喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

  • 神道の葬儀とは?仏式との違いや独自のマナーについてわかりやすく解説

神道の葬儀とは?仏式との違いや独自のマナーについてわかりやすく解説

お葬式の参列は、普段なかなかないことです。

そのうえ、日本で行われる葬儀のほとんどは仏式のため、神道の葬儀となると、喪主になる人も、参列する側もほとんど経験がないのではないでしょうか。わからないことばかりできっと不安に思われる人もいるかもしれません。

仏式葬儀と何が違うの?
お坊さんと宮司さんで、お布施の額が変わるの?
参列するときのマナーはあるの?」

この記事ではこうした疑問にひとつずつ丁寧にお答えしていきたいと思います。
みなさんが神道の葬儀について少しでも理解をしてくださったら、幸いです。

神道における葬儀の意味

宮司と巫女
神道とは、日本独自の宗教のことです。仏教がお寺、神道が神社、という風に考えてもらえばわかりやすいかと思います。

神道の葬儀のことを「神葬」や「神葬祭」などと呼びます。現在もですが、日本では長らく死者供養は仏教寺院の役割でしたが、江戸時代に入ってから幕府の庇護下で強固になり、仏式葬儀は半ば強制化されました。

その反動で興ったのが神葬祭です。江戸時代の国学者たちは、インド発祥の外来の仏教よりも、日本古来の神道を拠り所とする葬儀を目指したのです。

神道では、故人は家の守り神になり、時間を経ることで共同体の氏神になると考えられています。

ですから神道の葬儀は、仏式のように死者を悼んで送り出すのではなく、家の守り神として奉るための宗教儀式なのです。

神道の葬儀と仏式葬儀の違い

【違い(1)】葬儀の流れ

私たちになじみのある仏式の葬儀は、僧侶の読経と焼香を中心に執り行われます。
一方、神道の葬儀では、読経に当たるものが、宮司による祝詞(のりと)です。独特の節回しで読み上げられます。

また、焼香に当たるものが、玉串奉奠(たまぐしほうてん)です。

神道では焼香をせず、玉串と呼ばれる白い紙(御幣:ごへい)を垂らした榊を祭壇前に置いて故人様を偲びます。この祝詞や玉串奉奠は、神道の祭事における基本的な作法で、葬儀以外の場でも行われます。お宮参りや七五三などで神社のお祓いを受けたことがある人も多いかと思いますが、その光景を思い出してもらえればイメージしやすいでしょう。

また神道の場合、葬儀や葬儀後の神事はすべて「祭」です。通夜は「通夜祭」「遷霊祭」、葬儀は「葬場祭」、四十九日法要や一周忌法要は「五十日祭」や「一年祭」と呼ばれます。

【違い(2)】お墓・戒名

神道のお墓は竿石の頂点が尖った独特の形をしています。これを「角兜巾型」と呼びます。

どうしてこのような形をしているのかというと、神道における大切な神具である「三種の神器」の1つ、天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を表しているからです。

また、仏教の戒名に該当するものは、神道では諡(おくりな)と呼ばれ、男性の「大人命(うしのみこと)」や女性の「刀自命(とじのみこと)」が一般的です。

男性だと「生前の名前+大人命」「◯◯太郎大人命」という風に書きます。女性だと「生前の名前+刀自命」「◯◯花子刀自命」という風に書きます。

諡は、「大人命/刀自命」だけでなく、故人様の亡くなった年齢などにより、さまざまな種類があります。

【違い(3)】葬儀後の祭礼

仏教では、葬儀のあとも、故人様を偲ぶために親族らが集まって法要を行います。

7日ごとに行う法要を「中陰法要」と呼び、死後7日目の初七日法要から、二七日法要、三七日法要と続き、49日目の四十九日法要で忌明けとなります。
その後の法要は年忌法要と呼び、一周忌法要、三回忌法要と続き、三十三回忌法要まで執り行われます。

神道では、葬儀後50日までは、10日ごとに「霊祭」を行います。十日祭、二十日祭と続き、五十日祭で忌明けとします。

その後は、1年、2年、3年、5年、10年と「年祭」を行い、五十年祭で「まつり上げ」となります。故人様は、その家固有の祖霊から、地域全体の氏神へと昇華していくのです。

