喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

葬儀と告別式の違いは何?式の日程や流れ・時間について徹底解説!

お葬式は一般的に「通夜」と「葬儀」の2日間の日程で行われますが、2日目のセレモニーを、「葬儀」と呼んだり、「告別式」と呼んだり、あるいは「葬儀・告別式」と呼んだりと
さまざまで、これといった呼び名が決まっていないのが現状です。

「葬儀」と「告別式」には、そもそもどんな違いがあるのでしょうか?

この記事では、葬儀と告別式の違い、そしてそれらが何を行うためのセレモニーで、どのような流れで執り行われるのかをご説明いたします。

葬儀と告別式・通夜の違い

花祭壇

葬儀と告別式の本来の意味は違う

葬儀と告別式は一体、何が違うのでしょうか?

葬儀と告別式は、本来は意味合いの異なるセレモニーです。

葬儀は、僧侶や宮司や神父など、宗教者が中心となって故人様を送り出すために行われる宗教儀式です。一方告別式とは、親族や参列者が故人様と最後のお別れをするための時間です。

2日目に行われる葬儀の呼称は、「葬儀」「告別式」「葬儀・告別式」などと葬儀会社によってさまざまです。

いずれにせよ最もポピュラーな流れは、まずは宗教者による葬儀をし、引き続き告別式を行うというものです。

通夜は身近な人と故人を偲ぶ儀式

通夜は、葬儀の前日、夕刻に執り行われる儀式のことです。

本来の通夜とは、現在の通夜式のようなセレモニーを指すのではなく、言葉の通り、夜通しで故人様に付き添うことを意味しました。故人様が亡くなって葬儀が執り行われるまで、家族や親族はご遺体に寄り添い、昼夜問わずお線香が絶えないように番をしたのです。

現代のような通夜式がないかわりに、弔問客はおのおののタイミングで故人様を偲びに訪れ、そのつど家族たちが迎え入れました。

しかし最近の通夜は、通夜式という形で時間を定めて執り行い、日中の葬儀・告別式に参列できない友人や知人の弔問の場という意味合いが強まっています。

葬儀・告別式の流れとスケジュール

壁掛け時計

葬儀・告別式の流れ

葬儀・告別式はどのような流れで行われるのでしょうか。

ここでは、僧侶による葬儀とその後の告別式という、最もポピュラーな形式の流れをご紹介いたします。

〈葬儀〉
  1. 導師入場・葬儀開式
  2. 読経
  3. 弔辞
  4. 弔電拝読
  5. 導師焼香
  6. 喪主焼香
  7. 親族焼香
  8. 参列者焼香
  9. 導師退場・葬儀閉式

※告別式準備のため、親族や参列者はいったん式場の外に出ます。
※弔辞と弔電のタイミングは異なることがあります。

〈告別式〉
  1. 告別式開式
  2. 親族によるお花入れ
  3. 参列者によるお花入れ
  4. 棺の蓋を閉じる
  5. 喪主挨拶
  6. 告別式閉式
  7. 出棺

葬儀・告別式のスケジュール

葬儀・告別式の時間をどれくらいとるかは葬儀会社によって異なります。1時間というタイムスケジュールが多いようですが、故人様との最後の時間をゆっくりと過ごしてもらうために、1時間30分で行う葬儀会社もあります。

ここでは、10:30の開式で正午の出棺という設定で、どのようなタイムスケジュールで葬儀・告別式が進められるのかご紹介いたします。

〈葬儀〉

10:30 導師入場・葬儀開式
導師(葬儀を執り行う僧侶)を迎え入れます。開式は司会者が宣言します。
10:31 読経
導師に読経をいただきます。
10:40 弔辞
代表者に弔辞をいただきます。(省略の場合あり)
10:45 弔電拝読
いただいた弔電の一部をご紹介いたします。
10:50 焼香
導師、喪主、親族、参列者の順に焼香をします。
11:15 導師退場・葬儀閉式
導師が読経を終え、宗教儀式としての葬儀が終わります。
このあとの告別式の準備のため、親族や参列者はいったん式場の外に出ます。

〈告別式〉

11:30 告別式開式・お花入れの儀
棺の中をお花いっぱいにして差し上げます。
喪主、親族、参列者の順にお花を入れます。
11:40 棺の蓋を閉じる
最後のお別れが済んだら、棺の蓋を閉じます。
11:43 喪主挨拶
喪主が、参列者に向けて御礼の挨拶をします。
11:50 告別式閉式
司会者により、閉式が宣言されます。
複数の人で棺を担ぎ、霊柩車まで運びます。
12:00 出棺
火葬場に向けて出棺します。

葬儀・告別式の準備で喪主・親族がすべきこと

葬儀に出席する遺族

故人の知人や関係者への葬儀案内

故人の知人や関係者に連絡する場合は、各方面の代表になる方に連絡しましょう。

喪主がすべての人に直接連絡するのはとても大変なことです。故人の友人であれば最も仲のよかった方、ご近所であれば自治会長、職場関係では上司にあたる方などを頼って、連絡を広めてもらう方法が良いでしょう。

ご逝去から通夜までは、そもそも時間がありません。訃報は通夜の前日までには行き渡るのが望ましいでしょう。日程と場所の連絡は間違いがないように気をつけましょう。

口頭での連絡は間違いが生じやすいので、葬儀会社が作成する訃報紙をメールやFAXするなど、文字情報を用いて連絡することをおすすめします。

また、家族葬で弔問を辞退する時は、くれぐれも慎重に対応しましょう。

なかには、弔問を希望している人もいるかもしれず、苦言を呈されることもあるかもしれません。喪主の意向をきちんと伝えて理解してもらうか、あるいは事後報告などの方法があります。

葬儀・告別式での喪主の挨拶

喪主は、葬儀・告別式の中で2回、挨拶の場面があります。

  • 出棺前
  • 精進落としの席

1つは出棺前の挨拶です。

火葬場に同行するのは原則として親族だけです。そのため喪主は、出棺を見送る参列者に向けて挨拶をしてから出棺します。

(文例)

遺族を代表いたしまして、ご挨拶を申し上げます。

本日は、ご多用の中、父・鈴木太郎の葬儀にご参列いただき、誠にありがとうございました。みなさまのお陰をもちまして、無事に葬儀・告別式共に滞りなく相すみました。これより出棺の運びとなります。

生前は多大なご厚誼を賜るだけでなく、こうしてみなさまに最後のお見送りまでしていただき、父もさぞかし喜んでいるかと存じます。

なお、残された私たち家族も、力を合わせてがんばっていく所存でございます。
みなさま方におかれましても、父の生前と同様にご指導を賜りますようお願い申し上げます。

本日は、本当にありがとうございました。

もう1つは、火葬を終えたあとの精進落としの席です。

ここでは、通夜と葬儀・告別式の2日間参列して頂いた親族に御礼の挨拶をします。

(文例)

昨日と本日と、2日間にわたり、誠にありがとうございました。
お陰さまで、無事に葬儀を終えることができましたのも、ひとえに皆さまのお力添えのお陰でございます。

大変ささやかではございますが、お料理のご用意をさせて頂きました。
故人をお忍びいただきながら、ゆっくりとお召し上がりいただければ幸いです。

本日は、本当にありがとうございました。

通夜、葬儀・告別式なしの直葬という方法もある

直葬
通夜や葬儀・告別式のようなセレモニーを行わず、火葬だけで済ませる「直葬」(火葬式)と呼ばれる方法もあります。

身寄りのいない方、参列者がいない方、宗教的に葬儀の必要性を感じない方、費用を安く抑えたい方が直葬を選んでいます。

直葬の費用は、都心部では20万円から30万円くらいが相場です。地方に行けばもっと安い価格で執り行えます。

一般葬や家族葬でも100万円近くの費用がかかることを思うと、直葬は経済的な負担を大きく軽減させてくれます。

しかし、故人様を簡素にお送りすることで、満足感を得られないという側面もあるようです。

通夜・告別式なしでも可能!日比谷花壇の直葬プラン

  • 通夜、告別式なしを行わないプラン

    ・日比谷花壇なら6つの直葬プランから選べる

    ・【葬儀の費用がわかる】簡単見積もりサービスあり

料金の詳細を見てみる

直葬については、以下の記事が参考になります。

急な葬儀で慌てないためには事前相談がおすすめ

葬儀社との打ち合わせ
葬儀と告別式、通夜の違いがわかったところで、葬儀を行うにあたって重要な「葬儀会社」を決めなければなりません。

お葬式は急に行うことになるため、いざその場になると「どうすればいいのかわからない」「まず何をすればいいのか」と迷われる方がほとんどです。

そんな時におすすめしたいのが、葬儀会社の事前相談です。

エンディングデータバンクの調査によると、葬儀をする方の約8割の方が葬儀会社の事前相談を利用しています。
(出典:葬儀の事前相談(生前相談)

おすすめは、日比谷花壇の事前相談です。

日比谷花壇とは、フラワーショップとしての経験を生かして多くの花を用いる花祭壇が特徴の葬儀会社です。仏教だけでなく、キリスト教や神道、無宗教の葬儀から一般葬や家族葬、直葬などのあらゆる葬儀スタイルに対応しています。

【事前相談無料】日比谷花壇のお葬式

  • ・相談場所は日比谷花壇本社だけでなく、ご住まい周辺への出張も可能

    電話での相談も可能

    ・時間は1時間程度

事前相談をしてみる

まとめ|葬儀と告別式は意味が違う

指を差す女性
告別式とは、故人様とつながりのあった人たちとの最後のお別れの時間です。通夜と葬儀の2日間の内、2日目の葬儀の中で行われます。

最近では、宗教者を招かない葬儀スタイルも選ばれつつあるようですが、それでも私たちは何かしらのセレモニーを必要としているのかもしれません。

最後に故人様の顔を見て、お肌に触れて、言葉をかける。このようなお別れの儀式を執り行うことで、心に区切りがつき、受け入れがたい死を受け入れ、故人様を送り出せるのかもしれません。

日比谷花壇の公式サイトを見てみたい方はこちら

詳細を見てみる

TOP