喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

カトリックの葬儀|喪主と参列者の視点でわかりやすく解説

カトリックの葬儀はどんな流れで行うの?
参列の時に気をつけなければならないマナーは?

日本で行われるキリスト教の葬儀は、全体の1%に満たないと言われています。

キリスト教は主にカトリックとプロテスタントに分かれますので、カトリックの葬儀に限定するとさらに少数になります。普段からなじみがない分、不安に思うこともたくさんあるかもしれません。

この記事では、そんなカトリックの葬儀について、喪主と参列者それぞれの目線に立って、わかりやすく解説いたします。

カトリックの葬儀とは?プロテスタントとの違い

カトリックの神父

カトリックの葬儀の特徴

カトリックでは、死は終わりではなく始まりとされています。そのため、カトリックの葬儀では、生前の罪に対して神の許しを得て、永遠の命に移るよう祈ります。

神の許しを得るためには、神父による洗礼、聖体拝領、塗油などの儀式を必要とし、これらの儀式は臨終から葬儀にかけて行われます。

カトリックは伝統的な儀式を重んじる教派であるため、原則として、洗礼を受けた信徒の葬儀しか執り行いません

また、葬儀はほとんどが教会で行われ、葬儀会館などは利用しません。

葬儀は「入堂式」「葬儀ミサ」「赦祈式(しゃとうしき)」で構成され、その後、告別式が行われます。

入堂式では聖歌が歌われます。そしてミサは神父と信徒の間でのみ行われ、参列者はその光景を見ています。

ミサは「感謝の典礼」とも呼ばれており、キリストの血と肉であるぶどう酒とパンを食べることで、信徒同士のつながりを強固にするものです。その後の告別式で、参列者は献花で弔意を表します。

カトリックとプロテスタントの葬儀の違い

カトリックとプロテスタントにはどのような違いがあるのでしょうか。

【違い(1)】教派の方針

カトリックが伝統的な教義を重んじるのに対して、その教会の伝統性に抵抗して、聖書に立ち返ろうと派生したのがプロテスタントです。

また、カトリックはローマ教皇を中心とした世界最大の教派であるのに対し、プロテスタントとは世界中にあるさまざまな諸教派の総称として用いられます。

【違い(2)】宗教者の呼称

カトリックでは「神父」、プロテスタントでは「牧師」が葬儀を司ります。

カトリックの葬儀

カトリックの葬儀は伝統的な儀式を重んじます。特に信徒に向けて行われるミサが重要な意味を持ちます。

ぶどう酒をキリストの血、パンをキリストの肉として信じて、これらを口に含みます(聖体拝領)。

またその他にも、聖水、撒香、聖歌などの儀式が厳かに行われます。

プロテスタントの葬儀

一方、プロテスタントの葬儀では、信徒向けのミサと、参列者も交えた告別式を分けることなく行われます。賛美歌、聖書朗読、祈祷、献花などが行われます。

カトリックが教会で葬儀を執り行うのに対し、プロテスタントは特に場所を選ばず、葬儀会館などでも執り行われます。

プロテスタントの葬儀については、プロテスタントの葬儀について|流れやマナーを解説をご覧ください。

カトリックの葬儀の流れ

カトリックの教会

ご危篤〜ご遺体の安置

病者の塗油

カトリックでは、病者が重篤になった段階で教会に連絡しなければなりません。なぜなら、「病者の塗油」と呼ばれる儀式を重んじているからです。病気に苦しむ者にオリーブ油を塗って祈ることで、信徒が救われると信じられています。

