喪主ガイド

家族葬の費用はいくらかかるの?相場と注意点を解説!

親戚や友人がたくさん参列する昔ながらの葬儀は、経済的な面だけでなく肉体的・精神的にも負担が大きいもの。最近ではごく近い間柄の人だけで営む「家族葬」を考える方も多くなりました。

ここでは家族葬の費用の相場や一般葬との違い、香典の考え方やマナーについてお話ししていきましょう。

家族葬の費用の相場

家族葬の費用の相場は、地域やプランによって違うため一概には言うことができません。最も多い価格帯は全国平均で50万円程度。安いものでは10万円台のものもありますし、100万円を超えることもあります。金額に開きがあるのは、家族葬に使う祭壇の規模や棺の違いなどによるものです。

これは葬儀社に支払う金額で、葬儀社のサイトなどで「○○プラン一式」などとあるものがこの金額です。安いと思ってよく見ると、プランとは別に支払わなくてはならないものが出てくることは少なくありません。逆に高いと思っても、一式の中に必要なものがかなり含まれている場合もあります。

葬儀に必要となる費用

施設使用料
葬儀会場の使用料です。民間の会場よりも公営の会場のほうが安くなります。民間の会場は10万円から30万円、公営の会場は数万円から借りることができます。
現在、特に都心部では火葬場が大変混雑していることが多く、2、3日待ち、1週間待ちも珍しくありません。そのような場合は、ご遺体の保管1日につき1万円から3万円の安置室代がかかります。
自宅でご遺体を安置する場合は、ドライアイス代が1日当たり4,000円から1万円程度かかります。
火葬料
民間の火葬場は5万円以上かかります。公営の火葬場ではその地域に住んでいる人であれば無料~数万円です。
通夜ぶるまいにおける飲食接待費や返礼品
料理は葬儀社を通じてお願いするのが一般的です。一般葬では参列する人数が確定しないので、余裕をもたせた数の返礼品を準備します。通夜ぶるまいには寿司やサンドイッチ、オードブル盛り合わせをお出しすることが多いでしょう。
家族葬では人数もだいたい決まっていますので、一般の葬儀よりも無駄がありません。1人前3,000円から6,000円が費用の目安です。
宗教者にお渡しするお布施、心づけ
宗教者、特にお坊さんに対するお布施は、御膳料、御車代込みで15〜16万円、戒名は宗派やランクによって異なりますが、信士信女クラスでおよそ20~30万円かかります。
日本の葬儀は9割が仏式ですが、檀那寺がない方も多くなるなか、心づけ不要の無宗教での葬儀を行うケースも増えています。

一般葬と家族葬の違い

「一般葬」は家族のほか、親戚や友人など大勢の人に参列していただく葬儀です。そのため広い葬儀会場にする必要があります。祭壇もそれに釣り合うようなものにする必要があるでしょう。通夜ぶるまいなどの飲食接待費や、返礼品にも費用が掛かります。

一方「家族葬」は家族だけ、あるいは親しい親族、友人の中でも特に親しい方のみの参列になります。会場もこぢんまりした広さでよく、飲食代や返礼品も少なくて済むので、費用もそれだけ抑えることができます。

家族葬における香典の注意点

家族葬では参列者が少ないので、香典による収入が見込めません。そのため、支払った費用と香典金額をプラスマイナスすると「一般葬と大して変わらなかった」または「逆に出費が増えてしまった」ということもよく聞かれます。

家族葬では、参列者以外の方からの香典、供花、供物は辞退するのが一般的です。葬儀に参列しなかった親戚や友人側の方でも、遺族側の意向を考えてこれらを送るのは差し控えます。寂しく感じる方もいらっしゃるようですが、香典返しなどで、遺族が煩わされることがあるからです。

家族葬に参列する人から香典を受け取るかどうかは、それは参列人数によって決まります。ほんの5、6人の参列者であれば、香典返しの手間もありますので辞退したほうがよいでしょう。

参列者の人数が多い家族葬であれば、香典を受け取らないと葬儀費用が逆に増えてしまう結果となってしまいます。

費用についてお悩みならまずは事前相談

家族葬は費用が抑えられると考えていらっしゃる方は多いでしょう。しかし、執り行い方を間違えると、一般葬とそう変わらない、あるいはオーバーしてしまうこともあり得ます。費用だけでなく、宗教や祭壇、しきたりで悩む方も多いでしょう。そんなときはやはり葬儀の専門家である葬儀社に事前相談をするのがおすすめです。

日比谷花壇では、葬儀についての無料相談を行っています。どのような送り方をしたいかのご意向を伺うのはもちろん、お寺やお墓のこと、斎場のご案内などあらゆるご相談に対応。日比谷花壇がおすすめする花祭壇など、最適なプランも提案してくれます。もちろん詳細な見積もりを作成してくれるので、費用も事前に知ることができて安心です。

家族が逝去したときの対応は誰しも気が動転してしまうもの。事前に知識があるのとないのとでは、気の持ちようもまったく違うでしょう。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP