喪主ガイド

家族葬にかかる費用の相場はいくら?メリットや注意点も解説!

「葬儀費用は高いイメージがあるけれど、相場はいくらいなの?」

葬儀の費用は様々で、混乱される方も多いです。

最近では、経済的な面だけでなく肉体的・精神的にも負担が少ない、「家族葬」の形式を選ぶ方も多くなりました。

家族葬とは、家族など近親者のみで執り行う葬儀です。

家族葬の費用の相場とは一体どれくらいなのでしょうか?

この記事では、家族葬の費用の相場やメリット・注意点についてお話ししていきます。

家族葬の費用相場は50万円

家族葬の費用相場と数珠
家族葬の費用の相場は、全国平均金額で50万円程度です。

しかし、地域やプランによって違うため一概には言うことができません。安いものでは10万円台のものもありますし、100万円を超えることもあります。金額に開きがあるのは、家族葬に使う祭壇の規模や棺の違いなどによるものです。

この金額は葬儀社に支払う金額で、葬儀社のサイトなどで「○○プラン一式」などとあるものがこの金額です。

安いと思ってよく見ると、プランとは別に追加料金として支払わなくてはならないものが出てくることは少なくありません。「不必要に盛大な葬儀を葬儀社より提案され、トラブルになった」というような声も多く聞きます。

一方で、一見葬儀費用が高いように見えても、セットプラン内容に必要なものがかなり含まれている場合もあります。

これから葬儀に必要となる費用について解説しますので、適正な価格で葬儀を行うためにも、一般的な葬儀費用の内訳を把握しましょう。

葬式に必要となる費用

ここでは、葬儀費用の内訳について詳しく説明していきます。
主に葬儀費用のの内訳は、以下の4項目に分けられます。

・式場使用料
・火葬料
・返礼品・飲食接待費
・お布施・心づけ

一つずつ詳しく説明していきます。

式場使用料
葬儀会場の使用料金です。民間の会場よりも公営の会場のほうが安くなります。民間の会場は10万円から30万円、公営の会場は数万円から借りることができます。
現在、特に都心部では火葬場が大変混雑していることが多く、2、3日待ち、1週間待ちも珍しくありません。そのような場合は、ご遺体の保管1日につき1万円から3万円の安置室代がかかります。
自宅でご遺体を安置する場合は、ドライアイス代が1日当たり4,000円から1万円程度かかります。
火葬料
民間の火葬場は5万円以上かかります。公営の火葬場ではその地域に住んでいる人であれば無料~数万円です。
飲食接待費・返礼品
飲食接待費とは、通夜振る舞いや、告別式後の精進落としなどの食事にかかる費用のことです。
料理は葬儀社を通じてお願いするのが一般的です。また、一般葬では参列する人数が確定しないので、余裕をもたせた数の返礼品を準備します。
家族葬では人数もだいたい決まっていますので、一般の葬儀よりも無駄がありません。1人前3,000円から6,000円が費用の目安です。
宗教者にお渡しするお布施、心づけ
宗教者、特にお坊さんに対するお布施は、読経料や戒名料に加え、御膳料、御車代込みで15〜16万円、戒名は宗派やランクによって異なりますが、信士信女クラスでおよそ20~30万円かかります。
日本の葬儀は9割が仏式ですが、檀那寺がない方も多くなるなか、心づけ不要の無宗教での葬儀を行うケースも増えています。

家族葬の2つのメリットと2つの注意点

家族葬の費用相場の葬式の思い出の写真

家族葬のメリット

家族葬の主なメリットは以下の2点です。

①近親者のみでゆっくり故人とのお別れができること
②飲食接待費を抑えられること

まず、家族葬のメリットとして最も大きいのは、参列者へのおもてなしに追われることなく、近親者のみでゆっくり故人とお別れをすることができるということです。

加えて、お通夜・告別式・火葬といった一般的な葬儀形式にもかかわらず、参列者の数が少ないため、飲食接待費をを抑えることができます。

家族葬の注意点

一方、家族葬のデメリットとして注意しなければならないことは、以下の二つが挙げられます。

①葬儀後の弔問客が多くなること
②香典による収入が見込めないこと

家族葬では、参列者への対応がなく、ゆっくりと故人とお別れができる反面、参列できなかった方が葬儀後に焼香をあげに来るため、弔問客が多くなる可能性が考えられます。そのため、弔問客への対応も考えておきましょう。

また、家族葬では参列者が少ないので、香典による収入が見込めません。

そのため、葬儀費用と香典金額をプラスマイナスすると「一般葬と大して変わらなかった」または「逆に出費が増えてしまった」ということもよく聞かれます。

家族葬では、参列者以外からの香典、供花、供物は辞退するのが一般的です。

参列者の人数が多い家族葬であれば、香典を受け取らないと葬儀費用が逆に増えてしまうこともありますので、費用の面から家族葬を考えている方はこのような可能性もあることを頭に入れておきましょう。

家族葬以外に費用を抑えながら葬儀をしっかり執り行う方法として、一日葬という葬儀形式をとる方もいます。一日葬とは、お通夜を行わず一日で葬儀を終えるお葬式です。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

また、家族葬のメリット・デメリットについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

家族葬の費用についてお悩みならまずは事前相談

家族葬の費用相場について相談している風景
これまで家族葬の費用の相場や葬儀費用の内訳、家族葬のメリット・注意点についてお話してきました。ここでおさらいをしましょう。

✔ 家族葬の費用の相場は、全国平均金額で50万円程度である。

✔ 想定外の費用の発生をさけるため、葬儀に必要な費用の内訳をきちんと把握しておく。

✔ 家族葬ならではの注意点もあるので、メリットだけでなく注意点もきちんと理解する。

家族葬は費用が抑えられると考えていらっしゃる方は多いでしょう。

しかし、執り行い方を間違えると、一般葬とそう変わらない、あるいはオーバーしてしまうこともあり得ます。

費用だけでなく、宗教や祭壇、しきたりで悩む方も多いでしょう。そんなときはやはり葬儀の専門家である葬儀社に事前相談をするのがおすすめです。

おすすめの葬儀社である日比谷花壇では、葬儀についての無料相談を24時間対応で行っています。どのような送り方をしたいかのご意向を伺うのはもちろん、お寺やお墓のこと、斎場のご案内などあらゆるご相談に対応します。
家族葬の費用相場の祭壇の画像②
また、人気のお花屋さんでもある日比谷花壇では、お花を沢山飾って、故人を華やかに送ることができます。

写真のような花祭壇なども提案してくれるので参考にしてみてはいかがでしょうか。もちろん詳細な見積りを作成してくれるので、費用も事前に知ることができて安心です。

気軽にまずは一度、日比谷花壇の無料相談・見積もりサービスの活用や資料請求を行ってみるのが良いでしょう。

日比谷花壇の公式サイト

TOP