神道の葬儀の流れ

葬儀に出席する遺族

ご臨終〜納棺

ご臨終

故人様が息を引き取られたら、まずは速やかに葬儀会社に連絡をしましょう。
ご遺体の搬送先と、葬儀を神道で行いたい旨を伝えます。
神式の準備をしてお迎えに来てくれます。

帰幽奉告

自宅の神棚や祖霊舎に身内に不幸がおきたことを奉告します。そして白い半紙で神棚や祖霊舎を封じます。

これは、神道では死を穢れとして忌むためで、五十日祭の忌明けまで封じておきます。

ご安置(枕直しの儀)

故人様を北枕にして、布団の上にご安置します。胸には枕刀を置きます。

枕飾りには故人様が好物だったもの(常餞:じょうせん)と、それ以外に、水、酒、米、塩を供えます。

納棺の儀

納棺の際には神衣を着せて神様の姿にします。もしも遺族が希望するものがあれば、故人様が愛用していた服などを着せても構いません。

柩前日供(きゅうぜんにっく)の儀

故人様が葬儀式場に出発(発柩:はっきゅう)するまでは、柩の前に常餞を供えて、二礼二拍手一礼をします。

通夜祭・遷霊祭(みたまうつし)

仏教の通夜式に相当するものは、神道では「通夜祭」「遷霊祭」と呼ばれます。

神葬祭での通夜にはとても大切な意味があり、故人様の御霊(みたま)を遺体から霊璽(れいじ:位牌のような木の板)に移します。
御霊移しは夜に行われるもので、夜を象徴するために部屋の中の灯りを消して執り行われる、神葬祭の中心的な祭礼です。

また、式中は雅楽が流れますが、CDを流すこともあれば、伶人(雅楽の奏者)たちが生演奏を奏上することもあります。

遷霊祭の全体の流れは次のように行われます。

祭主祭員参進
宮司たちが入場します。
修祓(しゅばつ)の儀
宮司がお祓いをします。
斎主一拝(諸員之に倣う)
宮司に合わせて、一同が礼をします。
遷霊の儀
室内の灯りを落として、霊璽の覆を外します。
遺体や棺の周りにいるとされている御霊を霊璽に移します。
献饌
神酒と水のふたを開けて、神様に奉ります。
祭詞奏上
遷霊祭の祭詞を読みあげます。無事に御霊を移したことを奉告します。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
喪主、親族、参列者の順に玉串を祭壇前に供えます。
二礼二拍手一礼をしますが、葬儀では「しのび手」と言って、拍手の際に音を立てません。
撤饌
神酒と水のふたをしめます。
斎主一拝
宮司に合わせて、一同が礼をします。
祭主祭員退出
宮司たちが退出します。

葬場祭〜直会

神葬祭では、2日目に執り行われる葬儀のことを「葬場祭」と呼びます。
そして、出棺、火葬と続いていきます。
葬場祭の一日の流れは次のようになります。

〈葬場祭〉

※遷霊祭と同じものは、具体的な説明を省略します。

斎主祭員参進
修祓の儀
祭主一拝
献饌
祭詞奏上
宮司が故人様の略歴を読み上げます。
弔辞・弔電紹介
代表者による弔辞、いただいた弔電を故人に奉読します。
玉串奉奠
撤饌
斎主一拝
祭主祭員退出

