喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

  • 家族葬の費用相場は安い?高い?実際に安くできるのか検証してみた

家族葬の費用相場は安い?高い?実際に安くできるのか検証してみた

「家族葬の費用相場はどのくらいなの?」
「経済的に費用は抑えたいけど、ちゃんとした葬儀をあげたい」

家族葬とは「参列者が親族や近親者のみの葬儀」です。

近年では、通夜・告別式を行わない「直葬」「家族葬」が主流の葬儀となっています。その中でも「費用」に対して不安を抱えている方は少なくないのではないでしょうか。

この記事では、家族葬の費用や相場、安くする方法について紹介します。

また葬儀の見積もりをすぐに知りたい方は「1分」で入力が完了する「簡単見積もり」を利用してみてはいかがでしょうか。

簡単見積りの3つのメリット
1分で項目入力が完了する
・見積もり費用の内訳がわかる
・見積もり内容を変更して、予算に合わせたプランを作れる

【実際いくらかかる?】家族葬の費用相場は100万円前後

家族葬の費用相場と数珠
今回は「首都圏」を例に家族葬費用の相場を紹介します。

首都圏の家族葬相場は「100万円前後」

首都圏の家族葬費用の相場は、100万円前後となっています。

地域やプランによって違うため一概には言うことができません。

安いものでは10万円台のものもありますし、200万円を超えるケースもあります。金額に差があるのは、家族葬に使う祭壇の規模や棺の違いなどによるものです。

この金額は葬儀社に支払う金額で、葬儀社のサイトなどで「○○プラン一式」などとあるものがこの金額です。

不必要に盛大な葬儀を葬儀社より提案され、トラブルになった

というような声も多く聞くので、家族葬に関わらず葬儀を決める際は葬儀会社に事前相談することをおすすめします。

家族葬にかかる費用の内訳

ここでは、葬儀費用の内訳について詳しく説明していきます。
主に葬儀費用の内訳は、以下の4項目に分けられます。

・式場使用料:10万円から30万円
・火葬料:5万円以上
・返礼品・飲食接待費:1人前3,000円から6,000円
・お布施・心づけ:15万円から30万円

一つずつ詳しく説明していきます。

式場使用料
葬儀会場の使用料金です。民間の会場よりも公営の会場のほうが安くなります。民間の会場は10万円から30万円、公営の会場は数万円から借りることができます。
現在、特に都心部では火葬場が大変混雑していることが多く、2、3日待ち、1週間待ちも珍しくありません。そのような場合は、ご遺体の保管1日につき1万円から3万円の安置室代がかかります。
自宅でご遺体を安置する場合は、ドライアイス代が1日当たり4,000円から1万円程度かかります。
火葬料
民間の火葬場は5万円以上かかります。公営の火葬場ではその地域に住んでいる人であれば無料~数万円です。
飲食接待費・返礼品
飲食接待費とは、通夜振る舞いや、告別式後の精進落としなどの食事にかかる費用のことです。
料理は葬儀社を通じてお願いするのが一般的です。また、一般葬では参列する人数が確定しないので、余裕をもたせた数の返礼品を準備します。
家族葬では人数もだいたい決まっていますので、一般の葬儀よりも無駄がありません。1人前3,000円から6,000円が費用の目安です。
宗教者にお渡しするお布施、心づけ
宗教者、特にお坊さんに対するお布施は、読経料や戒名料に加え、御膳料、御車代込みで15〜16万円、戒名は宗派やランクによって異なりますが、信士信女クラスでおよそ20~30万円かかります。
日本の葬儀は9割が仏式ですが、檀那寺(だんなでら)がない方も多くなるなか、心づけ不要の無宗教での葬儀を行うケースも増えています。
檀那寺(だんなでら)とは
先祖より代々家の者が、葬儀や追善供養を頼むお寺の事。自家の檀那寺がわからない場合は親族に聞くか、直接寺院に聞く方法がある。

