喪主ガイド

  • シンプルな葬式にしたい!葬儀の費用をできるだけ抑える方法

シンプルな葬式にしたい!葬儀の費用をできるだけ抑える方法

現代では、終活という言葉が生まれたように、死への向き合い方やお別れのしかたが以前よりも幅広いものになってきています。

葬儀の形も様変わりし、従来型の豪勢な通夜・告別式ではなく、シンプルなものを選びたいという人も増えているのです。

今回は、シンプルな葬儀のひとつ、「直葬」についてご紹介します。

シンプルなお葬式に必要なこと(最低限必要なこと)

従来の葬儀は、死後、葬儀場や寺・自宅に搬送し、通夜と告別式を行うのが一般的な流れでした。

しかし、現代では家族のみで故人を見送る「家族葬」や、通夜を除き葬儀だけを行う「一日葬」など、さまざまな葬儀の形があります。直葬もそのうちのひとつです。

直葬とは、臨終後24時間が経過したのち、そのまま火葬炉に向かい、火葬のみをとり行うシンプルなもの。火葬式・荼毘葬(だびそう)と呼ばれることもあります。通夜・告別式を営まず、火葬炉の前で僧侶にお経をあげてもらい、そのまま火葬・お骨上げへと続きます。

通夜や告別式を行わないため、斎場の利用料や供花代・供物代のほか、会食費や香典返し費用もほとんどかかりません。葬儀の中でももっともシンプルかつ低予算なものでしょう。

臨終から直葬までの流れ

直葬の流れは、一般的に以下の通りです。

(1)臨終

病院で亡くなった場合は医師から死亡診断書を受け取ります。

(2)葬儀社へ連絡

臨終後、ご遺体は長時間病院に安置しておくことができません。速やかに葬儀社へ連絡をし、迎えに来てもらう手配をしましょう。

(3)ご遺体を安置場所へ搬送

法律によって死後24時間が経過するまでは火葬ができません。一旦、自宅や安置施設・火葬場の安置所にご遺体を搬送、安置します。宗派に応じて枕飾りを施しましょう。
葬儀社の直葬プランには搬送、安置費用は含まれていることが多いです。

(4)死亡届の提出・火葬の打ち合わせ

死亡届と共に、死体火葬許可申請書を自治体へ提出します。提出先は、亡くなった方の住所地ではなく、死亡地か本籍地、または届出人(遺族など)の住所地のいずれかなので、注意が必要です。その後、葬儀社と火葬の日程や僧侶の手配といった打ち合わせ・手続きを行います。

日時が定まったら、火葬場の空き状況を確認し、予約を入れておきます。近年では、時期によって火葬場が混み合い、予約が困難な場合もあるため、日が開いてしまうこともあります。

(5)納棺

ご遺体を棺に納めます。

(6)出棺、火葬場へ

霊柩車で火葬場へと向かいます。

(7)読経

火葬前の最後のお別れの時間です。僧侶を手配し、炉前読経を行ってもらうこともあります。このような宗教者の手配をするときは、別途布施代(またはご神饌料、献金など、宗教により呼び方が異なる)が必要です。

8.お骨上げ

拾骨ともいいます。骨壺に、足部分から順に納めていきます。

以上が直葬の流れです。一方、従来通りの通夜・告別式タイプの葬儀(仏式)では、一度自宅などにご遺体を安置し、通夜・葬儀の打ち合わせを行います。

葬儀と火葬の順は、地域によって異なります。また、通夜・葬儀(火葬)のあとには会食を振る舞う(通夜振る舞い、精進落としなど)地域も多くあります。
現在、多くの地域では、遺族・親族が遠方に住んでいるなどの理由から、葬儀・火葬のあと、初七日法要までを行うケースが多いようです。

こうした流れは家族葬プランを選んでも大差はありません。通夜を行わない一日葬を選んだ場合は、通夜に関する内容だけが除かれます。

祭壇や供花、参列者への香典返しや会食費など、直葬と比べて出費する額は大きく異なります。

直葬の費用相場

従来型の葬儀の費用相場は、地域・参列者数によって変動しますが、100万円前後かかることが多いもの。日本消費者協会が2017年に行った「葬儀についてのアンケート調査」では、平均が121万円であったと報告もされています。

一方、直葬では、この平均相場額を大きく下回り、平均20~30万円程度でとり行えます。

中には「10万円プラン」といった格安プランを宣伝している葬儀社もありますが、こうした安すぎるプランに安易に飛びつくことは控えましょう。

葬儀プランの中には、何を含めなければならないという決まりはありません。そのため、葬儀会社によってプランに含まれる内容には違いが見られます。格安プランの中には、必要な内容がすべて含まれておらず、結果として追加費用が発生してしまうものも少なくないのです。

〈直葬に必要な項目(安置施設を使う場合)〉

  • 搬送代2回分(病院→安置施設、安置施設→火葬場)
  • 枕飾り
  • 安置施設使用料(自宅以外の場合。2日分程度)
  • ドライアイス(2日分)
  • 必要な物品一式(棺・骨壺・白木位牌・棺に納めるための花など)
  • 遺影写真
  • 火葬場利用料金
  • 運営スタッフ人件費
  • 手続き代行(火葬・僧侶手配など)

僧侶を招き、火葬前に読経をしてもらう場合、葬儀社に支払う金額とは別にお布施が必要です。

どうすればよいかわからないことは葬儀社に事前相談

現代は、昔のように盛大な通夜・告別式を執り行うことだけが故人を送り出す気持ちの表れであるという時代ではありません。中には、「直葬」という形で葬儀費用を抑え、その分故人の生前にお金を使うことを選ぶ人もいます。

各個人・各家庭によって最後のお別れをどういった場にするかの正解は異なります。そのため、どういったプラン・葬儀スタイルを選べばよいのかが決められず、迷ってしまう方も多いでしょう。

こうした葬儀に関して不安や悩みを抱えている人は、まずは葬儀社が行っている事前相談を利用することをおすすめします。現代では自身の葬儀を生前に契約しておく人も多いため、縁起でもないと深刻に捉える必要もありません。

日比谷花壇では、葬儀に関して不安や悩みを抱えている人のために、無料で事前相談ができます。疑問や不安を解決するためにも、ぜひ一度相談してみることをおすすめします。

日比谷花壇の公式サイトを見てみる

TOP