喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

  • おすすめの葬儀会社ってどこ?後悔のない葬儀をしたい方が知るべき5つの葬儀会社

おすすめの葬儀会社ってどこ?後悔のない葬儀をしたい方が知るべき5つの葬儀会社

葬儀は多くの人にとって、初めてあるいはあまり経験のないなかで行うことになるものです。

また、葬儀は大切な人との最後のお別れなので、後悔のないようにしたいですよね。そして、この「後悔のない葬儀」にするためには、パートナーとなる葬儀会社選びが非常に重要です。

なかなか表に出てきにくい、葬儀会社選びのポイントとおすすめの葬儀会社ついて紹介します

葬儀会社選びで失敗しないための5つのポイント

(1)事前に相談し不安な点を失くしてから依頼する

これまでは「生きているうちに事前に葬儀のことを考えるのは縁起でもない」と思われていました。

しかし今は、いざ亡くなったときに慌てずに済むように、事前に相談をしておくことが強く勧められています。

病院で亡くなったとき(現在はほとんどの人が病院で亡くなります)、遺族はすぐに葬儀会社に連絡をして故人を自宅などにお連れしなくてはなりません。

この段階になって、「今から葬儀会社を選ぼう」としても、なかなか冷静な判断ができないものです。

また、事前にどの葬儀会社にするか考えておけば、不安な点も相談し、事前に疑問点も解消しておけます。

この「事前相談」は、業者を選ぶうえでもっとも重要な要素です。

ちなみに、現在はほぼすべての葬儀会社で、無料で事前相談を受け付けています

(2)見積もり書を必ずもらう

きちんとした葬儀会社なら、必ず見積もり書を出してくれます。

これを確認して、追加費用などがないか聞きましょう

Aという会社(あるいはプラン)では遺影を作る料金が含まれていたのに、Bという会社(プラン)では含まれていない……というようなことは、往々にしてある話です。

(3)店舗・葬儀会館を持っているか確認する

葬儀会社のなかには、自社の葬儀会館を持っているところと特に持っていないところの2つがあります。

この2つは優劣をつけられるものではありませんし、葬儀会館をあえて持たないことでコストカットをはかるように工夫している会社もありますが、利便性を考えるのであれば、葬儀会館を持っているところのほうが良いでしょう