家族葬の費用に不安なら「簡単見積もり」を利用してみよう

葬儀の見積もりをすぐに知りたい方は「1分」で入力が完了する日比谷花壇の「簡単見積もり」を利用してみてはいかがでしょうか。
9つの条件を入力するだけで、実際の見積もり金額がわかります。

その見積もり結果を元に事前相談することも可能なので、家族葬の費用に不安を感じている方はぜひ活用してみてください

無料で簡単な見積りがおすすめ
1分で項目入力が完了するので手間はほとんどかからない
・式全体の見積もりがとれるので、費用の内訳がわかる
・見積もり内容を変更して、予算に合わせたプランを作れる
・見積もりは即確認できる
試しに見積もりしてみる

家族葬と一般葬の費用を比較

「家族葬」と「一般葬」では、費用にどの程度の差があるのでしょうか。

費用を比較する前に、まずは家族葬と一般葬の違いを見てみましょう。

家族葬と一般葬の一番の違いは「規模の大きさ」

参列者が親族や近親者のみの家族葬と違って

一般葬は参列者が”身内だけでなく会社の同僚や上司等、様々な立場の人”も含まれます。

相場としては家族葬より一般葬の費用の方が高い

一般葬の全国平均は、日本消費者協会が行った調査「葬儀についてのアンケート」報告書(2017年)の結果、「195.7万円」でした。

これは、葬儀そのものの費用・寺院に対する費用・飲食接待費を含む金額となります。

ではさきほど、紹介した「家族葬」の費用相場(首都圏)と比べてみましょう。

【比較】家族葬と一般葬の費用相場
家族葬 一般葬
100万円 195.7万円

家族葬は、一般葬の費用相場よりも「約100万円」ほど違いがあります。

家族葬の方が安い理由は?

家族葬と一般葬で支払う金額のうち、一般葬よりも低く抑えられるものは以下の項目です。

  • 返礼品代(香典を辞退することも)
  • 葬祭場使用料(一般葬よりも小規模な部屋になることが多い)
  • 飲食接待費

上記の項目にあるとおり、やはり人数の規模によって費用が大きく左右されます。
参列者の人数が少ない「家族葬」の方が費用が安いのは一目瞭然ですね。

葬儀費用を安くする4つの方法

葬儀の形式によって費用が違うことはわかったけど、やはり極力葬儀費用は抑えたい

ここでは葬儀費用の負担を少しでも軽くするためにできることを4つご紹介します。

1.国民健康保険の補助申請が可能

国民健康保険に加入していた場合、「葬祭費給付金制度」の利用が可能です。故人が国保に入っていた場合、喪主に費用が給付されます。

申請期限は2年間。市区町村区役所の保健年金課に問い合わせましょう

また金額は自治体により異なります。

2.社会保険でも補助に申請が可能

社会保険でも、国保同様の制度が設けられています。埋葬費として5万円が一律で支給されるほか、加入している健康保険組合によっては独自の補助金制度を設けているところもあるため、確認してみましょう。

こちらも期限は2年間。申請場所は勤務先や加入している保険の社会保険事務所です

3.参列者の数を少なくする

人数によって出費が減る項目(返礼品代、飲食接待費など)があるため、参列者の人数をしぼることでも葬儀費用を抑えることが可能です。

ただし親族や関係者との人間関係を重視するのであれば、無理に参列者の数を少なくする必要はありません
参列者に関しては、身内や葬儀会社の人とよく相談して上で決めましょう。