ですから、カトリック教会の信者が重篤に陥ったら速やかに教会に連絡をしましょう。

遺体の搬送・安置

臨終となったら速やかにご遺体を搬送しなければなりません。

安置の場所は主に、自宅、葬儀会社などの安置施設、教会が挙げられます

自宅に安置する場合は、布団の上に故人を寝かせ、小机にロウソクと、十字架と、聖書を置き、お祈りができるようにします。

安置施設を利用する場合は、施設の利用条件に従いましょう。

教会に直接搬送して安置を希望する場合、教会側の事情もあるため、必ず事前に確認や相談をしましょう。

カトリックの通夜の流れ

献花
カトリックでは、そもそも通夜式に該当する儀式がありません。

しかし、日本では古来より通夜の風習があるため、その慣例に合わせる形で葬儀ミサの前日に「通夜式」を執り行います。場所は、故人の自宅か所属する教会のいずれかです。

この「通夜式」は「通夜の祈り」や「通夜の集い」などとも呼ばれ、特定の儀式が定められているわけではありません。主に、聖歌斉唱、聖書朗読、神父による説教、そして献花を行います。

仏式の葬儀では、通夜のあとには「通夜ぶるまい」と呼ばれる食事の席を設けますが、カトリックの場合は、簡単な茶菓で参列者をもてなす程度で、これを省略することもあります。

カトリックの葬儀・告別式の流れ

カトリックの葬儀は所属する教会で行われます。もしも故人様を自宅に安置している場合は、教会へ向けて出発する際にも神父に祈りを捧げてもらいます。

カトリックの葬儀はミサとして執り行われます。ミサとは、カトリック教会における最後の晩餐に由来する聖体の秘跡(儀式によってパンとぶどう酒がキリストの肉と血に変化すること)が行われる典礼のことで、最も大切な式典とされています。

そのため、葬儀全体の構成は、神父と信徒で行われる葬儀ミサと、参列者も含めて故人様を偲ぶ告別式とが明確に分けられます。

〈葬儀〉

入堂式
聖歌が流れる中、棺が運び込まれます。参列者は起立して神父と故人様を迎えます。
葬儀ミサ
カトリックの中で最も重要とされる儀式です。

言葉の典礼」では神父が聖書を朗読します。

感謝の典礼」では聖体拝領が行われます。遺族がパンとぶどう酒を祭壇に捧げ、神父は信徒にパンを捧げます。

赦祈式
神父は、聖水を用いて故人の生前の罪の許しを神に請い、香炉を用いて帰天できるよう祈りを捧げます。

〈告別式〉

開式
参列者一同で聖歌を歌い、神父が開式を告げます。
弔辞・弔電
代表者の弔辞と、弔電の紹介がなされます。
献花
祭壇前に献花をします。
喪主、家族、親族、参列者の順に行われます。
喪主挨拶
喪主が参列者に向けて挨拶を行います。

葬儀後の典礼は追悼ミサと呼ばれる

カトリックにおける葬儀後の追悼の儀式を「追悼ミサ」と呼びます。

追悼ミサは、仏式の法要のようにいつ行うべきかの明確な決まりがありません。通常行われるのは、死後3日目死後10日目1年目などです。

むしろ、家族や親族たちが希望する日に、教会と連絡を取り合ってミサを執り行います。区切りの命日などに行うケースが多いようです。

カトリック教会としては11月2日を「死者の日」、11月を「死者の月」と定めているため、この期間には世界中で追悼ミサが行われます。

カトリックの葬儀にかかる費用相場は70万円前後

費用が気になる女性
カトリックでの葬儀にかかる費用は70万円前後が相場です。一般的な葬儀よりも安価かと思われます

これには、いくつかの理由があります。

まず、教会で執り行われるために、祭壇や会場設営の費用がさほどかからないこと

次に、教会への献金が任意であること

さらに、式の進行は教会の信徒たちの善意で行われるために、葬儀会社によるサービス提供がさほど必要ないという側面もあるでしょう。

葬儀会社への支払い

葬儀会社が用意するものは、棺や寝台車や火葬料金など、どの宗派の葬儀でも必要なものです。カトリックで用いる葬具や献花用の花、参列者への料理や返礼品などが挙げられます。

