喪主ガイド

葬儀は装飾で華やかにしたい人が知っておくべき祭壇の飾り方

終活という言葉が市民権を得た今、葬儀は自分らしいものにしたいと考える方が数多くいらっしゃいます。

故人からの最後のプレゼントとして、会葬者にとっても悲しみよりも優しいいたわりを感じるような葬儀にしたい…そういった意見もあるようです。

葬儀にはどのような装飾ができるのか、個性ある葬儀、それぞれにあった装飾とはどのようなものでしょうか。

葬儀を華々しく装飾したい!

祭壇装飾をご存知でしょうか?ひとことでいうと、花を使って葬儀の空間を演出することです。祭壇装飾は祭壇を飾るだけでなく、葬儀会場の至る所を演出します。

故人の好きな花を使ったり、好きな色の花を使ったりするだけでなく、例えばゴルフが好きだった方ならゴルフ場に見立てた装飾をすることなども可能。世界に一つだけの故人らしい葬儀ができます。

使いまわしがよく問題になる葬儀ですが、祭壇装飾に使う生花は使いまわしができません。その分費用が掛かるのではないかという心配もあるでしょう。

予算オーバーにならないようにするためには、葬儀プランが○○一式というセット内容であったとしても、内容を変更できる葬儀社を選びましょう。

今ではほとんどの葬儀社で、花祭壇を扱っていますが、葬儀社によっては値段の割にお花が控えめであったり、好みのお花ではなかったりということもあるようです。

インターネットでいくつかの葬儀社をピックアップして資料を請求し、葬儀プランを確認すると共に、花祭壇の見本を見せてもらったり、オーダーメイドはできるのかなどを問い合わせたりするとよいでしょう。

葬儀での祭壇装飾はどうすればよいの?

好きな花はあるけれどどんなアレンジにしてよいかわからない方もいれば、はっきりとした希望をお持ちの方もいることでしょう。いったいどのような祭壇装飾があるのでしょうか。また、どのような祭壇装飾が可能なのでしょうか。

祭壇装飾には大きく分けて2つあります。1つはもとから用意されている基本の祭壇から選ぶもの、もう1つは葬儀社と相談して決めるオーダーメイドのものです。

もとから用意されている祭壇から選ぶ

葬儀社では通常、家族葬にふさわしいこぢんまりした花祭壇から一般葬向けの花祭壇まで、基本の祭壇を用意しています。

基本の祭壇はカタログなどで見本が確認でき、その中から選びます。お花は季節のものなので、カタログと違うこともあります。

葬儀社と相談して決める

故人の好みや個性が感じられる祭壇にしたい場合には、祭壇のオーダーメイドも可能です。

葬儀社任せにせず、故人がどのような人柄であったか、趣味は何か、そして好きな花や色はどういったものなのか、予算と共に担当者に希望をはっきりと伝えます。見積もりも忘れずに取るようにしましょう。

葬儀の装飾を祭壇以外もしたい!

祭壇装飾は祭壇だけを飾るものではありません。葬儀会場全体を美しく飾ります。祭壇装飾された会場での葬儀は、例えば以下のような感じでしょうか…。

女性はいくつになっても美しくありたいもの。故人が女性なら、納棺では生花のティアラをつけて差し上げて、ブーケを胸元に飾りましょう。まるでおとぎの国の王女様が眠っているようではありませんか。男性であれば、胸元にコサージュをつけてはいかがでしょう。お顔が明るくなります。

会葬者が葬儀会場に入るときのエントランスでは、花で囲んだ看板と、記帳台のかわいいお花が会葬者を出迎えます。会場内の数ある葬儀の中でも、思わず人目を引く素晴らしい演出となるでしょう。

会場の片隅にある思い出コーナーでは、故人の懐かしい写真や、思い出の品々が待っています。そこにもお花のアイテムで飾りつけをしましょう。

トルソーに着せた故人の好きだった洋服、花をあしらった写真フレーム。こんなこともあったな。会葬者同士、故人との思い出に心を馳せ、思い出を語り合うことでしょう。

遺影は生花で飾られたフレームの中です。遺影の中の故人は穏やかな微笑みを浮かべます。棺の上には祭壇に合わせてコーディネートされたフラワーアレンジメントが飾られています。

故人ゆかりの花々に彩られた葬儀会場で、葬儀は粛々と進行します。

そして出棺です。最後のこのときに、故人に手向けるお別れの花束にも、故人の好きなお花を選びました。今までありがとう。安らかにお眠りください。

最後の言葉をかけた後、棺の蓋が閉められ、お別れのときがきます。あの方らしい葬儀だった…会葬者は悼む心とともに、ほのぼのとした気持ちをおぼえることでしょう。

まとめ

今日では、葬儀にも個性を求める方が多くなってきました。祭壇装飾はそのような方の要望に応えるものです。祭壇装飾は祭壇だけを飾るものではありません。葬儀場の空間を華やかに演出します。

生花を使う祭壇装飾は高価だと思われがちですが、葬儀社を選べば、リーズナブルで豪華な葬儀も可能です。それには生花をよく知っている、良心的な葬儀社を選ぶことが大事です。

日比谷花壇はお花の専門店です。上質な生花を手ごろな価格で提供できるのはもちろん、それを扱うスタッフの技術の向上にも力を入れています。

この葬儀にはどのようなお花がふさわしいか、故人の好みをベースに、お花の特性を生かした装飾を提案してくれます。基本の花祭壇だけでなく、オーダーメイドの花祭壇、祭壇装飾にも対応可能です。

日比谷花壇の公式サイト

TOP