4.家族葬以外の葬儀プランを選ぶ

直葬」や「自宅葬」といった葬儀プランを選ぶのも一つの選択肢です。

これらのプランが家族葬の費用より安いのは通夜や告別式を行わない形式だからです。

直葬や自宅葬に関する情報は他の記事で紹介しているので、是非参考にしてみてください。

家族葬の費用をシミュレーションでいくらになるのか検証

さきほど紹介した日比谷花壇の「簡単見積もり」を使って実際に家族葬の費用がいくらになるのかシミュレーションしてみましょう。

実際に安くできるのでしょうか。

条件(実際の簡単見積もりの項目)
  • 都道府県:東京都
  • 市区町村:新宿区
  • 葬儀のスタイル:式場を利用した葬儀
  • 想定される通夜人数:10人(親族数8人)
  • 想定される告別式人数:10人(親族数8人)
  • 宗教:キリスト教式
  • お料理:見積もりに含める
  • 返礼品・会議礼状:見積もりに含めない

今回は「家族葬」を前提にしているため、人数は10人に設定しました。

実際に項目を入力すると、いくつか式場の候補が出るので選択すると...

見積もり結果は「¥844,754」でした

今回の見積もり結果の内訳は以下の通りです。

項目 数量 費用
基本セット(運営スタッフ、寝台車、宗教用具など) 1 ¥259,000
花祭壇 1 ¥216,000
1 ¥54,000
遺影写真 1 ¥21,600
料理関係(通夜) 9 ¥34,830
料理関係(告別式) 9 ¥31,968
式場利用料金 1 ¥108,000
火葬場利用料金 1 ¥59,000
骨壺料金 1 ¥13,716
合計 ¥844,754

見積もり結果の条件は何回も変更することができるので、予算に合わせた葬儀プランを事前に組み立てることができます。
本当に必要なモノだけを見積もりのタイミングで精査できるので、安くすること自体は可能です

何に費用がかかるのかイメージできない方は一度簡単見積もりを利用してから事前相談することをおすすめします
シミュレーションしてみる

「家族だけの空間を過ごしたい」日比谷花壇の「家族葬プラン」

  • 大切な家族だけのプライベートな空間を過ごしたい方向けのプラン

    ・式場全体を花で装飾できたり、スナップ写真を並べられる

    【葬儀費用が1分でわかる】簡単見積もりサービスあり

料金の詳細を見てみる

家族葬の費用についてお悩みならまずは事前相談

家族葬の費用相場について相談している風景

家族葬の費用相場、安くする方法などおわかりいただけたでしょうか?

比較的、一般層より費用が安い家族葬ですが、執り行い方を間違えると一般葬とそう変わらない、あるいは予算オーバーする可能性もあります。

葬儀会社に依頼する前は、必ず費用について専門家の意見を取り入れましょう。

一社だけを見るのではなく、複数の葬儀会社から見積もりをもらったうえで比較検討することをおすすめします

葬儀会社なら「日比谷花壇」

おすすめの葬儀会社の1つである日比谷花壇では、葬儀についての無料相談を24時間対応で行っています。どのような送り方をしたいかのご意向を伺うのはもちろん、お寺やお墓のこと、斎場のご案内などあらゆるご相談に対応します。
家族葬の費用相場の祭壇の画像②
また、人気のお花屋さんでもある日比谷花壇では、お花を沢山飾って、故人を華やかに送ることができます。

写真のような花祭壇なども提案してくれるので参考にしてみてはいかがでしょうか。もちろん詳細な見積りを作成してくれるので、費用も事前に知ることができて安心です。

その他、日比谷花壇の公式サイトには

  • 利用者の方の声
  • 具体的なプラン内容と費用
  • 簡単見積りサービス【無料】
  • 資料請求【無料】

などお客様にとって有益な情報がたくさんあります。もっと詳しい情報を知りたい方は日比谷花壇の公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

【無料】日比谷花壇の資料請求をしたい方はこちら

  • 家族葬について詳しく記載されたパンフレットがもらえる
  • 相談、要望があればフォームに記載できる

パンフレットを申し込む

【関連記事】
家族葬の通夜は参列すべき?通夜に行かない理由とマナーについて解説
家族葬のメリットやデメリットについて知りたい

TOP