〈告別式〉

お花入れの儀
棺の中にお花を入れて、最後のお別れをします。
喪主挨拶
喪主が参列者に向けて御礼の挨拶をします。
閉式・出棺

〈火葬祭〉
火葬場では、今一度最後のお別れをします。
祭主も同行し、一同で玉串奉奠をします。

〈十日祭〉
仏式における初七日法要です。
本来は死後10日目に行う霊祭ですが、親族が集まる葬場祭当日に、式場に戻って行うのが慣例です。

〈直会(なおらい)〉
直会とは、神事の最後に、祭に参加したものが飲食を共にすることで、仏式葬儀の精進落としのようなものです。

〈帰家祭〉
葬儀が無事に終わったことを自宅の神棚に奉告します。

〈埋葬祭〉
地域によっては葬儀当日にお墓に埋葬することもあるようです。
その場合は宮司にも立ち会ってもらいます。

神道の葬儀で喪主がすべきこと

葬儀で涙する喪主・遺族

葬儀で準備をすること

葬儀に向けて、喪主は次のことを準備しなければなりません。

神職への連絡

まずは神社に連絡をして、不幸が起きたことを伝えましょう。
葬儀の打ち合わせは、葬儀会社を交えて3者で行うとよいでしょう。

葬儀会社への連絡

あわせて葬儀会社にも連絡をしましょう。神道の葬儀を行いたい旨を事前に伝えておけば、スムーズに事が運ぶでしょう。

賓室(ひんしつ)の準備

賓室とは、故人様がお休みいただく部屋のことです。

予め整理整頓をして、布団を一組用意しておきましょう。必要な備品は葬儀会社が用意してくれます。

親族や関係者への連絡

日程と場所が決まったら、参列をしてほしい人にすみやかに連絡しましょう。

認印の準備

葬儀会社に死亡届の代行をしてもらいます。認印を準備しておきましょう。

写真の準備

遺影写真に使用する写真を準備しておきましょう。

喪主の挨拶文

出棺に先立ち、喪主は参列者に御礼の挨拶をします。神道の葬儀だからといって、特別な言葉を用いる必要はありません。
自分自身の言葉で、故人様について、そして参列の御礼を話せばよいでしょう。

時間の目安は3分から5分です。また、「冥福」「成仏」「供養」などの仏教用語の使用はできれば避けましょう。

以下、一般的な文例です。

(文例)

本日は、ご多忙中にも関わらず、亡き父・鈴木太郎の葬場祭にお越しいただき、誠にありがとうございました。

みなさまのおかげさまで、父の葬儀を無事に執り行うことができました。さぞかし父も安心していることと思います。

父を亡くしたことは今でも無念ですが、遺されたわたしたち家族一同は、今まで以上に力をあわせてがんばっていきますので、生前中に賜りましたご厚誼同様に、ご指導ご鞭撻のほど、いただければ幸いに存じます。

本日は、誠にありがとうございました。

神職へのお礼

神道のお布施は「御玉串料」と呼ばれます。

玉串とは、榊に御幣(ごへい)と呼ばれる白い紙を垂らしたもののことです。その他、「御初穂料」や「御礼」などでもよいでしょう。

御玉串料をいくら包めばよいのか困る方もいるでしょう。御玉串料の相場はあってないようなものですが、10〜20万円がひとつの目安でしょう。

一番よいのは、神社、あるいは宮司を手配してくれる葬儀会社に訊ねることです。

神社によっては金額を設定しているところもあります。地域性や、その神社の考え方、神社と氏子の関係性によって、御玉串料の金額は変わってきます。

さらに、霊祭を取り仕切る祭主だけでなく、祭主をサポートする祭員や、雅楽を演奏する伶人が増えると、金額も多く包まなければならなくなります。

神道の葬儀に参列するときのマナー

神道の御玉串料

香典(御玉串料)の金額

神道の葬儀では「香典」とは書かずに、「御玉串料」、あるいは「御霊前」と書きます。

御霊前は仏式葬儀でも用いますが、そもそも霊は神道の概念なので、神道の葬儀でも用いても何ら問題はありません。

御玉串料は、神道だから特別な相場があるわけではありません。世間一般的に言われている額を参考にしてみてはいかがでしょうか。

親族 10,000円以上
友人・会社関係 5,000円〜10,000円
知人・ご近所など 3,000円〜5,000円

服装

神道の葬儀では、仏式葬儀でも着用する一般的な服装で構いません。男性も女性も、黒を基調とした略礼服で参列しましょう。

ただし、仏式葬儀と唯一違うのは、数珠がいらないということです。

仏式の葬儀では、故人様の前に進み出てお焼香をし、その後合掌をします。

神道の葬儀の場合は、玉串を専用の台の上に献花のように置き、その後、二礼二拍手一礼をします。もしも事前に神式で行われることがわかっているのであれば、数珠は持っていかないようにしましょう。

