喪主ガイド~はじめての葬儀を理想の形に~

シンプルな葬式にしたい・・直葬の流れと費用相場を解説!

「葬儀は質素なものがいい・・・」
「葬儀にあまり費用をかけられない・・・」

故人が質素な葬儀を望んでいたり、一般葬などのようにあまり葬儀に費用をかけられないとシンプルな葬式を選択する方は多くいます。

この記事では、シンプルな葬儀のひとつである「直葬」についてご紹介します。

シンプルな葬式に必要なこと

従来の葬儀は、死後、葬儀場や寺・自宅に搬送し、通夜式と告別式を行うのが一般的な流れでした。

しかし、現代では家族のみで故人を見送る「家族葬」や、通夜式を除き葬儀だけを行う「一日葬」など、さまざまな葬儀の形があります。直葬もそのうちのひとつです。

直葬とは、臨終後24時間が経過したのち、そのまま火葬炉に向かい、火葬のみをとり行うシンプルなもの。火葬式・荼毘葬(だびそう)と呼ばれることもあります。

通夜式・告別式を営まず、火葬炉の前で僧侶にお経をあげてもらい、そのまま火葬・お骨上げへと続きます。

通夜式や告別式を行わないため、斎場の利用料や供花代・供物代のほか、会食費や香典返し費用もほとんどかかりません。葬儀の中でも最もシンプルかつ低予算なものでしょう。

では、直葬の詳しい流れを見ていきましょう。

臨終から直葬までの流れ


直葬の流れは、一般的に以下の通りです。

(1)臨終

病院で亡くなった場合は医師から死亡診断書を受け取ります。

(2)葬儀社へ連絡

臨終後、ご遺体は長時間病院に安置しておくことができません。速やかに葬儀社へ連絡をし、迎えに来てもらう手配をしましょう。

(3)ご遺体を安置場所へ搬送

法律によって死後24時間が経過するまでは火葬ができません。一旦、自宅や安置施設・火葬場の安置所にご遺体を搬送、安置します。宗派に応じて枕飾りを施しましょう。

葬儀社の直葬プランには搬送、安置費用は含まれていることが多いです。

(4)死亡届の提出・火葬の打ち合わせ

死亡届と共に、死体火葬許可申請書を自治体へ提出します。提出先は、亡くなった方の住所地ではなく、死亡地か本籍地、または届出人(遺族など)の住所地のいずれかなので、注意が必要です。

その後、葬儀社と火葬の日程や僧侶の手配といった打ち合わせ・手続きを行います。

日時が定まったら、火葬場の空き状況を確認し、予約を入れておきます。近年では、時期によって火葬場が混み合い、予約が困難な場合もあるため、日が開いてしまうこともあります。

(5)納棺

ご遺体を棺に納めます。

(6)出棺、火葬場へ

霊柩車で火葬場へと向かいます。

(7)読経

火葬前の最後のお別れの時間です。僧侶を手配し、炉前読経を行ってもらうこともあります。このような宗教者の手配をするときは、別途布施代(またはご神饌料、献金など、宗教により呼び方が異なる)が必要です。

8.お骨上げ

拾骨ともいいます。骨壺に、足部分から順に納めていきます。

以上が直葬の流れです。

一方、従来通りの通夜式・告別式タイプの葬儀(仏式)では、一度自宅などにご遺体を安置し、通夜式・葬儀の打ち合わせを行います。

葬儀と火葬の順は、地域によって異なります。また、通夜式・葬儀(火葬)のあとには会食を振る舞う(通夜振る舞い、精進落としなど)地域も多くあります。

現在、多くの地域では、遺族・親族が遠方に住んでいるなどの理由から、葬儀・火葬のあと、初七日法要までを行うケースが多いようです。

こうした流れは家族葬プランを選んでも大差はありません。通夜式を行わない一日葬を選んだ場合は、通夜式に関する内容だけが除かれます。

祭壇や供花、参列者への香典返しや会食費など、直葬と比べて出費する額は大きく異なります。

次に気になる直葬の費用相場についてお話します。

直葬にかかる費用


従来型の葬儀の費用相場は、地域・参列者数によって変動しますが、100万円前後かかることが多いです。日本消費者協会が2017年に行った「葬儀についてのアンケート調査」では、全国平均が121万円であったと報告もされています。

