。

病院で行うこと、役場で行うこと

病院では、医師に死因を説明してもらい、病院の会計や部屋の片づけを行います。死亡診断書は、葬儀社が請求し、遺族に渡されることが多いようです。

役所の手続きですが、死亡届や埋葬許可証など、亡くなってすぐに必要なものは葬儀社が代行してくれます。遺族がするのは、葬儀終了後に行う健康保険離脱手続きや、葬祭費受給の請求その他の手続きとなります。

住職への枕経の依頼の仕方

檀那寺がある場合は、なるべく早く、臨終直後に連絡します。

通夜と葬儀日程の打ち合わせで確認すること(費用面・葬儀内容)

通夜と葬儀の日程は、宗教者の都合を最優先します。次に遺族の都合と火葬場の状況です。特に都市部においては火葬場が大変混雑している現状がありますので、できるだけ早く日取りを決めましょう。

通常の式、家族葬、一日葬など、どのような葬儀を希望しているのかを伝えます。見積もりは必ず取りましょう。追加費用の有無も確認します。

訃報連絡はどのように行うのか

親族には亡くなったらすぐに連絡します。故人や遺族の関係者には葬儀の日程が決まったら、関係の深い順に知らせます。

電話連絡が基本ですが、FAXやメールを使ってもよいでしょう。人数が多い場合は、代表者2、3人にお願いして、その方に連絡してもらうようにしましょう。

精進料理の内容、菓子、飲み物の用意はどうすればよい?

精進料理は肉や魚を使わない、野菜や海藻を材料とした料理です。かつて葬儀において会葬者にふるまわれるのは精進料理でしたが、今日ではそうとも限らなくなりました。

人数が確定しない通夜ふるまいには、人数調整が利く握りずしやオードブル盛り合わせが多く用いられます。料理は基本的に葬儀社を通じて注文しますが、菓子や飲み物は葬儀会場で販売しています。

葬儀の形式を決める(一般葬、家族葬、直葬、一日葬)

故人の意向により、葬儀の形を決めます。故人が意向を示さなかった場合は、遺族が故人らしい葬儀を選びます。通常の葬儀の他、遺族の負担を考えて、家族葬や一日葬、直葬という選択もあります。

葬儀社の選び方

心当たりがない場合は病院で紹介してくれますが、よい葬儀にするためには、事前に葬儀社を決めておくことが大変重要です。

今までまったくお付き合いのない葬儀社では、希望通りの葬儀ができないかもしれませんし、料金の心配もあります。

よい葬儀社を選ぶには、事前にインターネットなどで調べていくつかの葬儀社に資料を請求し、事前相談をすることです。その中から、一番自分に合っていると思われる葬儀社をあらかじめ選んでおきましょう。

通夜の流れ&準備のポイント

通夜は18時、あるいは19時頃から始まります。司会は葬儀社の担当者がするので、それに従って行います。通夜には何人くらいの参列者が参集するのかをもとに通夜ふるまいの料理を決めます。人数が多少合わなくても、対応のできる料理を選びましょう。

葬儀の流れ&準備のポイント

葬儀告別式においても司会者によって葬儀が進められます。葬儀と告別式は本来別の儀式ですが、今日では同じ流れでとり行うことが多くなりました。

喪主がすべてを行うのではなく、他の親族に任せられるものは任せましょう。喪主挨拶も自信がなければ、あらかじめ他の親族に代わっていただいて構いません。

無料事前相談ができる日比谷花壇

日比谷花壇では、随時無料相談を受け付けています。葬儀のことでわからないことがあったら、相談してみてはいかがでしょうか。

日比谷花壇で事前に相談できる内容

お客様の希望をよくうかがったうえで、どのような葬儀が適しているか、ベテランのスタッフがアドバイスしてくれます。

日比谷花壇はお花の専門店でもありますので、花祭壇やフラワーアレンジメントも用意されています。もちろん葬儀全体の詳しい見積もりを出してもらうことも可能です。

また、葬儀のことだけでなく、お墓や宗教者の手配についても、幅広く相談に応じていただけますよ。

日比谷花壇に事前相談する人の特徴

日比谷花壇に事前相談する方は、家族に心配な方がいて早急に決めておきたい方から、今すぐ必要ではないが将来の勉強として知っておきたい方までさまざまです。

その他、ご自身の終活の一環として葬儀を決めておきたい方、高齢な両親に代わって葬儀のことを知っておきたい方、葬儀のことを兄弟で相談しておきたいなどの理由で事前相談にいらっしゃるようです。

まとめ

ご家族がご臨終ということになったら、すぐに葬儀社に連絡をしましょう。葬儀は葬儀社と打ち合わせをして決めます。

喪主は、故人ともっとも関係の深い方がなり、葬儀社との打ち合わせや喪主挨拶をしますが、すべてを取り仕切るのではなく、任せられるものは他の親族に任せて構いません。

一般の人が、葬儀に慣れていないのは当然のことです。そこで葬儀のプロである葬儀社が、そのお手伝いをするのです。ですから、事前相談で良心的な葬儀社をあらかじめ選んでおくことは非常に重要といえます。

日比谷花壇の公式サイト

TOP