(4)口コミ・評判を確認する

口コミや評判をチェックすることも有用です。

大手の葬儀会社などの場合、口コミもよく寄せられているので判断しやすいでしょう。

地場の葬儀会社などの場合、口コミの件数などは少ない(あるいは皆無)のことも多いものです

その場合は、ご近所などの評価を判断基準としましょう。

(5)「葬祭ディレクター」の資格を持っている人がいるか確認する

葬儀業界では、「葬祭ディレクター」という資格があります。

1級と2級があり、最低でも2年間の実務経験がなければ受験さえできません。

もちろん「葬祭ディレクターの資格がない=だめな葬儀会社・葬儀スタッフ」とはいえません。

しかし
葬祭ディレクターの資格を持っている社員でなければ、メインの担当者とはしない
実務経験が2年以上になった段階で、すぐに資格試験を受けさせる

としている葬儀会社は社員教育に熱心なところが多く、信頼しやすい会社だといえるでしょう

葬儀社選びに不安な人におすすめの葬儀会社5選

さまざまな葬儀会社がありますが、ここでは特に特徴的な5つの葬儀会社を紹介します。

なお、ここで紹介する会社は、すべて葬祭ディレクターが在籍しています。

日比谷花壇

【特徴】
非常に有名なフラワーショップが行っている葬祭サービスです。

フラワーショップならではの、「オーダーメイドの花祭壇」が特徴であり、花の好きな人にとても向いている葬儀会社です。

【おすすめポイント】
別料金ではありますが、納棺士による特別なお見送りメイクや、湯かんなども行ってもらうことができます。

また、花のアレンジメントや品質は非常に高く、「フラワーショップであること」を最大限生かした葬儀が行えます。

返礼品や料理、末期の水(故人の好きな飲み物でできる)にも気づかいがみられます。特に、女性の方をお見送りするときに使いやすい葬儀会社といえるでしょう

詳細はこちら
日比谷花壇|公式サイト

葬儀会館ティア

【特徴】
東証一部上場企業の会社であり、非常に安定感があるのがこの会社の特徴です。

年間でおよそ13,000件もの葬儀を行っており、非常に知識・経験のある会社でもあります。

【おすすめポイント】
安定感のある会社であるため、不安なくお願いすることができます。イベントも積極的に行っており、葬儀の相談会や勉強会もよく開催しています

メディア活動も盛んに行っており、葬儀業界の風通しを良くする役目も担っている会社です。

非常に大きな会社で全国展開をしているイメージがあるのですが、中部・関東・関西エリアのみでの展開なので、この点は注意してください。

詳細はこちら
葬儀会館ティア|公式サイト

公益社

【特徴】
葬儀会館ティアと同じく、東証一部上場企業グループの会社です。

また、保険代理業や仏壇・仏具の販売も手掛けており、葬儀周りの一切をお任せすることができます。

【おすすめポイント】
公益社のもっとも大きな特徴は、「86年にもわたる(2018年現在)長い歴史を誇る葬儀会社である」ということでしょう。

もちろん、「新しい会社=だめな会社」というわけではありませんが、それでも、長く会社を続けられるということはそれだけの需要と支持があったことの証明となり得ます。

250名を超える葬祭ディレクターを有し、葬儀の施行回数も年間で10,000件を超えます。

東京・神奈川・大阪・兵庫・奈良が対応エリアです(それ以外は応相談)。

詳細はこちら
公益社|公式サイト

葬儀社アーバンフューネス

【特徴】
顧客満足度が95%※を超える(2015年実績)葬儀会社であり、「ガイアの夜明け」などでも取り上げられた会社です。

自宅葬にも強く、「その人らしい葬儀」を行えることが特徴です。

※出典|ENDING DATA BANK|葬儀の顧客満足度

【おすすめポイント】
対応エリアは、東京・千葉・神奈川・埼玉の関東圏だけに限られます。

葬儀が始まる前も、そして葬儀が終わった後も、際限なく、期限の区切りなく相談に乗るというスタイルをとっています。

役所手続きや相続に関してのアドバイスも行ってくれるので、非常に頼りになります。

ここの会社も、湯かんやメイクアップを納棺師の手で提供しています。この葬儀会社の場合、このサービスを利用する人が非常に多く、88%の人が希望するくらいです。

詳細はこちら
葬儀社アーバンフューネス|公式サイト

心に残る家族葬

【特徴】
「心に残る家族葬」は、ほかの葬儀会社とはまったく異なる特徴を持ちます。

ほかの葬儀会社は「一般葬を基本として、家族葬などのほかの葬儀にもしっかり対応する」というスタンスが多く見られますが、この会社の場合、社名からもわかるように家族葬を専門としています。

【おすすめポイント】
全国、どこの地域であっても使うことができる葬儀会社です。

また、単純に「全国どこでも手配ができる」というだけでなく、それぞれの土地の慣習に合った葬儀をしてくれる葬儀会社でもあります。

家族葬というと、一般葬よりこぢんまりしたかたちになるのが一般的です。

ただ、「心に残る家族葬」では、比較的大きな家族葬も扱っているため、「華やかに見送りたい」と考える人にも向いています。

心に残る家族葬|公式サイト

思い出に残るお葬式にするなら「日比谷花壇」

日比谷花壇

さまざまな葬儀会社があり、それぞれが特徴を打ち出しているため、「どの会社が一番良い」とは断言できません。

ただ、現在非常に人気を博している「花祭壇(従来型の白木の祭壇は使わないもしくはそれをベースとして、花で祭壇を作り上げていく方式)」を希望するのであれば、日比谷花壇がおすすめです。

日比谷花壇の良さとは?

さきほども少し紹介しましたが

日比谷花壇は元々フラワーショップとしての実績があり、非常にクオリティの高い花で祭壇を作ることができます。

また、花の扱いを熟知しており、個々人の葬儀に合わせたオリジナル色豊かな祭壇を作ることにも長けています

【日比谷花壇で提供している花祭壇】
花祭壇
花祭壇

花祭壇に関しては他記事で詳しく解説しているので、よろしければそちらも読んでみてください。
【花祭壇のデザインを写真でご紹介】選び方や予算も徹底解説

画一的になりがちな供花も、アレンジデザインがとても優れており、個性豊かなものに仕上げてきます。

ライトアップを前提とした供花などは、日比谷花壇以外ではほとんど見ることができません

「故人を美しく送り出したい」がテーマ

オプション料金はかかりますが、メイクアップや湯かんサービスなどを受けることもできます。

専門の納棺士によるこれらも、「故人を美しく送り出したい」と考えるご家庭に向いています。

オプションをつけていくとどうしても金額はアップしてしまいます。

しかし

  • 本人の愛した花で送るだけでなく、デザイン性も品質も高い花を飾ってもらえる
  • 故人の好みを最大限生かしたメイクや末期の水を行える
  • 生演奏やウェルカムポスターなど、ほかの葬儀会社ではあまり見られないサービスもある

ということから、「満足感のある葬儀」を行いたい人には非常に向いている葬儀会社だといえるでしょう。

まとめ|複数の葬儀会社を比較して納得できる葬儀会社を選ぼう

葬儀会社選びは、葬儀の満足感を決めるもっとも重要な要素のうちの一つです。

葬儀会社は、単純に「葬儀をお願いする会社」というだけでなく、「故人を送り出す最後の儀式を共に成功させるパートナー」でもあります。

故人の好みを反映してくれる、そして家族が安心して任せられる葬儀会社を選びましょう

そのためには、事前相談などをぜひ活用してください。

日比谷花壇の公式サイトでもっと情報を集めたいという方はこちら

詳細を見てみる

【無料】日比谷花壇の資料請求をしたい方はこちら
  • 花祭壇、返礼品、料理、費用について詳しく記載されたパンフレットがもらえる
  • 電話による無理な案内はきません(希望した場合)
  • 相談、要望があればフォームに記載できる

資料請求してみる

TOP