教会への支払い

教会へは「献金」という形で費用を手渡します。この献金には、神父やオルガン奏者などへの謝礼、教会の使用料など一式が含まれていると考えればよいでしょう。

ただし、献金に対する考え方は教会によっても大きく異なるので、まずは直接教会に相談することをおすすめします。金額も、任意で構わないというところもあれば、一律で指定しているところもあります。
試しに見積もりしてみる

簡単見積りの3つのメリット
1分で項目入力が完了する
・見積もり費用の内訳がわかる
・見積もり内容を変更して、予算に合わせたプランを作れる

カトリックの葬儀で喪主・親族がすべきこと

葬儀の準備ですべきこと

ご危篤時・ご逝去時にはすぐに神父へ連絡する

キリスト教はどう死者を見送るかではなく、どう死を迎え入れるかを大切に考えます。

ですから、危篤を迎えた段階ですぐに教会に連絡をしましょう。神父が駆けつけて「病者の塗油」をし、祈りを捧げてくれます。

また、ご逝去となった時にもすぐに教会に連絡を入れましょう。自宅にご安置するのであればお祈りに来ていただけるはずですし、教会へのご安置を希望するのであれば、なおさら事前の連絡や打ち合わせが必要になります

カトリックの葬儀では、弔問の受付や教会内での案内は、その教会に所属する信徒たちにより行われます。
また、教会を利用するために施設の説明なども受けておきましょう。

そして、具体的な葬儀の打ち合わせには葬儀会社も交えて、神父と喪主の3者で行うほうが円滑に進むでしょう。

ご逝去の後にはすぐに葬儀会社に連絡をする

ご逝去を迎えたら、速やかに葬儀会社に連絡し、ご遺体のお迎えに来てもらいましょう。葬儀会社には行き先を告げなければならないので、ご安置先は事前に決めておきます。

カトリックの葬儀は教会で行われ、一切の儀式の進行を神父が執り行うため、必要であれば、葬儀の具体的な打ち合わせに神父にも参加してもらいましょう。

また、キリスト教の葬儀は、日本で行われる葬儀全体の中では極めて少数です。不慣れな葬儀会社が多いのも事実なため、困った時には教会に相談するのも1つの選択肢です。

「遺族からの挨拶」の文章を考えておく

出棺に先立ち、喪主様は参列者に対して挨拶を行います。家族や親族とともに火葬場に向かいますから、出棺を見送る参列者や信徒の方々に御礼を伝える意味があります。

挨拶の文言に決まりはありません。喪主様自身の言葉でその場に居合わせる人たちに語りかければよいでしょう。

もちろん、人前で話すことが苦手な人は、紙を読み上げても構いませんし、体調が優れないなどの理由で代理の人が挨拶をしても構いません。

以下、簡単な例文です。参考にしてみてください。

このたびは、亡き父・鈴木太郎の葬儀ミサにご参列いただき、誠にありがとうございました。

父は、80年の生涯を終え、本日、神父様やみなさまに見守られながら、天へと召されました。
残された私たち家族も、父の分まで力を合わせてがんばっていこうと思います。

生前に皆様より多大なるご厚情を賜りましたことを心より御礼申し上げ、皆様の上にも、主の慰めと平安が訪れますように、お祈り申し上げます。

本日は本当に、ありがとうございました。

カトリックの葬儀に参列する時のマナー

葬儀の参列者

葬儀に参列する時の服装

カトリックの葬儀に参列する時にはどのような服装がふさわしいのでしょうか。

仏式と同じ準礼服で問題ない

基本的には仏式葬儀と同じく、黒を基調とした準礼服で構いません。

キリスト教徒はいえ、このあたりは日本社会の慣習を重んじているので、さほど難しく考えなくてもよいでしょう。

キリスト教の葬儀では数珠は不要

キリスト教の葬儀では、献花をして弔意を表します。
予めキリスト教で葬儀が行われるとわかっているのであれば、数珠は不要です。

カトリックの信者であればベールは必要ない

カトリックの信者であるならば、女性は黒のベールをかぶりますが、もしもご自身が信者でないのであればベールは不要です。

香典(御花料)の金額と書き方

キリスト教の葬儀では香典ではなく「御花料」を差し出します。

御花料は、あくまでも差し出す側の、故人様やご家族への気持ちなので、金額に相場や決まりはありません。また、キリスト教の葬儀だから、金額が変わるということもありません。