供物・供花

神道の葬儀でも、仏式葬儀と同様にお花のお供えができます。ただし、白木の神道祭壇に合うように、白菊をベースにしたお花が多く用いられているようです。

もしも、葬儀にお花を出したいのであれば、喪主や親族、あるいは葬儀会社に連絡をしましょう。自身で生花店に出向いて手配しても構いませんが、式場によっては持ち込みできないことがあります。

また、他のお花との調和やバランスもあるために、担当の葬儀会社に依頼することをおすすめいたします。

手水の儀・玉串奉奠での作法

手水の儀(ちょうずのぎ)とは、手や口を清めることです。

神道の葬儀では、神社と同じように、納棺の前や、葬儀式場に入る前に、自身の身を清めます。桶の水を杓ですくい、はじめに左手、次に右手と水をかけ、次に左手に受けた水で口をすすぎます。水や杓や桶は、葬儀会社が用意してくれているでしょう。

玉串奉奠とは、仏式葬儀の焼香に相応するものです。

玉串とは、榊に御幣と呼ばれる白い紙を垂らしたものです。これを祭壇前に用意された専用の台に置いて、二礼二拍手一礼をします。

〈玉串奉奠の方法〉
  1. スタッフの指示に従って、祭壇前に進み出る。
  2. 宮司が玉串を渡してくれるので、右手が上から根元を、左手が下から葉先を受け取る。
  3. 両手に持ち変えて、90°回転させ、根元が自分のほうに来るようにする。
  4. くるっと玉串を反転させて、根元を祭壇側に向け、台の上に置く。
  5. 二礼二拍手一礼。葬儀の時の拍手は音を立てない(しのび手)。

玉串奉奠

葬儀を行うなら日比谷花壇がおすすめ

葬式の祭壇
ここまで神道の葬儀を仏式葬儀と比較しながら、紹介いたしました。

神道に関わらず仏式やキリスト教式など全ての葬式において重要なのが、葬儀会社です。

葬儀会社がなければ臨終後のご遺体の安置、通夜・葬儀・告別式の準備をすすめることができません。また、葬儀は突然行うことになるため混乱してしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、おすすめしたいのが「日比谷花壇のお葬式」です。

日比谷花壇の葬儀の特徴は、

  • 幅広い予算・スタイル・宗教形式に対応してくれる
  • 事前に無料相談が可能
  • 華やかな花祭壇

の3つです。

一般葬だけでなく、家族葬や直葬といったスタイルや神道・キリスト教・無宗教の葬儀にも幅広く対応してくれます。

また、事前に無料相談をすることができます。急な葬儀でご不明な点を質問することができます。

そして、フラワーショップとしての実績を生かした華やかな花祭壇が特徴です。神道の白木祭壇と相性が良いホワイト&グリーンの花で祭壇を飾ることができます。

ぜひ一度相談してみましょう。

【事前相談無料】日比谷花壇「神道のお葬式」

  • ・幅広い予算、スタイルに合わせた葬儀プランを用意

    ・お見積りや当日に関する「事前相談無料

    ・白木祭壇に合う日比谷花壇オリジナルの花祭壇をご提供

「神道のお葬式」の詳細を見てみる

まとめ|仏式との違いに注意して葬儀を行う

いかがでしたか?

神道の葬儀は仏式の葬儀とさまざまな点が異なっています。

お焼香は玉串奉奠ですし、合掌は二礼二拍手一礼です。数珠は不要ですし、お布施やお香典は「御玉串料」と書きます。

ただでさえ葬儀に不慣れな中、普段なかなか訪れることのない神道の葬儀ですから、より不安になることでしょう。とにかくわからないことがあれば、葬儀会社に相談しましょう。

宮司さんに聞くのも聞きづらい。だれに聞いてよいかわからない。そんな時こそ、さまざまな宗派の葬儀を取り扱っている葬儀会社だからこそ安心ですし、特に抜群の施行実績を誇る日比谷花壇がおすすめです。

わからないこと、疑問に思ったことがあれば、まずは相談してみてましょう。

日比谷花壇での神道の葬儀について詳しく知りたい方は

詳細を見てみる

TOP