喪主ガイド

  • 無宗教の葬儀はどうやってする?葬儀の流れや費用を解説!

無宗教の葬儀はどうやってする?葬儀の流れや費用を解説!

日本人は、特定の宗教を信仰していない人が多い民族です。特に深く考えることなく、結婚式を教会で挙げ、神社に初詣に行き、葬儀をお寺に依頼する人が多いですよね。

しかし、近年では、「終活」と称して、自らの死後のことを考えておきたいと考える人が増えています。その中で、葬儀に関しても「自分らしい最期がいい」と希望し、宗教色のない葬儀を行いたいと考える人が出てきました。

無宗教葬儀とは、いったいどのような葬儀なのでしょうか。今回は、まだあまりなじみがない無宗教葬儀について、内容や流れをご紹介します。

無宗教葬儀は自由葬。いろいろなスタイルがある

無宗教葬儀は、宗教の儀式の枠組みに捉われないため、「自由葬」とも呼ばれます。そのため、その内容やスタイルもさまざまです。

無宗教葬儀の意味と仏教の葬式との違い

無宗教葬儀という名を聞くと、宗教そのものを否定しているように捉えてしまう人もいるかもしれません。しかし、無宗教葬儀は宗教そのものを否定しているわけではありません。

実際に、葬儀を無宗教で行ったからといって、故人がこれまで寺院仏閣や教会に出向かなかったわけではありませんよね。そのため、正確には「無信仰」と表現したほうがしっくりくるのではないでしょうか。

無宗教葬儀では、宗教儀式を行わないため、読経や焼香などが行われないことが、仏教の葬式とのもっとも大きな違いとなります。

無宗教葬儀を行う前に知っておくべき注意点

無宗教葬儀を行いたいと考える際、以下の点を確認しておくことが必要です。

・菩提寺にすでに墓がある人は避ける
・遺族親族などの理解が必要

無宗教葬儀を行った場合、遺骨は宗教宗派を問わない公営墓地や民営墓地に納めることになります。

そうしたところにお墓がある、もしくはこれからお墓の用意をする場合であれば問題はありませんが、すでに先祖代々の墓が菩提寺にある場合は、無宗教葬儀は避けておいたほうが無難でしょう。

菩提寺のお墓はその宗教宗派の檀家のものであるため、納骨を断られてしまう可能性があるからです。そのお墓に納骨しようとすれば、お寺の宗派による葬儀を再度しなくてはならなくなることもあるのです。

たとえ故人の遺志であったとしても、お寺の確認を最優先しておくほうが安心です。

また、宗教儀式を行わない葬儀に対して、理解のない親族も中にはいるものです。僧侶にお経をあげてもらうから成仏できると考えている人も多いため、そうした儀式を行わない無宗教葬儀を理解なしに選択してしまうと、トラブルの元になってしまう可能性もあります。

事前にきちんと説明をし、理解を得ておくことが必要です。

無宗教葬儀の流れ

無宗教葬儀の流れを確認してみましょう。なお、自由葬とも呼ばれるとおり、無宗教葬儀には決まったルールがあるわけではないため、これはあくまでも一例となります。

葬式の流れ

開式の言葉

黙とう
無宗教葬儀では読経がないため、代わりに黙とうを行います。

献奏
故人の好きだった曲をかける、バンドや楽団の生演奏をするなど、こちらも自由に決められます。

故人の経歴の紹介

スライド・ビデオの上映

別れの言葉(弔辞)

献花
焼香がないため、代わりに献花を行います。

閉式の言葉

出棺

火葬

会食

その他、樹木葬や海洋葬といった自然散骨、音楽葬といった故人の趣味趣向に合わせた葬儀も人気を集めています。

無宗教葬儀の供養

仏式の場合、葬儀告別式後の供養としては、四十九日法要や初盆、命日など、定められた日に僧侶を自宅に招き法要を営むことが供養とされています。

一方、無宗教葬儀の場合、そうした決まりがないため、いつ供養を行ってもよいということに。一般的には命日に執り行うことが多いようです。

供養の内容にも決まりはないため、家族みんなで集まって故人の好きな音楽をかける、会食の場を設けて故人の思い出話に花を咲かせるなど、思い思いに過ごすことになります。

きちんと場を設けたいという場合は、開閉式の言葉を述べる、黙とうをするといったことを取り入れましょう。

位牌や仏壇も必要がないため、遺影写真や愛用品、お墓に手を合わせることになります。また、現代的な宗教色のない仏壇を購入するという方法もありますよ。

無宗教葬儀の費用

無宗教葬儀とひとことでいっても、その形はさまざまです。家族葬のような少人数で執り行うスタイルのものもあれば、一般参列者も含む大人数で行う一般葬スタイルのものもあるのです。

そのため、費用も葬儀の規模によって変わってきます。少人数で大がかりな内容を含まない場合20~30万円程度から執り行えますが、演出にこだわったり規模が大きくなったりすると、100万円を超えることも。

儀式性がない分自由なので、予算をあらかじめ決めて規模や演出を選んでもよいでしょう。

無宗教葬儀なら自由に葬儀を行うことが可能

無宗教葬儀は、宗教儀式が含まれないため、演出の内容や方法に決まったルールがあるわけではありません。自由葬とも呼ばれるとおり、故人の人柄や趣味趣向を尊重したお別れの場を作ることができます。

一方で、一般的な宗教的な葬儀に慣れ親しんでいる人たちにとっては馴染みがないものであるため、反発が起こる可能性もあります。事前に無宗教葬儀がどういったものであるのかをしっかり伝えておく必要がありますね。

演出にこだわったり参列者数を増やしたりすると、無宗教葬儀とはいえ費用が高額になることもあります。日比谷花壇が行う葬儀では満足のいく内容で価格を低く抑えたプランを選ぶことが可能。

その中でも、通夜をせずに葬儀告別式だけを行う一日葬プランは、家族葬プランよりもさらに費用を抑えられるため、無宗教葬儀を行う方からも人気です。相談は無料で行っているため、まずは一度お話を聞いてみてくださいね。

日比谷花壇の公式サイト

TOP