〈お花料の金額〉

世間一般的に言われている額を参考にしてみてはいかがでしょうか。

親族 10,000円以上
友人・会社関係 5,000円〜10,000円
知人・ご近所など 3,000円〜5,000円

不祝儀袋の表書きに御花料と書いて用意する

キリスト教の葬儀に用いられる十字架や花柄が印字されたものがあります。
これらに「御花料」と書いて用意しましょう。

供花を送る際には事前に確認する

供花を届けたい場合は、事前に喪主やご遺族・ご親族にその旨を伝えましょう。会場によっては生花の装飾が限られることがあったり、ご遺族の意向で供花を辞退するケースもあるからです。

カトリックの葬儀では、白を基調としたお花を教会に届けます。小菊やスプレー菊、ゆりやカーネーションなどがよく用いられるお花です。

ご自身の希望の生花店に依頼しても構いませんし、施行葬儀会社に依頼するという方法もあります。

教会内で使用する生花(棺の周りを装飾する生花や、献花用のカーネーションなど)は葬儀会社が用意するので、雰囲気に合ったアレンジメントに仕上げてくれるでしょう。

弔電や電報を送りたい時は業者に依頼する

カトリックの葬儀にも弔電を出すことはできます。

ただし、キリスト教では、死を不幸と考えずに、始まりの日として祝福するべきものと考えられているために、仏教的な文言が使用されている文章は避けるべきでしょう

NTTだけでなく、さまざまな業者が電報サービスを行っていますが、どの業者でもキリスト教用の定型文を用意しています。台紙も、一般的なものでも構いませんし、十字架が印字されているものも用意されています。

カトリックの葬儀なら日比谷花壇がおすすめ

葬儀スタイルとして仏教式が一般的ではありますが、カトリックやプロテスタントのキリスト教式の葬儀を行ってくれる葬儀社は数多く存在します。その中で、おすすめしたいのは、日比谷花壇でのお葬式です。

日比谷花壇では、フラワーショップとして実績を生かした花祭壇が特徴の葬儀社です。

カトリックの葬儀で用いられる白色の花を用いた「モードホワイト」、立体的なフォルムが特徴の「ヒーリングフロー」や「道標」などの花祭壇のプランが用意されています。
花祭壇「道標」
華やかな花祭壇は、カトリックの葬儀の特徴である「死は終わりではなく、はじまりである」を表すことができるのではないでしょうか?

【事前相談無料】日比谷花壇「キリスト教のお葬式」

  • ・カトリック、プロテスタントの宗派別にお葬式の流れをご用意

    ・お見積りや当日に関する「事前相談無料

    ・日比谷花壇オリジナルの花祭壇をご提供

日比谷花壇の詳細を見てみる

まとめ|カトリックの葬儀はポイントを押さえれば心配無用!

カトリックの葬儀は、教会で神父の司式のもと執り行われるため、神父と喪主と葬儀会社がうまく連絡を取り合って行えばスムーズに進むでしょう

普段不慣れな葬儀なうえ、キリスト教の葬儀は日本ではなじみが薄いために、不安に思われることもたくさんあるかもしれません。

だからこそ、神父や葬儀会社やまわりの人たちの力を借りながら、故人様の天国での安寧を祈りましょう。

日比谷花壇の公式サイトでもっと情報を集めたいという方はこちら

詳細を見てみる

【無料】日比谷花壇の資料請求をしたい方はこちら
  • 花祭壇、返礼品、料理、費用について詳しく記載されたパンフレットがもらえる
  • 電話による無理な案内はきません(希望した場合)
  • 相談、要望があればフォームに記載できる

資料請求してみる

TOP