喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

葬儀の場所はどこを選べばよいの?葬儀場や安置所の決め方

葬儀をどこで行えばいいかわからない
適切な葬儀を行う場所を知りたい

葬儀はかつて、自宅で行うものでした。しかし、住宅事情やライフスタイルの変化により、今日では葬儀会場を使用するのが一般的です。

葬儀会場には公営と民間の会場があり、こぢんまりした広さのものもあれば、数多くの会葬者が列席できる大きなものまでさまざまです。

ここでは葬儀をするのに適した「場所」について紹介します

【事前相談無料】葬儀場所でお困りなら「日比谷花壇」

  • ・「花」の葬儀で有名な日比谷花壇

    ・自宅葬、家族葬など6つのプランから選べる

    ・お見積りから当日の流れに関する「事前相談無料

葬儀のプランについて詳しく見てみる

【無料】日比谷花壇の資料請求をしたい方はこちら
  • 花祭壇、返礼品、料理、費用について詳しく記載されたパンフレットがもらえる
  • 電話による無理な案内はきません(希望した場合)
  • 相談、要望があればフォームに記載できる

資料請求してみる

葬儀の場所の決め方

葬儀場を決めるにあたって、何が重要なのでしょうか?もし故人が生前希望していた場合は、それに沿って選ぶのが一番です。特に希望がない場合には、会葬者の人数や、アクセス、経済状態を考慮して選びます。

そのうち何を最優先するのか、例えば、アクセスがよいといっても、交通の便がよいところを選ぶのか、火葬場に近いところを選ぶのかで使用する葬儀場も変わってきます。

葬儀社にアドバイスを求める場合は、思わぬ出費や後悔のないように、自分たちの希望をしっかり伝えることが重要です。

また、特に土曜日・日曜日などは葬儀場が混み合っていて、希望の葬儀会場が使えないこともありますので、2、3の葬儀会場候補を考えておきましょう。

葬儀場所(斎場)はどこがよいの?それぞれの特徴を解説

葬儀場としては、公営の葬儀場、民間の葬儀場、宗教施設、自宅、ホテルがあります。

公営の葬儀会場

自治体が運営している公的葬儀場です。東京都下では区営葬祭会館が数多くあります。他の地域でも火葬場に併設される葬儀場がよく見られます。

リーズナブルなうえ設備も比較的整っています。混みあっていることが多く、また、火葬場併設の葬儀場は交通の便がよくない場合があります。

公営の葬儀場としてはもう一つ、地域の集会所があげられます。例えば自治会館、公民館、マンションの集会場などです。利用料は安いのですが、片付けや掃除は自分たちがする必要があります。

民間の葬儀場

セレモニーホールなどと呼ばれるものです。葬祭業者が運営しています。アクセスがよい会場が多く、会食施設や控室だけではなく、宿泊施設も用意されており大変設備が充実しています。

ただし、使用料は高額です。利用できるのは運営する葬儀社に葬儀を依頼したときに限られますが、貸し斎場の場合は特定の葬儀社に限らず誰でも使うことができます。

宗教施設

寺院運営の葬祭会場です。宗教宗派によっては使用できない場合もありますので、事前に確認しましょう。

自宅

現在では自宅で葬儀をとり行うケースは少なくなりましたが、自宅から送ってあげたいという気持ちや、費用面から自宅での葬儀が選ばれることもあります。リーズナブルですが、部屋の支度や片付け、近所の人への気づかいなど、手間暇がかかります。

ホテル

芸能人が亡くなったときなど、お別れの会をホテルでとり行うのをテレビなどで見た方も多いことでしょう。同じようにお別れの会を希望する方が、一般の人にも多くなっています。ホテルによってはお別れ会のプランもあるようです。

しかし、ご遺体をお連れすることはできませんし焼香も制約を受けますので、厳密には葬儀会場とはいえません。

安置の場所

今日では病院で亡くなる方が多いのですが、遺族が悲しむ間もなく、医師による死亡確認がされた後、ご遺体はすぐに霊安室に移動されます。

前々から選んでおいた葬儀社に連絡をすると、葬儀担当者がすぐに駆けつけます。ご遺体は、葬儀担当者により、霊安室のベッドからストレッチャーに移され安置場所へと搬送されます。

今日では通夜まで2日~1週間待つことが大半です。この間ご遺体をどこに安置すればよいでしょうか?自宅に安置できる場合はご自宅に搬送しますが、住宅事情により難しいケースもあります。その場合は次のような施設に安置されます。

・葬儀場に併設された安置所
・葬儀社の安置施設
・安置専用施設

料金は施設によって違いますが、1日につき数千円から3万円が相場です。ドライアイス代が別途かかる場合もあります。

病院で家族が亡くなられたときに、病院関係者だと思っていた人が葬儀のことを申し出てくることがあります。この人は病院に出入りしている葬儀社の社員です。葬儀社について当てがない場合は安置を依頼するのもひとつの手段ですが、思い通りの葬儀にならないかもしれませんし、料金もどの程度になるかわかりません。

すでに葬儀社を決めている場合ははっきり断り、前々から選んでおいた葬儀社に必ず連絡するようにしましょう。

【事前相談無料】葬儀場所でお困りなら「日比谷花壇」

  • ・「花」の葬儀で有名な日比谷花壇

    ・自宅葬、家族葬など6つのプランから選べる

    ・お見積りから当日の流れに関する「事前相談無料

葬儀のプランについて詳しく見てみる

まとめ

葬儀の場所はどのようなところが希望でしょうか?亡くなられた後から葬儀まで安置する場所についても、予算や住宅事情を考え、最適な場所を選びましょう。

・遺族や故人の意思に沿ったオーダーメイドの葬儀がしたい
・とりあえず葬儀の相談をしたい
・面倒だから、全部お任せにしたい

そんなさまざまな考えを親身に聞いてくれるのが、日比谷花壇の事前相談です。どのような要望にも、親身になって葬儀の提案をしてもらえますよ。

日比谷花壇の公式サイトには

・具体的なプラン内容と費用
・利用者の方の声
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】

などお客様にとって有益な情報がたくさんあります。もっと詳しい情報を知りたい方はこちらの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

日比谷花壇の公式サイトでもっと情報を集めたいという方はこちら

詳細を見てみる

【無料】日比谷花壇の資料請求をしたい方はこちら
  • 花祭壇、返礼品、料理、費用について詳しく記載されたパンフレットがもらえる
  • 電話による無理な案内はきません(希望した場合)
  • 相談、要望があればフォームに記載できる

資料請求してみる

TOP