一方直葬は、この平均相場額を大きく下回り、平均20~30万円程度で安くとり行えます。

中には「10万円プラン」といった格安プランを宣伝している葬儀社もあります。その中でも人気の高い葬儀プランをここで紹介します。

シンプルなお葬式|シンプルな直葬

このプランは、HNKでも紹介された株式会社みんれびによるサービスの一つです。価格は業界内で最も安く、128000円で直葬が行えます。

小さなお葬式|小さな火葬式

株式会社ユニクエスト・オンラインによる小さな火葬式も、シンプルなお葬式と並び人気の高いサービスです。価格は、シンプルなお葬式よりも少し高い、193,000円となっています。

以上の2つが、人気の格安プランです。費用をなるべく抑えて葬儀をしたい方や、必要最小限の簡素な葬式にしたい方はチェックしてみましょう。

ここでひとつ注意すべきなのは、こうした安すぎるプランに安易に飛びつくことは控えた方が良いということです。

なぜなら葬儀プランの中には、何を含めなければならないという決まりがないため、葬儀会社によってプランに含まれる内容には違いが見られるからです。

格安プランの中には、必要最低限のものしか含まれておらず、結果として追加費用が発生してしまうものも少なくないのです。

ここで直葬に必要な項目を見ていきましょう。

〈直葬に必要な項目(安置施設を使う場合)〉

  • 搬送代2回分(病院→安置施設、安置施設→火葬場)
  • 枕飾り
  • 安置施設使用料(自宅以外の場合。2日分程度)
  • ドライアイス(2日分)
  • 必要な物品一式(棺・骨壺・白木位牌・棺に納めるための花など)
  • 遺影写真
  • 火葬費用
  • 運営スタッフ人件費
  • 手続き代行(火葬・僧侶手配など)

僧侶を招き、火葬前に読経をしてもらう場合、葬儀社に支払う金額とは別にお布施が必要です。

また格安プランの中には、枕飾りやお花などの準備がなく、想像以上に簡素な葬儀になる場合がありますので、事前に確認しましょう。

シンプルな葬式について悩んだら、まずは葬儀社に事前相談


この記事では、シンプルな葬式として直葬についてお話してきました。
内容をおさらいすると、

✓シンプルな葬式として直葬を選ぶ人は多い。
✓直葬では、通夜式と告別式を行わない。
✓追加料金を取られることがあるため、格安葬儀プランは内容を確認する。

各個人・各家庭によって最後のお別れをどういった場にするかの正解は異なります。そのため、どういったプラン・葬儀スタイルを選べばよいのかが決められず、迷ってしまう方も多いでしょう。

こうした葬儀に関して不安や悩みを抱えている人は、まずは葬儀社が行っている事前相談を利用することをおすすめします。現代では自身の葬儀を生前に契約しておく人も多いため、縁起でもないと深刻に捉える必要もありません。

おすすめの葬儀社である日比谷花壇では、葬儀に関して不安や悩みを抱えている人のために無料相談を24時間対応で行っています。

また、あなたの希望に沿ったプラン紹介や、詳細な見積りも作成してくれるので、事前に詳しい情報を知ることができて安心です。

人気のお花屋さんでもある日比谷花壇では、シンプルな直葬のプランであっても、「おくりばな」という棺の中にお花を手向けるお花入れの時間を設けています。シンプルな葬式スタイルながらも、故人を華やかにおくることができます。

気軽にまずは一度、日比谷花壇の無料相談・見積りサービスの活用や無料資料請求を電話で行ってみるのが良いでしょう。

日比谷花壇の公式サイト

TOP